2294004 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

A;記事を巡回表示しています★☆★

 


可変タイトル記事-2

 【公安当局の失態では済まされません】  6
ノウハウ関連事件に関して、トヨタ(豊田英二,豊田章一郎)がどのようにして私の個人情報を入手したか?は知りませんが、トヨタは、一度興信所に調査依頼を行っていれば、プライバシーの侵害には相当しないのかも知れません。私えの無断関与は、報告結果を確認すると云うことなら許されるのかも知れません。尤も、トヨタより先に谷口建彦が侵害していれば、トヨダ自身は唯の確認となり、法律には抵触しないかも知れません。但し、公安当局(警察又は検察い)の調査なら、何らかの根拠がなくてはいけないのです。根拠とするものはカルト思想の調査以外にはないのです。

カルト思想の調査なら、以前から私自身も調査を望むと記していますので、実際にカルト側の調査が行われていれば、苦情は言えません。カルト側の調査が行われていなければ、私に対する失態では済まないことです。公安当局(警察、検察、公安委員会)の失態であれば、あながちカルト側(GLA)が私に「非業の死が訪れる」と予見することも的外れな見解ではないのです。為政者は、カルト側を咎めなくてはいけないのに何を勘違いしているのかと言いたくなります。日本はもう駄目かも?日本はユダヤ民族の歩みを踏襲することになるのか?しかし、カルト側に屈伏していない我々と世界は大丈夫なのです。

ユダヤ民族ようになっても、個人的には大丈夫と云うことです。これでも未だ、危険があるのか?結局は私が「非業の死を遂げる」と誰かが言っているのか?(唯の無責任なことばか?)私は一人教祖です。ヤツデの神様と云う空耳(一種の霊感⇔幻聴ではない)が入るけれども、現実に存在する神様か?存在していても存在しなくても、私は精神に異常をきたすことはありません。自分が納得できないことに心底から謝罪できる人は精神異常者です。たとえ身の危険があっても私にはできません。方便や形だけでもよいならできます。この世は方便の世界でもあるから、精神異常者でなくても、国の指導には納得のできないことでも従います。

 2009年07月23日⇔木漏れ日の空間「カルト側が私が死ぬとする根拠」より


 

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター



 





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.