000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

※記事の要点を記す「控え:1」


 


======================= 掲載中======================

 


【警察による人権侵害を実霊で示す】 
家内が「もっと体を鍛えなくてはいけない」安城市医師会がアドバイスしたのか?アドバイスするなら来訪して直接私に行なってもららいたいと思います。(私の行なっていることを無視するような発言は知能労働に影響をきたします)私にも家内にも医師会にも言い分はあります。家内は無意識の内に怒りの感情が露出したのかも知れません。上記状況は警察による人権侵害が無ければ生じないものと心得ます

高校の同級生は、家内は懐具合が良いなら、暖房の使用で電気の無駄使いなど注意しないようアドバイスして下さい。何ら懐に入っていないなら節約は仕方ありません。確かにウラ事情の存在を私に言葉でで付けると結局は警察を提訴しなくてはならなくなります。従って私が力勝負で警察に勝てないと判断すれば言葉で利権収入を受け取ったか否かを告げることはできません。従って私は家内は利権収入を受け取って無いものと判断せざるを得ません。もし家内が利権収入をうけとっていれば、警察の組織ぐるみの罠ににります。(警察の自己矛盾になります)。事実なら高校の同級生は国連にお知らせ下さい。私が問い質せば言い争いになります。矛盾は力で解決するしか方法は無いのです。

以上に関して警察は設電は社会教育の一環であると言い分けすることもできます。以上は神(神にに象徴される高級心霊)の目から見れば本音と建前の使い分けになります。人間が勝手に断定すると言い洗いになります。したがって私は、家内に警察の指導か?どうか?問い質さなくてはならなくなります。理由は家内は余計なお節介を行なう癖があるからです。説い質せは居すれにしても言い争いになります。中部電力に詰問することはできません。従って警察のの責任になります。しかし、警察は当家に限り中電の要請を指導できる権利があります。、神の判断の前段階として、国連に判断してもらうより仕方ありません。

キリスト教圏国の人達には分かりにくいことと思いますが、神を信じてはいけないのです。詳しくはいけないのではなくて人間には神を信じる資格は無いのです。理由は、神の定義によってそれぞれにあると思います。それぞれに違います。私の宗教では悪魔が神を装って現れても人間には分からない場合があるとさせていただいています。未だ審議の手段の残されている件について神に審議を委ねることはできません。従って私の宗教では神に審議を委ねる又は仰ぐと云う概念は最終場面を意味します。(2013/11/06>

 


 【想念上の窃盗を防ぐことが可能になる】   2-1
吉見弁護士にお願いします。スズメバチの巣を除去する、枝切り鋏ようの柄の長さを調節できるアルミニュウム制の鋏を特許権を申請していただきたいと思います。尚、2013年02月04日以降に、誰かが申請していれば、私の想念上の情報を盗んだ可能性がありますので検察にお知らせ下さい。何故申請の依頼が遅れたか?については、当初は申請された方に贈呈しても良いと考えていたからです。(想念上の内容を前向きに公開できる方が居れば)想念の内容を公開出来る人が、いなければ娘の純子代理申請はできません。但し、何らかの不都合があって申請不可能と云うなら、理由(又は言い訳)を郵便文書であ知らせ下さい。2013年02月04日以前の申請に関しては上記の限りではありません。

申請料金は後払いか、(事件解決後)純子に立て替えて貰って下さい。上記要望は、奥密教の修練者がこの場に出ている以上仕方あのません。さらには、豊田市の東洋皮膚科の老女医さんがスズメバチのすから蜂蜜を作る方法の特許権の取得と宣伝を始めれば、巣を取る鋏は必需品になります。上記は「解ったではありません」私にとっては、確認がない以上想像の産物です。間違いが起きれば弁護士会全体の責任になります。ひいては法曹界全体の責任に発展しますので、為政者はそのようにお心掛け下さい。さらに、名古屋弁護士会の会長にお願いします。落雷回避用アンテナ(避雷針)の特許権を申請していただきたいと思います。

