2293919 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

▽【雑記事(2)】






【警察行政の矛盾を実例で示す】
新任の警察庁長官は、
中部電力は電気料を無料にする気持ちは無いから、「私」が思い込みをしないように、電灯を消し忘れたら「機転を利かして消しておきなさいと家内にアドバイス」するように部下に通達を出したのかも知れません。事実なら間違った指導ですので国民は監視を行って下さい。むしろ、中部電力(株)が電気料を無料にするよう指導しなくてはいけません。理由は謝罪は避けられないからです。上記は、謝罪すべき相手に行う指導ではありません。<最低でも中電が電気料を無料にしないなら言葉でそのように伝えて貰わなくてはいけないのですヤルことが反対なのです。家内は私には知らせられない金が国の内外から数億円入り、受け取っていても不思議ではないのです。

僅かな出費に何でムキになるか?を考えれば当然上記の指導が考えられます。中電は無料にできないなら、私宛てに郵便文書で回答すべきです。政府内閣に回答すべきことではありません。アドバイスは受けても構いません。さらには、推測で公開伝言は通常は行ってはいけないことですが、行わざるを得なくなったとあれば、国の公安関係者の責任です。岩附君は私に金品で支払う何らかの条件があれば郵便書留で送金して下さい。ホームページで家内に開設を代行してしてもらった銀行口座えの振り込みはいけません。理由は未だ、家内から開設したとの報告は受けていないからです。

銀行口座えの振り込みは、行政の矛盾に加担することになります。又、質疑の生じる形での送金もお断りします。事件解決後に謝罪してもらっても、金品の謝礼はお断りします。前記条件が存在していなければ、逆に私が謝罪しなくてはならないのです。どちらかが、この世のしきたり(道徳)を破らなくてはならないのです。これは(この伝言は)国の責任です。又、以上の国の行政の矛盾は、国連をはじめ如何なる国と云えども認めてはならない行いです。特定国の行政の矛盾を認めれば、全ての国に行政の矛盾がまん延します。結果は、法律の存在が形骸化されます。2013/03/23⇔「今時の警察官の気質を記す」より
 




 

 
【潜水艦の特許権は日本人には譲渡しません】 2-1
上記潜水艦に関するアイディアは簡単に技術の開発は出来ると思います。村田与一君に設計図を作成してもらって私の名前で特許権を取得すれば、カナダの皇帝に贈呈します。日本政府は潜水艦建造はカナダの皇帝に特許権利用料を支払ってから、造船各社に発注して下さい。カナダの皇帝は「お気持で結構です」と云った内容の奉納は行わないと思います。今まで何を考えていたのか?正直に言ってみろ!「いくら有効な特許権を取得しても、外国は購入するばかりでは、いずれ行き詰まると思っていたか?」潜水艦の特許権は外国人にしか譲渡しません」日本弁護士会は、ここのところをどのようにクリア~しますか?(2013/04/28)




【医師会は薬品服用の説明に来なくてはいけない】 2-2
この世的に一番強い者は医療に超能力が取り入れることが出来る人かも知れません。医療と警察が夫婦になった存在かも知れません。言わば両横綱ですが、両横綱に勝てる存在は神かも知れません。それでは如何にも淋しい気持がします。「ここまで来たら勝ってみせるぞ!」博栄堂の御曹子に薬を「キチント飲んで下さい」と言われて「忘れたらどうするか?」と質問したら食卓の上に用意しておけばよいと」回答されました。忘れると云うことは食卓の上に用意することも忘れるのです。答えになっていないのではなく、質問が悪いのです。しかし、間違ってはいません。医師は忘れることを前提として処詮しなくてはいけないのです。相手が忘れたことを理由に咎めだてすれば密教の思想に汚染されたことになります。密教から第一の楔を打ち込込まれる要素ができます。厳密な薬品服用の管理が必要な場合は、例え錠剤の服用に関しても入院しなくてはいけないのです。笑いごとではありません。コレストロール値低減薬品の服用に関しては医師会から何の報告も貰えないのです。




 【医薬品服用管理は入院しなくてはできなくなる】     2-3
この世で、政官財複合体に次いで強い者は医療に超能力が取り入れた人かも知れません。医療と警察が夫婦になった存在かも知れません。言わば両横綱ですが、両横綱に勝てる存在は神かも知れません。それでは如何にも淋しい気持がします。「ここまで来たら勝ってみせるぞ!」博栄堂の御曹子に「キチント飲んで下さい」と言われて「忘れたらどうするか?」と質問したら食卓の上に用意しておけばよいと」回答されました。忘れると云うことは食卓の上に用意することも忘れるのです。答えになっていないのではなく、質問が悪いのです。しかし、間違ってはいません。医師は忘れることを前提として処詮しなくてはいけないのです。忘れたことを理由に咎めだてすれば密教の思想に汚染されたことになります。第一の楔を打ち込むことが可能になります。厳密な薬品服用管理が必要な場合は入院しなくなります。(2012-04-06)




