2293931 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

PR

フリーページ

★☆悪事をばくろするには !!


★2枚舌でなされた事件です!


★探偵社に調査依頼をする


★蜃気楼が映し出された !


★本来の使命が放棄された !


★事件の事件たるを暴露する !!


★相手側相互間の問題である ! !


★最早逃れる道はなかりけり ! !


☆補足と説明をします


☆参考と所見を述べる


●社会と宗教思想iについて


●因果応報の実情を語る


●因果応報を総括する


●カルト宗教とキリストの教え


●間違った霊界解釈とは・・


◇超能力に付いて・・


◇奇跡をを呼ぶ能力でなくてはいけない


◇超能力と犯罪に着いて・・


◇超能力の種類は人により異なる


◇超能力は神の手中に在るものである


◇祈りと超能力について・・


◇超能力の闘いもあり得る(1)


◇超能力の闘いもあり得る(2)


○謝るなら本人に謝らなくてはいけない


◇超能力の闘いもあり得る(3)


◆テレパシー能力の開発ノウハウとその意義


◆自分の認識機能でしか外界を認識できない


◆霊的絶対支配体制とテレパシーの関係は?


循環文明2巡目を語る


宗教裁判と神の存在について


○ノストラダムスの予言は事実だったのです


●霊思想の実情と体験


○予言は先送りされたのか?


○ストーカーと同じではないか?


○災難に遭ったようなものです


○殺すと云うものが何処から出てきたのか?


○この世の事実を霊の論理で否定はできない


○この世の事実を霊の論理で否定はできない


★☆★記載済み記事原稿保管(A)


01 pickout.account %


02 pickout.account %


03 pickout.account %


04 pickout.account %


05 pickout.account %


06 pickout.account %


07 pickout.account %


08 pickout.account %


09 pickout.account %


10 pickout.account %


11 pickout.account %


12 pickout.account %


13 pickout.account %


14 pickout.account %


15 pickout.account %


16: pickout.account %


17 pickout.account %


18 pickout.account %


19 pickout.account %


20 pickout.account %


◎a-file01~10 (さくさく)


◎a-file11~20  (白くま)


▲△▲記載済み&予定記事原稿保管(B))


21 pickout.account. %


22 pickout.account %


23 pickout.account  %


24 pickout.account  %


25 pickout.account  %


26 pickout.account  %


27 pickout.account  %


28 pickout.account %


29 pickout.account  %


30 pickout.account  %


31 pickout.account  %


32 pickout.account %


33 pickout.account  %


34 pickout.account %


35 pickout.account  %


36 pickout.account  %


37 pickout.account  %


38 pickout.account  %


39 pickout.account  %


40 pickout.account  %


◎afile21~30<もっとアクセス>


◎afile31~40(ボリューション)


◆◇◆記載済み記事原稿保管(C)


41 pickout.account  %


42 pickout.account  %


43 pickout.account  %


44 pickout.account  %


45 pickout.account  %


46 pickout.account  %


47 pickout.account  %


48 pickout.account  %


49 pickout.account  %


50 pickout.account  %


51 pickout.account %


52 pickout.account %


53 pickout.account %


54 pickout.account  %


55 pickout.account  %


56 pickout.account  %


57 pickout.account %


58 pickout.account  %


59 pickout.account  %


60 pickout.account  %


◎b-file41~50(アクセスアップ<トラ)


◎b-file51~60(リード&トラ)


A;記事を巡回表示しています★☆★


▼【記事の要点を記す(1)】


▼【記事の要点を記す(2)】


▼【記事の要点を記す(3)】


※記事の要点を記す「控え:1」


※記事の要点を記す「控え:2」


※記事の要点を記す「控え:3」


B:世界に広がる有用記事▲△▲


▽【雑記事(1)】


▽【雑記事(2)】


▽【雑記事(3)】


※雑記事「控え」:1


※雑記事「控え」:2


※雑記事「控え」:3


C:何故?何故?何故?◆◇◆


◎トラフィック保管(234x60)


◎トラフィックBanner(88x31)


※原稿保存(2)


※banner保管(234x60)


◎トラフィックBanner/3(468X60)


◎MyBaneer保管


◎空きページ


※魔法の自動小銃の効用説明書き


D:周回記事要点を記す●○●


$1 【良心と小乗に関する記事】


$2 【人生哲学と社会風潮に関する記事】


$3 【私の言い分と主張】


$不定表示記事(控え)1


$不定表示記事(控え)2


$不定表示記事(控え)3


●○●掲載すみ原稿「保管」(D)


■トップページ控え


■楽天アフリエイト・テーブル


■HTML.タグ関係控え(実用初歩)


■タグ関係控え(画像と表)


タグ編集


タグ


【重要】改めて自己紹介させていただきます


キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


h-ymmt405

お気に入りブログ

★あなたの愛が 永遠… New! 人間物語・とね しゅんじさん

心に太陽を! New! 登歩十歩さん

古い水着でスイミン… ひめようこさん

タフルの日記(^_^) タフルさん
Dear Smily tonoちゃん8485さん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:感謝の貸借に不愉快な先入観が相手にあったのです(02/04) waar is cialis verkrijgbaargeneric over…
http://buycialisky.com/@ Re:国が間違いを犯せば私の立場が強くなる(01/21) 5 mg cialis reviewcaverta levitra ciali…
http://buycialisky.com/@ Re:GLAがウラで関わっていた証拠はあっても立証できない(02/04) acheter du cialis a genevecialis online…
http://buycialisky.com/@ Re:「もう一度言ってみろ!」を調査すべし(08/12) buy cialis delived fed exorder generic …
http://buycialisky.com/@ Re:この世の秩序の根源は愛とも言える $$(01/25) cialis tadalafil beter dan viagracialis…
2014.04.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 