各国の陸軍が野営訓練を行うことになれば、一番危険な現象は落雷です。アルミ制の筒棒の先に槍状の胴の棒を付け筒の中を銅線で通し根元に地に打ち込んだ銅制の杭につなぐフックを付ければよいと思います。但し、アルミニュウムの導電能力に関しては知識がありりませんので、詳しい人にお訊き下さい。セラミックで筒棒ができればもっとよいと思います。煙突の材料にっているアすべト?となら良いと思います。煙突様の筒棒の中に太目銅線を仕込んで 根元の部分に地中に打ち込んだ銅の杭につないで、筒棒をそのまま樹木の枝に縛って固定できるかも知れません。要するに雷は煙突様の筒棒の中の銅線を伝わって地下に落ちる構造にすることです。樹木には被害は起きないかも知れません。被害が起きれば樹木には固定出来ません。

森林に設置出来れば森林火災が防げます。上記例は特許取得が不可能であれば、今までは不可能だったことが可能になった例として明示できます。(アイディアなど提供しても二束三文で有力企業に買いたたかれますが、インターネットで公開すればそのようにはならないと云う意味)森林避雷針は、商品として販売するのではなく、現場で建設する工事になるかも知れません。建設会社は建設技術の特許が取得できるかも知れません。尚、想念上の窃盗については防げないと思います。しかし、明らかに盗んだことが判明されば、この世の法律に準じて罰せられなくてはいけません。以上は人間の義務であって神に判断を委ねるべきことではありません。(2013/02/10)diaryより
  

  





======================== 掲載すみ========================




 
【医薬品副作用の記事は思想の問題です】   1
薬品副作用の件に関する報告については、該当する薬の副作用ではないなら、医師会の責任で「副作用ではない」と診断して貰わなくてはいけません。安城市医師会に、凌辱&ノウハウ事件に関して、医師会が警察のウラ技に協力していた等のいわゆるス「スネに傷」があって診断に来れなければ、国際機構によって医師会々長が処刑される可能性もあります。しかし、処刑しても後任の会長を務める人がいなければ、私の副作用の疑いがある症状は永久に解決されないことになります。この事態は、カルト宗教や竹下などから霊的な要因から生じたこと(副作用が生じたのには原因となる薬の服用があり、栗を服用しなくてはならないことら始まる一連の現象には霊的な意味がある等)に対して意義を唱えれば、結局この世の秩序が負けることになります。(潜在的な社会風潮を創る)症状が悪化すれば死に至ることもあり得ます。

極端なことを言えば、霊的には彼等(カルト思想を唱える者)らによって処刑されたことになります。(はじめに警告されていれば処刑になります)従って、国際機構は現在の医師会々長に強制的に責任の履行をお行なをさなくてはいけません。手錠を付けて連行して戴きたいと思います。尚、報告は会長に行ってもらいますが、診断と今後のケアー(処せん)に関しては別の医師を同行してもらう必要があります。仮にコキントウさんが、国際機関に報告することなく、医師会々長は処刑しなくてはいけないと結論だけすれば、カルト側に協力したことになり、(実行の意志の無い言葉)当事件の解決を妨害する何らかの意図(何らかの要因)があるものと判断します。(例えば医師会がコキントウさんの結論をバカにしている等)

しかし、私は国際機関の職員ではありませんので、今後はコキントウさんを非難することになります。上記は記した以上フリー(個人的な立場の医者)の報告はお断りします。報告にわたべ医師が同行すれば何らかの責任が生じると考えますので検証を行って確認して下さい。今後言い争いの種にならないようにお願いします。(上記医院の暗黙の了解はあるものの、少なくても私は勝手に薬の服用量を調節しています)不都合がなければわたべ医師の同行で結構です。以上は便宜を目的として記したものではなく、思想(考え方)として記したものです。中学生は便宜上の事柄は真似はしません。意味がないからです。しかし、考え方は真似をします。今後の社会に大きな影響を及ぼすと考えていただかなくてはいけません。

