2284312 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

37 pickout.account  %






b37【後追いと霊格の関係について】
後追いと霊格の高低について、AさんがBさんの後追いを行わなくてはならなくなったと云うことはAさんがBさんよりれ格が上と云うことです。何もトーナメントを戦をを行う必要はありません。Bさんが素直に霊格が会であることを認めればよいのです。ないのです。凌辱の事件に関しては志のある人がよいのです。誰ぞれが救う義務があるなどと主張する者は何の資格で言えるのか?自分が救えばよいのです。特定個人を救う義務は個人にはありません。救う義務は全体にあるのです。理由は、加害者に救う義務など設けられないからです。

償いを行うことと、救うことは違います。後追いを禁じる者が、霊格が上になると云う辞退は矛盾が生じますのであり得えません。あれば検証が必要です。但し、後追いが互いに前後する事態はあり得ます。指摘するだけでよいのです。後追いと踏襲は違います。後追いとは、他人の気付いた概念をまねることですが、踏襲とは中身が違います。踏襲とは他人の言行をそのまままねることです。後追いを知るには実際に後追いに陥った人を目の当たりにしなくては解らないかも知れません。

自分が後追いにならないためには、後追いに陥った人を目のあたりにした人に説明してもらうことをお勧めします。私の霊的使命が全うされなければ、ホームページに記す宗教理念は不要にるはずです。必要な間は使命があると受け止めています。中電が電気料金を唯、にしてもらえれば、社員(平社員ですみます⇔平社員で取次ができるのは中電だけです)が如何なる人も要件の取次だけはできます。取り次ぐ必要のある人がいなければ取り次がなくてもよいと思います。お志の取り次ぎは外国は、政府になり、日本国内は個人的なものになります。(2011/09/01)







いい加減に観念すべきことなのです


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.