2284811 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

59 pickout.account  %




 

b59【医療機関のミスも警察の殺人と区別がつかなくなる】
現況を考えれば、例え医療機関が薬を盛っても警察の行為とすることができます。(医療機関に看護婦を装って介入すれば当然です。予防接種も迂闊に受けられなくなります。反論はできません)したがって現在の警察庁長官が私を殺せば、歴代長官をも霊的には最大級の罪に落すことになります。霊的意味を考えれば、(霊的因果ではないから個人的見解として、一般に示してもよい)彼等に対する神の慈悲として私を殺せないようになっているのです。「何をくだらないことを言うのか?」と反論すれば、現実にどのようにして事件を解決するか?目算を持っているか?答えてもらうことになります。上記記事の内容は「医療機関全体を敵に回さなくてはならなくなるとする」との社会風潮があれば、公安当局は排除しなくてはいけません。

上記に関して私が直接質すことは不可能ですので、質問は国民の皆様にお願いします。(40年前の豊橋警察署前の事件、10年前の久田工業前の事件の存在は質問の正当性を証明するものです)要する警察庁は、先輩達の考えて来た事件解決の腹案は通用しないことを自覚してもらわなくてはいけません。又、現状では、警察は、当方に当ページに記す記事の目的動機などの事情聴取には来られません。(検察は知りません)この項で云いたいことは、事情などの中身のことではありません。医療機関でもらった薬が毒薬か?どうか?を問うものではありません。警察や検察の姿勢を問うものですから、問題をすり替えて、不謹慎行為などとして私を罪に落すことはできません。

警察は、当ページに記す記事の目的動機などの事情聴取に当方には来られません。以上について「よし解った」は良いが、悪魔も口実として同じように言います。問題は次に何を行うか?が問われます。解っただけで何も行わないことも、悪魔の手口です。しかも、何も行えない理由も考えられます。野田総理大臣が謝罪に来ると云うなら、現役の警察庁長官を行政処罰してからでないと謝罪の意味はありません。(自分が行うことで神の手をわずらわせてはいけません)日本人(東洋人)上位者の意向を受けて言動するが、西欧人は、下位者(民衆)の意見、意向を受けて言動する(判断する)との感性による情報入りましたが、事実なら国際機関の判断を待って行うことではないとの戒めとも受け取れます。事件に関しては、日本は自分から先に立って行わなくてはいけないのです。(2011/12/25) >>もっと読む



 







Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.