但し、同行する医師は「高槻礼子さんにすればよい」などの意見も便宜上の考え方です。(政治とは違います)本人の申し出があれば仕方ありません。この件は安城医師会の問題であり、日本医師会の問題ではありません。すり替えてはいけません。私の宗教ではすり替えは重大な罪を呼ぶ原因になると教説しています。妥協はできません。政治とは違います。政治家の仕事か?政治家の調査であっても調査は調査ですので妥協はできません。調査と行政は違います。又、行政の介入の医療関係者から依頼があれば外国の調査は仕方ありません。日本の公務員を含む為政者は、私が上記懸案を放棄させるために問題を複雑にしているなら(罰するべき者を放置するなど)なら、私は当然道理筋道から外れた事を書かざるを得なくなります。しかし、それは行いません。「殺せるものなら殺してみろ!」と記します。
歴代政府内閣は真言密教に何を奉納していたのか?弘法大師のご指導か?



 






======================= 掲載予定======================


【神にお任せすれば神を信じなくてはならなくなります】  4
 家内に不審な症状が出る原因は、警察ばかりではなく兄弟姉妹の間違ったアドバイスがあったかも知れません。彼らのウラは何者か?国際調査団が介入していると仮定すれば、調査の対象になりますので、当人達は気を付けて下さい。私は、ある医院にかかっていた当時「モルヒネ」と云う言葉が突然意識に入りました。医療用語だと思いますが、現実には一度くらい聞いているかも知れませんが、効能や用途など知る必用の無い言葉です。記憶の外にある用語なのです。何故、突然忘れていてよい言葉が意識に入ったか?不思議でなりません。私の宗教では疑う権利と資格を認めていますから自分もはなにものかいます。医師会の権威で真実の効能、用途をお知らせいただきたいと思います。

国際機関が手綱を握っているのではないのでは無いのです。非公式な介入での責任を避けているのです。(指摘してから事項されることを避けて)さらには、正当に投票する占拠選挙制度は、カルト宗教の教祖ばかりではなく暴力団の組長も政治家に転身することが可能な制度ですので、国際調査団には正当な制度か?どうか?国連に提議していただく必要があります。日本の政治家は国連を脱退することも視野に入れなくてはならなくなります。中曽根康弘氏の責任は神に委ねることができるのか?その尺度は何か?神にお任せした方がよいのか?お任せすれば今後は神を信じなくてはならなくなります。結局は偽の神を信じなくてはならなくなります。

以上は神の審議の経過と結果です。東隣の松永さんのご主人は、姿を観なくなってから久しいですが、何者か?に消されたのかも知れません。社民党の皆さんは調査するベきです。(警察からヤッタのは暴力団だと言われて納得していてはいけません)豊田章一郎は「山本(私)が出て来たから外国の介入は必用ない」と言っているのですか?「バカにするな!」アメリカ日米安全保障条約、日米親善友好滋養役に従えば日本政府の意向の中でしか介入できないことを国民の皆様には知ってもらいたいと思います。勿論、力勝負の中では原則は曲げられますが、むつかしくなります。アメリカの国民と民間レベルでつながりのある方は先方にもお知らせ下さい。

神の審議、懲罰を考える上で参考になる件がありますのでこの際記すことにします。失われた功績はまだ在りますに記していますが、内側と外側の両面にどあ~の付いたエレベーターを私が特許の申請取得を行って利権を我がものにすれば神のお叱りを受けることもあり得ます。しかし、国際機関が私の利権にすれば、却って悪徳行為(トヨタの)が防げると云う理由で私の利権にして貰えば神のお叱りは受けることはありません。又、光にもなりません。むしろ該当する便宜を計らった人と、発案した人の光になります。但し、本人は気付けないと思います。光になると考えられます。但し、類似に案件でも私の関与しない件は私を利用したことになります。労は光にはなりません。

尚、神を信じれば神にお任せしなくてはならなくなります。私はそれがいけないと主張する者ではありません。そうしなくてはならない人もお見えなのです。神と名乗る悪魔に付け入られる可能性があると云たいのです。そのような人は組織を持つ教団に入ることが賢明だと思います。悪魔も集団の中では力が削がれると思います。私の主張は教団を運営できる人なら解る筈です。本日(2012-12-07)午後10時前に複数国籍の戦車体と日本の警察軍が衝突して包囲されたとの想念上の情報が入りました。その後警察庁は戦車砲によって破壊されたと云うものも入りました。事実かどうか知りませんが、こういう想念現象が起きると云うことは脅迫はできないと云うことです。私が処刑する分けではありませんから私を脅迫すれば逆効果になることがお分かりでない様子です。

