2297507 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

52 pickout.account %





 


b52【当ページの記事が検察に答える内容になっています】
来世の契は、できる人の問題でできない人は無理に行う必要はないと考えます。何か勘違いが在るのではないですか?私から頭を下げてお願いに上がることはあり得ませんので、ゆめゆめおわすれなきよう行って下さい。誘いを仕掛けて最後には申し込ませると云うような考えは通用致しません。そのような姿勢がハンターやハントマンの餌食になるのです。「真意は態度で判断して下さい」など自分で決めることを、他人に決めさせていると言わざるを得ません。以上は心当たりのある人を対象としたもので、心当たりのある人がいなければ、私の一種の脅迫観念と言えます。「ヤル」つもりでもそう云うヤリ方はできません。結局ヤラらなければ最後にはゴタ、ゴタが来ます。私は座して待つことはいたしません。

もう一つ、人質の両取りになっているから人質の立場も考えなくてはならないのです。解りやすく言えば、私が未練を残していれば(腹づもりを知らなくては)云いたいことも云えなくなるのです。ハッキリしなくてはならない事情があるのです。以前似想念上で約束した件(策術の行使がありましたので止むなく)は、当ページにて文字によってご破算にしていただきました。以後はどなたとも、私から約束の申し込みは行っていません。約束していない件に関してはお断りすることもできません。検察(新任の検察官は)調査しなくては解らないし、調査すればお手付きになります。私にとっては迷惑しごくです。法務大臣に実情を報告していただきたいと思います。当方の事情を調査する必要があれば、総理大臣の許可を得たからにして下さい。先ずは人権擁護委員会から調査することをお勧めします。(2011/12/14)





 





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.