【行政改革を行わざる得なくなります】 2-4
行政改革は椎の実が食料として実用化できれば、必然的に行わざるを得なくなります。椎の実の皮を剥く器械が開発されれは実用化できます。しかも軽労働ですみます。新たに開発した地域は、はじめは植林を行わなくてはいけませんが、後は放置でよいのです。井戸にポンプは良いとしても、簡易下水設備は欠かせません。し尿を川に流せは近辺の下流で腸チブスが発生します。行政改革に伴う山間地区の小、中学校の若手教員の誘致には民宿様の下宿を用意する必要があります。各家庭は、はじめから家を民宿(個人旅館)に出来るようにして建築して、子供部屋や下宿部屋に時に応じて使い分けられるようにすることが肝要です。産業は、椎以外の雑木は、チップにして製紙会社に売ればよいのですが、輸入材料の価格との兼ね合いになります。採算が取れなければ全て椎の木にすれば実の販売が可能になるかも知れません。しかし、猿害その他の不都合が考えられます。猿は、猿は樫や栃の実を食べているから、食べ物がなくなり(人里に出てきて畠を荒らす)




【事実は神が管理する概念です】 2-5
公安委員会が何と言おうと私は、家内に「れこれのことを言って来い」と命令します。家内が誰に言うかは本人の自由です。福井氏の家族に言うこともあり得ると思います。(した準備は行っ意ました)公安委員会が口封じを磨るためにさまざまな圧力をかけることは出来ません、勿論、圧力を掛けようと思えばできますが、家内の兄弟姉妹に圧力を掛ければ、自称養父の遺族の家庭の舞になると予想します(予言ではありません。事実は神の管理する領域です)ので公安委員会は当人達にそのようにお伝え下さい。尚、自称養父の遺族の家庭に関しては、何の情報も得る手段がありませんので何も知りません。しかし、想像はできます。分解して残された家に住む人さえ居なくなったと思います。補足として公安委員会としても、警察から正直な情報が得られない以上自主収集を行わなくてはならなくなります。旧姓増田悦子さんにはどちの城に入っているか?知りませんが参考になります。私は離婚しなさいと記しました。又、道理は悪の道でも矛盾なく展開できると説いています。真理は矛盾が無いことと善であることの二つの条件で成り立つものと考えます。




【警察庁長官の犯罪を罰せられなければ独裁政権が誕生する】 2-6
警察庁長官が報道管制を行わなければ、(私は報道管制した長官は誰か知らない)公安委員会のメンバーは今さら私のホームページの記事を目落としのないように観る必要はなかったのです。警察庁長官の犯罪は誰が罰するか?警察官が罰するのか?公安委員会が罰するのか?総理大臣の責任になる前に何処かの行政責任が課せられていると思いますが、事実なら、検察は国民の前に明確に提示して戴きたいと思います。行政に責任が課せられていなければいければ、警察庁長官の犯罪は、総理大臣の責任になるとしても行政に警察庁長官の犯罪を追及できる手段が無ければ、容易に間接的な独裁政権が樹立出来ることになります。豊田章一郎が今さら「オレがいくら言ってもヤロウとしない」と云う云い分けをしているとしても空念仏は当然であり、恰好を付けていただけと言えます。反映させるなどの現実的な努力は行われていないからです。
 



【奉納は身近な神社に行わなくてはいけません】
祖父母、曾祖母、實君が生まれ替わったとして、生まれ替わった人達が人一通り親戚、縁者の生存者に苦情を言うことはできても私にはできません。手段として、できないのではなく苦情を言われる原因がないからです。強行すれば、現在の祖父母や親戚に迷惑が及ぶだけです。祖父母の建築した家、仏壇、墓を守ってもらえる人が居なくなっても私の責任ではありません。責任を帰せられれば、芥川龍之介の生家の血筋は、現在どうなっているか?にテーマが移ります。私は祖母に部落のお祭りには帰ってきて「岩倉神社にお参りをしなくてはいけない」と忠告されていましたが実行しませんでした。しかし、償いは出来たと思っています。岩倉具視は、公家(貴族)の代表です。坂本竜馬、勝海舟達を仲間として、明治維新を成し遂げた一人です。どなたでも結構ですが、岩倉神社(支殿)御守役と想像する、赤松盛雄君にお伝え下さい。「何事か?にしろ奉納するなら岩倉神社でなくてはいけません。よその神社に奉納するから罰が当たるのだ!}奉納は身近な(親しみを抱いている)神社に行わなくてはいけません。
  





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター



 




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.