陵辱獄門&ノウハウ事件記事/C
 




【奉納は身近な神社に行わなくてはいけません】 5
(3)祖父母、曾祖母、實君が生まれ替わったとして、生まれ替わった人達が人一通り親戚、縁者の生存者に苦情を言うことはできても私にはできません。手段として、できないのではなく苦情を言われる原因がないからです。強行すれば、現在の祖父母や親戚に迷惑が及ぶだけです。祖父母の建築した家、仏壇、墓を守ってもらえる人が居なくなっても私の責任ではありません。責任を帰せられれば、芥川龍之介の生家の血筋は、現在どうなっているか?にテーマが移ります。私は祖母に部落のお祭りには帰ってきて「岩倉神社にお参りをしなくてはいけない」と忠告されていましたが実行しませんでした。

しかし、償いは出来たと思っています。岩倉具視は、公家(貴族)の代表です。坂本竜馬、勝海舟達を仲間として、明治維新を成し遂げた一人です。どなたでも結構ですが、岩倉神社(支殿)お御守役と想像する、赤松盛雄君(生死不明)にお伝え下さい。「何事か?にしろ奉納するなら岩倉神社でなくてはいけません。よその神社に奉納するから罰が当たるのだ!」必ずしもそうではなく他に原因があるかも知れません。詳しくは、他に原因があると表で間違いを犯すとも云えます。神に関することは深く追求しないことです。奉納は身近な(親しみを抱いている)神社に行わなくてはいけません。尚、岩倉神社は岩倉具視が祭られているか?どうか?は私は知りません。理由は、警察にお訊き下さいい。

 





【世界宗教は政治破綻が回復できなくなる(1)】
中国の密教は、古来からあった霊思想の下に唐の時代にインドから伝わった仏教が重なって密教になったのではないか?と思います。以上は素人考えですので詳しくは専門家にお訊き下さい。仏教は仏の教えですが、仏教以前の霊思想の頂点には神が存在しなくてはならないと思います。しかし、密教は論理手段と云えますので、神は存在していません。当然です。神は論理の外に存在して論理によって語ん外に感じ取るものかも知れません。したがって定義など関係なく論理に矛盾が出れば「力勝負で来い」と云うことになると思います。



日本人は如何に無神論者を主張しょうとも仏教の土壌で育っています。心に仏教(顕教)の匂いがしみついています。中国人は密教(仏教の一宗派)の土壌の中で育ち密教の匂いが染みついていること(固定観念の存在)は当然です。又、密教は教義が無いのだから論理上の規則は異なります。規則は修練者互いの約束事から成り立っているように感じます。修練者個人は確かな論理展開ができるか?どうか?が優劣の岐れになります。正邪は矛盾や善悪を尺度として最終的に整然とした論理にできるか?どうか?(矛盾の有無や善悪で言ったことが整理できるか?どうか?)になると思います。

5

「いよいよ世界宗教だなあ~」と言った者が居ます。「大川隆法か?」私は、1000年先はいざ知らず、ここ2.3百年では世界宗教の樹立は無理と考えます。政治破綻社会を防ぐには世界宗教があっては出来ないのです。世界宗教は無い方がよいと思っています。有れば宗教裁判で真実が葬られます。又、教祖の代替わりを重ねる間に中味が腐敗するのは人の世の常識なのです。チベット仏教方式でも駄目になっているではないか!世界宗教を認めると社会破綻が回復できなくなります。理由は最終審判となる宗教裁判が一つしかなくなるからです。<<<もっと読む

5


 




