2291535 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

18 pickout.account %

 





b18【神に象徴される霊魂の世界は4次元世界?5次元世界か?】
国民は、閣僚が務まらなくて、幹事長専任タイプの人の政治家を選んではいけません。原則論になりますが、幹事長とはまとめ役と解釈します。政党の場合は自然にまとまる要素が有って政党になるのですから、先に人数を集めて後でまとめると云うことは本末転倒です。他の集団と政治集団を混同していると言えます。当事件に含まれる社会風潮が出来たのは、幹事長が邪悪な方向に流されていたと断言できます。邪な方向に流されれば原則論がでてくるのは理の当然です。私は、今生は駄目ですが、来生以後には、(魂が不滅で人間が転生するなら)権力とはどういうものか?(使い方)を政治家の皆さんに教えて差し上げます。唯、現在の家内と家庭を持つことになっては難しいと(権力に到達出来ない)思います。

何故、今生は駄目になったか?霊的因果を考えれば、高校に入学してクラス分けがすんだら早速先生から室長を任命された時、拒否反応を示したからかも知れません。こう言う因果の展開は自分には当てはめてもよいが他人には当てはめてはいけません。そもそもヤル気を失っていたと云うことです。その遠因は中学時代にゲリラ派でなくてはいけないと感じたことです。だから体制派になれないように病気になったと回想します。以上に類する霊的因果を常時考える癖が付くと廃人になります。理由は神に責任転嫁がなされるからです。何故、神の責任は追及出来ないか?こっそり誰かが言います。「お前は神に象徴される高級心霊を唱えているではないか?欺瞞になるぞ!」カレーは、ヒラメにヒラメはカレーに言うかも知れません。お答えします。人間は法律をはじめ文書で表した規則を持っているから欺瞞になるのです。

客観的に通用させられる証拠が必要にとなるからです。不文律だけなら良いかも知れません。(人間以外の動物と同じになる)人間の不文律は言葉に出せば不文律ではなくなるのです。(道徳様の規則)即ち欺瞞なのです。死後の世界があるとして、その世界はこの世、即ち物質でできた世界と同じ四次元世界在る想念の世界(エネルギーの世界)でなくてはならないと思います。想念の世界では文書や言葉は不要です。但し、象徴としての文書や言葉はあるかも知れません。(霊界紹介書などには象徴の世界としているものもあります)しかし、象徴(幻覚のようなものと考えます)あくまで象徴であって嘘を象徴することはできません。即ち、賞罰を考える場合物質に関連する証拠(盗まれた物が何処にあるか?刀傷かあるか?どうか?など)の有無は無意味になります。

。勿論、幻覚様に象徴として表すことが出来ると想います。象徴(この世的には説明を目的とした証拠)は想念で創りだすことが可能かも知れません。この世では、証拠を基に想像が働きます。即ち、物質世界とは、本末が反対になっていなくてはおかしいのです。(死後の生が有れば重要なことです)ヒラメとカレーは形で判断してはいけません。目の位置が違うことが解らなくてはいけません。尚、上記記事に対して、霊感であの世のありよう(様子)知っていると主張する人も居るかも知れませんが、追及検証すれば大同小異です。即ち知っているのではなく想像できるなのです。その根拠は文書類を含めて内容や細部は全て違うからです。知っているなら細部でも一致しなくてはいけないのです。権威は絶対的なものではなく、創られるものであることを知らなくてはいけません。

尚、私は弁証法を否定していますので、汚い手口など否定出来る要因があれば、約束はご破算にさせていただきます。異性が共に死ぬことを申し出ることはどう云うことか?言葉ではなく意味です。私の方が霊格が上(祖父又は共に死ぬと申し出た女性)ならば、祖父の遺言は破ることもできます。霊格が上でなくても祖父が悪霊に足を採られていたならば、破ることはできます。私は霊感があると言えても賞能力があるとは言えませんのです。全てを予め見通すことはできません。順を追って解るのですから、先に情報を得ている者がワナをしかければ、ワナにハマらないとは云えません。ワナ気がつけばやり直します。(この世的にやり直せる準備は忘れません)2012/09/08⇔【雑記事(4)】再編集

1

 







Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.