2287542 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

30 pickout.account  %




6


b30【自己完結について】
当事件(ノウハウ事件)に関しては、トヨタは二人居り、一人がこの世を去る事態になれば、残された者に侘びて後を託さすことになると想います。二人だけに関することならそれで済みますが、外部に残した者が、放置されままでは済まない場合があります。残されたトヨタの一人は、2足のわらじを履かなくてはならなくなります。仮に上記よう条件が存在すれば、自県は解決する訳はありません。事実か?は別として、先が読める者(もの)は読めるのです。しかし、先の事態が第六感で解っても間違う場合がありおります。勘違いと云うものです。

勘違いでも事実が判明する以前は、本人は解かったと認識しいてるのです。適当な用語がないと云うことだけなのです。適当な用語がなければ、嘘を言ったことになるのか?と云うことになりますがそれは違います。以上は、特定の誰かを対象と記しているものではなく、文章の自己完結として記しているものです。但し、文章は実際の出来事をしるしたものです。自己完結している文章について、内容の当否を吟味(議論)することは無意味です。自己完結するには、道理に則していて異論を差し挟む余地をなくすることです。最初の定義戻ればよいのです。

私の記した宗教理念に関するものは、GLA、幸福の科学を含めて、如何なる個人団体でも利用していただいて結構です。利用していただかなくても関係ありません。ノウハウの内容に関しては、私は最初に川越さんと、平田工場長との話し合いを提言しております。そのことを前提として、実際に展開された事態を「ノウハウ」位置づけたものですが、「ノウハウ」と公式に認められるか?認められないか?は私には関係ありません。利用する人にとって有効か?どうか?の問題です。(最初にどなたが、使用していただいてもよい。報酬はお心さしでよい。なっているから自己完結できた)2011/08/09









Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.