 【万物の霊長の誇りと責任について】   
万象万物は一部の人間を除いて、勝者生存、適者生存のシスティムに従って生きています。万象万物を創造し賜うたのは神であるならば、そのシスティムを創造し賜うたのも神であると言えます。そのシスティムに従わない、一部の人間を創造したのも、又神であります。従って神がこの世を直接統治するなら2足のわらじ(本当は2足だけではなく無数のわらじ)の手法を取らざるを得ないだろう。結局は全て神に一任することになります。しかし、神の創り賜うたシスティムはそのようにはなっていません。生命の種、各自は各自のシスティムに従って生きるようになっています。であるなら、この世は、地球環境を含めて人間の責任で統治し、調和をさせるのが本筋であるとおもいます。

理由は、人間は万物の霊長と自負しているからです。一対一の格闘では象が哺乳類の最強者であるから万物の霊長は、像であるとして、真実、象を目上の存在と人間一般が想えるならば、地球環境に責任がありません。自尊心と責任は表裏をなしていると言えます。これは人間のシスティムです(哺乳類にはあるかも知れませんが爬虫類にはないと思います)ここで云う一部の人間とは、自らを空しくして他人(他)の為に奉仕活動をする、いわば無償の愛を他に施す人々のことであり、一般的には神の教えとされる、宗教的な思想に従って生きている人々のことであります。

しかし、厳密には神の教えに従っているのではなく人間のシスティムを護っている人と云えます。又、他方の一部の人間は神の創り賜もうたシスティムで生きることが真理に適った生き方であると錯覚している人間もいます。人間のシスティムを壊す考え方です。神のシステイムに従って生きると云うことは植物を含めた、細菌や爬虫類や鳥類全ての動植物の生き方ができなくてはいけないことになります。錯覚を起こしている人に対しては「お前空を飛べるか?」と質して自覚を促すべきです。本能に従って生きることとは意味が違います。万象万物には神のシスティムとは別に、それぞれのシスティムが神から与えられていると云うべきです。

従ってそれぞれの種のシスティムの中にも神のシスティムは流れ込んでいるのです。厳密には二重構造になっているのです。しかし、人間のシスティムの中で神のシスティムだけを取り出して生きられないようになっているのです。説明すれば鳥の本能と空を飛ぶ能力は同じシスティムの中におさめられているのです。都合のよい方だけ取り出すことはできないのです。従って仏教で云う悟りは完全にはあり得ないと思います。私は、あり得ないものを求めてはいけないと主張します。但し、宗教指導者には擬似悟りは必用かも知れません。(道徳に礼議は必用なことと同じ意味)
 



  



HUBEE EXCHANGE





 【神と名乗る者ば第三者の立場に立てなくてはいけない】  


神は第三者の立場に立っている存在であると定義出来るかも知れません。できれば、神に象徴される高級心霊云えども神と名乗った以上第三者の立場に立たなくてはならないはずです。霊的な義務(この世的には責務)が生じます。しかし、逆説的に説明すれば、完全に第三者の立場に立てる状態こそが神になります。論理的には万象万物は神になれる資格を持っていると云えます。しかし、現実には不可能です。理由は土中のミミズも個体としての神があってもよいことになります。勿論、ミミズ種全体としては神の体の一部とも云えます。個と全体を混同してはいけません。理由は各自で答えを出して下さい。自分で答えが出せるのに、知らぬ振りをして他人に答えを求める者は悪魔です。
  



神に象徴される高級心霊の存在は可能か?どうか?各自で答えを出して下さい。但し、上記説明はこの世(エネルギーの世界を含む4次元世界)に限った論理的なルールであって5次元世界の霊的な掟又は論理規則を含むものではありません。理由は5次元世界は5次元世界の中でしか通用しない論理的規則があると考えられるからです。因果さえも存在するか?どうか?解らないのです。想像で説明することになりますが、因果が存在しないと云うことは、因果を主張してはいけないのではなく、因果を主張すれば間違いが起きると云うことです。さらには、「君は因果を持ち出したから間違えた」と言えば,間違いを指摘した人が間違っていたことになります。
  



