000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

不良中年をめざして!

PR

Profile


不良中年オーパ

Favorite Blog

そうじゃないかもね nekoko0207さん
小島トモオス 小島トモオスさん
肉まんじゅう 肉まんじゅうさん
私の音楽的生活 sweetrendez-vousさん
この地球の、同じ時… ルーチェ1000さん

Freepage List

2007.10.02
XML
カテゴリ:マスコミ
昨日の主要3紙の社長の記者会見
オイラが理解できたのは、
山間地など新聞配達網の維持が難しい地域で、
販売・配達を3社で協力するという
「宅配協力体制」に関してだけ。

ネット版に関しては、
3社で組合を作り、
「共同ニュースサイト」を立ち上げ、
ここから、各社の「既存サイト」へ誘導し、
記事の詳細は、従来発行している紙の新聞を見てもらう。
という流れだそうだ。
何を今さらって感じだが、
読売の内山社長にいたっては、
「ネットを活用して紙の新聞を断固維持していくことに尽きる」
とまで断言している。
あくまでも、
紙の新聞が「主」でネットは「従」という考え方である。

他の新聞社の参加も拒まないとしているので、
「報道」のポータルサイトを目指すのかとも思ったが、
そうではないらしい。
何度、記者会見の全文を確認しても、
ネットで3社が何を目指すのか、まったく理解できない。

我々「生活者」にとって、どんなに便利になるのか?
という観点が伝わってこないため(あるいはまったく欠落しているのか)
ピンとこないというのが実感だ。

3社の社長のネットに対する考え方が、
「生活者」と大きくずれていないか
心配になるくらい奇妙な記者会見であった。






Last updated  2007.10.02 17:41:47
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.