2297432 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

39 pickout.account  %






 b39【反省は良心の働きを尺度としなくてはいけない】
反省しても行き詰まらないためには、良心の働きを尺度としなくてはいけません。良心の働きは悪魔によって遮断される場合がありますので、言行は道徳でチェクしなくてはいけません。反省を説く者は、何を尺度にして反省するべきか?知らなくてはいけません。以上は法律や道徳を尺度にして反省してはいけないと主張するものではありません。唯、幼稚であることは否定できません。以上に関して、仮に同じことを先に説いている者が居ても、私は後追いにハマることはありません。(理由は説明致しません)しかし、後手を引くことはあり得ます。後手を引いても対抗心を抱かなければ切り合いにはなりません。

但し、軍事でも政治でも後手を引くと負けます。宗教に関することに限るものですのでご承知下さい。インターネットで宗教を説く者は粗雑品の大量生産に類する行為であり、悪魔の業と云う見解もありますが、反省の意味と内容を先に説いておけば、「お呼びが」が来てから行うよりましだと考えられます。上記批判は「お呼び」により、誰でも反省しなくてはならなくことを知らない人の言うことだと思いまい。どの道行わなくてはならないことなら、何故、先に行ってはいけないか?考えれば不当性はありません。

上記は、この世的な良識を基準とした判断ですので、霊的事実を基準とすれば、間違っているかも知れません。各自で検討して下さい。又、言い訳についても、目的や内容、誰に言い訳をしているか?により正当なものか?不当なものか?が問われます。この世の裁判官が判断できなければ、あの世で閻魔大王の判断を仰ぐことになり兼ねません。以上に関しても、言い訳のないようは、裁判官や閻魔大王に判断してもらわなくてはならない概念ではありません。各自で判断してもよいのです。判断を言動に反映するか?しないか?は各自の自由です。言動に反映した場合の結果は自己責任になります。

領土拡大の方法、戦国時代の武田信玄は侵略して境界線近くの最前線には強固な暴挙施設を造っていた様子です(城や人材)武田と同じこと行っていては負けます。私が信玄のライバルなら、境界線近くの領民は無税にします。行政は忍者やの武士に任せます。境界線近くは無政府状態になりますが、相手側も無政府状態にすることができます。(租税のない方に味方する)現代に応用すれば僻地は税金を安くして自然環境を守らなくてはいけないと思います。(2011/09/05)










Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.