理由は、因果を基にして間違いを指摘しているからです。(持ち出したからは因果です)したがって、上記一連の説明は、因果を基にして説明されているから間違っていると言えます。(説明すること自体が矛盾になる)しかし、私は間違ってはいません。理由は、私はこの世に存在していて、この世のルールで説明しているからです。5次元世界は、4次元世界(住人も含む)の間違いを指摘することはできても消滅させることはできない筈です。神に象徴される高級霊魂は神ではありません。したがって、該当する霊魂の上級世界に存在する霊魂を客観的に観ることはできません。間違う場合もあり得ます。尚、光の速さが、秒速40万キロメートルの世界があれば、その世界こそが5次元の世界であると思います。
真偽は専門家にお訊き下さい。
  



つづければ、第三者の立場に立つと云う概念は、上位階層に居なくては不可能と思います。但し不完全なら同位階層でも可能と思います。ここで云う階層とは同じ4次元世界に存在する、別々の宇宙のことです。(同じ宇宙の中にいても次女は同じ)数ある宇宙のいわば、ランク付けれた概念です。ランク付けは名前や表彰で決められた形ではなく、実際に上位の世界に(在る者)は、下位の世界に権威を行使できる秩序でつながっているそれぞれの世界と思います。先のページに記したスポンジの宇宙をタライではなく水族館のケースに入れてスポンジの重量を金属粉で水中に浮くように調整して観れば解ります。<<<もっと読む
   



【霊的な意味は昆虫の脱皮と様相が同じである】 5
国(各国)レベルの権威で発行される記念メダルの偽造防止特許権を私の所有にできれば、世界陸上競技連盟の、世界水泳競技連盟の表彰メダル特許権は分配の対象になります。家内は、弁護士に法律相談を行う要領と、家族に相談する要領の区別がつかない人間ですので、無意味なアドバイスを行ってもらうと混乱します。(誤解が生じます)日本は組織を持って宗教、道徳を説ける団体が創価学会だけでは駄目です。教祖を世襲にするから続かないのです。暴力団経由の警察の犯罪から会員を守れないのは、この世的には提訴が出来ないことです。霊的には組織に神の信頼がないことです。仏教系は、個人が暴力団に入るにはそれなりの霊的原因があると主張します。

私は、この世的な自己責任を霊的自己責任に当てはめることが間違いであると主張します。理由は、霊的意味など昆虫の脱皮と同じで、一つ皮を脱げば新しい顔がでてくるのです。一つだけなら確定もできますが、三つも四つ(第三、第四過去生)も皮を脱ぐことが出来れば、どの段階を取り上げればよいか?確定はできません。この世にいる限り賞罰はこの世の因果で行うべきです。霊的意味など有って無いも同然です。腐ったような匂いのする波動を出す人が現れましたか?腐ったような波動を出す人でも、未だ悪いことは出来るかも知れません。しかし、悪行に協力する者も同じようになります。私に与している人達はもう大丈夫です。向こう側に居る人は腐った匂いのする波動の存在は知りません。

腐ったような波動の出る人どうしは、互に相手の匂いが解るのか?どうか?は知りません。霊的因果(因縁話し)を持ち出すのはよいとしても、因縁話しの意味を重視することによって、この世で行うべきこと(目の前で行うべきこと)を阻止するものであってはならないと思います。因縁話しを優先してはいけません。但し、因縁話しも虚実ではないと思います。力勝負で悪に勝つか?負けるか?問題です。力負けしては駄目です。因縁話しを優先してはいけません。(優先しなければ意味があります)想念上のお付き合いに、言葉、文書によるメッセージは不要です。(この世的な必要があればその限りではありません)さらには、体制があってゲリラ派が存在し得るのであって、ゲリラ派だけの組織は存在しません。







 【神の慈悲は例示しかできません】  
(1)労働厚生省にお訊ねします。介護保険で派遣された介護人に「縫物を頼んで良いのか?いけないのか?」私は、事件の存在が確認できれば、縫い仕事は頼めなくても困りはしません。必要になれば、如何に新しいものでも捨てることができるからです。(新しいものを買うことができる)現在は縫い仕事に限らす頼める人は居ますが、一々苦言を聞かされますで、できたら聴かなくてすませたいと思っています。又、私は、介護人に家内に行ってもらうように頼むこともできます。解り易く云えば家内に注意してもらうことです。



