2285165 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

宗教裁判と神の存在について


警察官の買春の件については、他人が非難すると(例えば奥密教や法王庁。ロシア正教は法王庁の傘下にあるのか?どうか?は知らない)持ちださなくてはならなくなると云う意味であって警察官を非難しているのではありません。私は、自文の宗教を説いていると公言しているかのだから、余計ないさかいは避けなくてはならないのです。キリスト教がこの世の権力に拘束されていれば宗教裁判で処刑も可能です、拘束されていなければ処刑できません。又、アイデイアに関しては、盗んだものとすれば、この世的には解決可能です。神のさじはとうなるか?行ってみなくては解らないことです。(この世の権力から独立しているか?どうか?)私は、キリスト教徒ではないのでキリスト教に「さじ」の依頼を行わなければ、法王庁の宗教裁判を受ける謂われはありません。但し、原則です。

この世的権力に拘束されていれば、宗教的な原則は意味がありません。したがって、「さじ⇔本当はさじではなく審議」は依頼しませんが、アイデアは先取りで利用していただいても結構です。(キリスト教国でも他の宗教もある)但し、総理大臣が「さじ⇔審議と判決」を依頼すればどうなるか?知りませんが、本当の「さじ」が現象化するとしか答えられません。審議なら私は一般人としなくてはならないでしょう。高橋佳子や大川隆法は審議の対象になるでしょう。(政府が宗教法人として認めている)尚、私は「の存在を信じる」としていますから、天罰を、私の教義に対するの反作用とすることも間違いではなくなります。しかし、 宗教裁判では罰せられるかも知れません。

以下については記す必要のないことですが、無意味な批判をさけるために記すことにしたものです。但し、宗教裁判では問題があるかも知れません。法王と云えども、人間であり、年齢は私より幾分多いでしょうが、人生体験も知能指数も私を大きく上回ることはないのです。客観的な奇跡も体験してはいないと思います。私は主観的な霊的現象も体験しています。宗教裁判と云えども人が人を裁くことに違いありません。想念上の現象ですが、何を根拠に差別して批判するのかと云いたくなります。(実際の批判がなければ関係ありません)先入観での批判は間違いの基になります。お気を付け下さい。上記主張に対して腹が立つ人がいても自己責任であり、私は良心に対して詫びる必要はないことです。神の裁きを尺度としたものであることをお忘れなきよう、お願いします。
 



 【凌辱事件と神の存在について】
加害者、被害者に拘わらず凌辱により霊的に目覚める現象が、霊的立場が有利になるなら、邪な行為による霊能力開発が阻止できなくなります。私の方が霊格が上位でなくてはならないのです。それとも私以外に阻止できる人がいるなら傍観は許されません。私に対抗するのではなく、該当者に救いの手を伸ばさなくてはいけません。対象が加害者の場合は誅伐しなくてはいけない。私は一定の責務は果たしました。凌辱事件は国の責任でありますが、対策は国にお願い致します。私は、この世的事実を無視して、霊的意味(解釈⇔人により違う)の先取りを戒めていますので、先取りは致しません。理由は、すでにインターネット上で公開していますので閲覧下さい。

神の存在を信じるなら、天災も意志があることを証明する、(証明できる)ホローを行わなくてはいけないのです。我田引水行為(神を信じるならそうなる⇔神を信じて行ったから見返りが得られた)と取り違えられて、宗教裁判で処刑されてはたまりません。処刑される前に反作用が起きるものと思います。「シッカリして下さいよ!」同じ現象でも受け止め方が違うのです。どちらに足を置いてでも試すことは否定しませんが、自己責任になります。放射能漏れの対策が無くなったではいけません。受け止め方の違いですから(証拠はないから)競合はしません。思想の転向は必要ありません。神罰と解釈しようが、自然現象と解釈しょうが自由にしていただけば結構です。非難されればトラブルが生じます。




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.