2287704 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

44 pickout.account  %






b56【信とは何か?愛とは何か?を問う】
特定個人の徳性のもたらした現象(宗教で言うところの光)にあづかれば、あづかった人の来世は、信を強要されたり、愛を強要されるのですか?事実なら霊的因果の先取りになります。徳性(宗教的光)は無償の愛を意味します。愛の概念と矛盾もしくは、対立します。(ただで差し上げたものがマイナス要因になる)上記思想は愛の概念を知らない者の云うこと断言せざるを得ません。信の強要とは信じられない者を信じなくてはならなくなることです。愛の強要とは、愛せない者を愛さなくてはならなくなることです。適当ではありませんが、例えばお妾さんが、(現在は存在しないかも知れません)旦那を愛さなくてはならなくなる現象です。(旦那はお妾さんを愛します。愛さなければ関係は成立しません)

愛してもらったら愛さなくてはいけないと云う想い方が、ストレスを生むと云う意味です。私は、家内を特に愛しているとは思いませんが、代わりに精神的負担になる愛の強要も行っていません。(金持ちになってもいない)どうぞご安心下さい。以上は、信とは何か?愛とは何か?を啓もうの一環として問うものですので神の風当たりは少しも厳しくはありません。{信や愛を因果の規則で固定きるものか!」世間様は「教祖に象徴される人間の創った宗教的権威など、大したことくてはいけません」愛や信は犬でも猫でも知っているのです。人間と違うところは己の意識を客観的に観られないことです。従って反省もありません。必要ないとも云えるかも知れません。

「オレは不完全ではあるが、己の意識が並行するレールのように観えるぞ!」説明すれば、今言っていること(書いている)を1本のレールの上を走るワープロとして、もう一本のレールの上を走る目がカメラと云うことです。同時進行は、言行するレール上を走る想いに良心に抵触する者があるとカメラに採りにくくなると考えますが、真実は知りません。該当する人も存在するかも知れません。尚、カメラは2台(深層意識⇔動機目的を観る目)にしでも可能です。不完全である間は立ち止まって顧みなくてはいけません。完全と思える人は想い上がりがあると考えなくてはいけません。自分で思い上がりと考えられない状態が思い上が、潜在意識の一段深いところで働く思い上がりです。(潜在意識の深みへ深みへと追い込んではいけない)「2011/10/01」

3
 
  







Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.