水渓雅子さん(家内の実妹で元名古屋大学医学部付属看護短大教授)には、自分が家内と同居できるか?どうか?を考えた上で、家内にアドバイスしていただきたいと思います。家内は、「私も老後の面倒を頼まなくてはいけない」などと看護婦さんに口約束しても、ホゴにされてもどうしょうもなくなるのでことです。約束など何の役にも立たないと云うことです。自分が好意を持ってもらえるか?どうか?を先に考えなくていけないのです。又、神の慈悲に堕ち込む概念が理解出来たら、説明してヤッテもらいます。(言い分は納得できるまで行わせてもらえる)
 




【宗教戦争の根本原因を記す】       
新宗教を興すとカルト宗教になり易いのには。分けがあります。その根本原因は、この世の現象は霊的にはは決まっているとすることに在ります。例えばシナリオライターが書いたドラマを映画にする場合映画監督や俳優が、勝手に変更して映画を創ることが出来ないことと同じ意味を指しています。しかし、神の書いたシナリオを知っていれば以上は正しい理解ですが、知っていないのに知っているがごとく振る舞うからいけないのです。しかし、過去生がありあれば今生に生を享けた意味の解る人も、霊魂として計画した意味を知っている人が現われても不思議ではありません。いわゆる霊的に覚醒した人です。魂が転生することが事実なら、霊的に覚醒していない人でも、自分のことは知っているのです。

唯、表面意識で自覚できないだけです。(表面意識では忘れた常態にあるだけです)何となく解ると云うこともあり得るのです。一般人でも歳を重ね経験を積むと次霊的な意味が次第に解るようになります。以上から霊的に覚醒している人の云う意味も解るようになります。此処にカルト宗教の生まれる根本原因があると云えます。即ち、自分個人の霊的意味を不変化することです。ここで言う意味とは一つの現象をとのように捉えるかと云うことです。例えば、霊魂の性向として、勉強嫌い(現象)な校生が退学入学を目的として勉強をしなくてはならなくなたら霊的意味は「勉強しなさい」ということです。

他方嫌いな勉強などあっさり止め、大学進学も止めて早く社会人として親から独立して遊興を楽しみたいと云う人は、先の例の人とは勉強嫌いと云う現象は同じであっても霊的な意味は違うのです。(参考のために・・。霊的意味など霊魂の世界で自分で創るのです)厳密には霊的意味など人それぞれで異なります。又、しかし、霊的意味は人それぞれに違うとは云いましても、人間の想うこと行なうことは、全体としていっぱ一からげ賭して観れば同じょうなものです。猿や犬とは違います。(全体としての色合いは違う)

したがって、正しい宗教思想か?カルト思想家?の岐れは、霊的意味を色合いとして捉えられるか?色合いを個人的な意味に当てはめているか?どうか?になります。但し、推測や予想は、この世的な想念行為ですから、他人のことに及んでも霊的な意味とは関係ありません。この世のルールから外れません。(混同してはいけません)教祖は他人を指導する自己責任がありますので、手段方法を含めて霊的(色合い)を知ったことはですが教えなくてはならなくなりります。教祖は、言葉で他(全体を含む)導くか?言外の意識で導くか?を問わず導かざるを得ないように事態が進展します。又、宗教指導に於いては霊的意味を持ち出さざるを得なくなります。

色合いとしての指導ではなく自分のために自分が創ったシナリオを神(高級心霊)によって自分に与えなれたシナリ(神に又は心霊の手による指導)と勘違いして、を他人を指導るからカルト宗教になると考えます。尚、シナリオは神(心霊)が創ったのではなく「自分が創ったのものである」と云うことは死んでからでないと解らないに違いありません。以上は教祖の立場
又は、教祖を志す人対象に記した内容ですが内容ですが、上記にするす教祖の立場が判れば、一般人にもカルト思想の間違いが判ると思います。要点は、宗教思想の争いの基は互に自分のシナリオを一般に通用するものと錯覚して相手に当てはめて言い争うこと戒めることです。上記は個人的には宗教論争ですが、一国を指導す宗教になれば宗教戦争の火種と言えます。


 





======================= ツール=====================

 


 >>>もっと読む





 

 




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.