2293783 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

41 pickout.account  %






b41【想念で空間を移動できるのか?】
当を得ているか?どうか?は知りませんが、イギリスが、EUに参加しない分けが解りました。それは大英帝国の復活です。カナダとオーストラリア、チリを王室の傘下置くことです。(通貨関税を統一する)参考として、植民地と云っても後期のものは、民衆の生活にはさほどの違いはなかったと思います。違いは支配者層の問題だったと思います。元々はアメリカもイギリスの植民地であり独立した。カナダとオーストラリアは第二大戦後?独立しました。しかし、地理的条件を加えれば現状維持のまま推移すると思います。余計なお節介になりますが、EU参加反対は王室ごとカナダに移住すれば解決するかも知れません。

空想物語の領域になりますが、地理的問題は想念で空間を移動できる時代になれば問題はなくなります。「たこ女⇔外見の問題⇔心当たりのある人の問題⇔自分に当てはまると思う人はたこ女になる」は来世の契の対象は致しません。但し、外見を替えることができても替えない心がけのある人は、その限りではありません。この世的には一度でも替えられなくなります。潜在能力(術ではなく技)のことになります。いたずらに霊能力を求めると次第に苦しくなります。「たこ女」が性差別をする不適格用語なら女性も「たこ男」の言葉を称すればいのです。むやみに規則で規制すると歪みが生じます。自然(神)は女性がむやみに俗語を称することを禁じている(品がなくなる)解釈できます。何ことも固定観念に縛られてはいけません。 (2011/09/13)

1









Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.