000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

◎afile31~40(ボリューション)




 
【魔法の自動小銃の効用説明書き 】
警察庁長官は自分に不利なことを記したホームページは削除しなくてはいけないのではなく、削除してはいけないのです。根も葉もないことなら事情聴取しなくてはいけません。但し、民主主義のルールが守られている社会にに限ります。創作想念が入りました。ロシアは、日本の国家公安委員会の仕事なと代行してはもらえません。多分私の保護行為しか行わないと思います。公安委員会委員長が警察庁長官に私の殺害を命令する資格がある以上仕方ありません。代行可能な国は、イギリス、ドイツ、中国だと思います。アメリカは国内事情があります。(勿論、どの国にも国内事情があります)国内事情によってはロシアと中国又はドイツが入れ替わるかも知れません。「ロシアがヤッテいる間はコチラは手を出さないぞ!」と云うことだと思います。通常の外交とは違ってウエイトが国内事情にあるのです。

私は、ロシア正教に限らすラスプーチンの故郷がロシア正教ではなく(ロシア正教にラスプーチンが侵入したのです⇔宗派のことは知りません)宗教に関しては、長上の順は問いません。目上の者は私を生かせるはずです。生かせなければ目下なのです。アメリカは4個の分裂国家になり、連邦制に移行するより仕方がない。と云う内容です。何者かは知りませんが、何時までくだらないことを行っているのか?事実なら報道されます。犯人は、もう私はアカンなどと宣伝している者に違いありません。口コミで私の情報を取得するのはよいが、沖村君と沖山君を混同して、噂話を発展すれば名誉棄損になりま。いわんや故意にすり替えて噂話の題材にすれば犯罪になります。又、家内は二番煎じしかできない人間ですので気に入らなかったら接触はお止め下さい。

空想物語を記します。警察庁長官は魔法の銃(自動小銃&拳銃⇔実在しなければ、内容証明書、その他の法律文書に置き換えられます)で撃たれても死にはしませんが、撃った人(犯人)も逮捕することも、刑罰することもできません。しかし、国家公安委員会が警察庁長官の殺害を警察庁長官に命じれば、警察庁長官は死ぬのではないか?と思います。実祭に検分した分けではありませんので事実は知りません。筋道を曲げて規則を守る行為は悪魔の業です。規則は人間の造ったものでありますが、筋道は神の創ったものと理解します。霊的な現象は認めること(規則はない)と、霊自体の存在を認めること(規則がある)は何処が違うのか?答えは規則が介在して矛盾を生じさせるのです。とりあえずは規則と筋道が衝突したら筋道を優先すの社会風潮を創るべきです。2012/04/03⇔「魔法の自動小銃の効用説明書き」

34殺す術を辞退すれば、規則に縛られない
31人間は人間のために自然環境を護らなくてはならない 38権力の魔力
35他を活かすことと切磋琢磨について
37後追いと霊格の関係について
36【良心を捨てると性道徳を犯す理由
40不文律は力勝負の宣告を意味する
33反省の階層を記す 32亡国の社会風潮の創作に手を貸してはいけません
39反省は良心の働きを尺度としなくてはいけない



アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター


 



  


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.