【新梁山泊の会合の会長は私が任命したのではありません】   すみ
第二内閣の構想は凌辱獄門事件を叩き壊すために私が提案したものですので、ことの順次を間違えないようにして下さい。ことの順次が保たれているか?どうか?を知るには門的がすり替えられているか?どうか?を顧みれば分かります。第二内閣設立が国民の合意によって設立したのであれば、民政が第一であり、凌辱獄門事件の解決は私が自分で解決しなくてはならなくなります。(自分で出来ることを行うこと=自主解決ではありません)又、構想の提案は私が行ったもので娘の純子が行ったものではありません。人事などの介入は仕方ありませんが責任は私が持たなくてはならないのです。最終的には私の責任ですが、その前に新梁山泊の会合の会長の責任も生じます。私は現場を知ることができませんので当然そうなります。したがって第二内閣が存在するか?否か?を最終的に新梁山泊の会合の会長が私に知らせる責任もあります。尚、同社大学卒の田中君は凌辱獄門事件を解決するために率先して私に協力した最初人です。彼が新梁山泊の会合の会長かどうかは私は知りませんが、神が任命すれば当然彼が会長になります。但し、上記は全て想念上の情報を基にして記したものでありますので私とっては、はじめから存在しないこともあり得ます。皆様方にはそのような無人はあり得ません。これが谷口健彦の行ったことであります。、(事実であってもなくても警察が悪利用していると云えます)

「一口メモ」第二内閣の構想は総理大臣を指名しなくても提供できますが、多大な説明を要します。総理大臣を指名しすれば構想ではなく設立になります。説明は不要になります。総理大臣を指名した以上私が設立したことになりますが、監視と運営はは新梁山泊の会合に任せるより仕方がないと云うことです。娘の純子に全権を任せるものではありません。(家内の口出しの余地が生じる)参考として第一内閣の管理運営は国会議員です。第二内閣は第一内閣が消滅すれば国民の承認を得なくてはいけません。私は第二内閣は先に第一内閣の仕事を取ってから(テコになる特許権と宗教改革があるから出来ると思います)後で処罰するべきを処罰した方がよいと思います。

「一口メモ」宗教改革については、人間の体を含めた物質も想念もエネギーエネルギーがなくては(想うことは出来ない)で出来ていることが判った現在では、エネルギーとは何か判らなかった時代に作られた宗教は改善しなくてはならなくなるのは当然の成り行きです。特に霊魂とはソウネンエネルギーが身体から離れて独自に存在することが証明される日は目の前に来ていると言えます。そもそも旧来の宗教の創設当時は宗教に証明など必要なかったのです。つづければ善も悪も想うことが基になっているのです。エネルキーから出来ているなら簡単に換えることができる可能性もあるのです。宗教を含む思想はエネルギー操作の手段かも知れないのです。

「一口メモ」新梁山泊の会合の会長におお願いします。私が名古屋のアメリカ領事館に投稿した時点で櫛田夫妻が協力していたら豊田章一郎はどうなったか?豊田がとこまでアメリカを籠絡できたか?検討してみて下さい。アチラは済んでいても私は済んではいません。今ヤルべきことを行ってもらいたいと思います。それとも警察が架空の性道徳違反をねつ造して事件解決を妨害した後始末に困っていると云うことですか?いずれは回答してもらわなくてはならなくなります。最低でも家内にキャスティグボード握られるようなことは行っていただいてはいけません。私はタクシーで出かけなくてはならなくなるのです。櫛田さんは何故困るのか?警察の責任だと思ったら警察に言えばいいではないか!(私も警察の責任になると思っていました。警察の責任ならどのようにもなることが細菌になって分かりまし。霊的因果を考えなくてはならない人が居れば無碍に否定してはいけません。私の言い分は量子力学でも支持されると思います。

「一口メモ」自分に関する霊的因果は考えなくてはいけないのです。私が戒めている霊的因果は他人のことをいうことです。霊的因果を考えなくてはならない人が居れば無碍に否定してはいけません。中学校時代の梅村喜久子先生はここの処の意味が判らないと非業の死を遂げにくてはならなくなりますのでよく考えて下さい。常識的には第三者が介入できるところではないのです。介入できなければ理解もできません。テレパシー能力が身に付けば理解できるようになりますが、神にしゃざいしなくてはならなくなります。そして自分が体験するより仕方がなくなります。非業の死を遂げる転生を繰り返した上に知らなくてはならなくなります。

「一口メモ」高槻礼子さんにお伝えします。想念上の情報ですと、純子がの学生時代から純子には表の顔で挨拶し、吉田道子さん(旧姓櫛田道子)には裏の顔即ち本音で挨拶していたとのことです。心当たりがなければ、欺瞞の創作想念になりますので発信源を確かめていただき抗議て下さい。以上は余計なことかもしれませんが私は書かないと疑心暗鬼になるから止む無く記したものです。私は家内に無慈悲な要求を行っているのではありません。むしろ慈悲に満ちた要求です。いくら精神医学の大家(想念上の情報ですと)でもここのところが判らなくては未来はありません。判らなければ純子にお訊き下さい。深山君にお知らせします。高槻さんは産婦人科医院の息女でが実家の医院を何故継がなかったか聞いて見て下さい。さらには、私は高校時代の先生は全員避難できる権利があります。しかし、良心に照らして野暮なことを行わないだけです。高校の先生が全員加害者になるのでは新梁山泊の会合の会長を降雨の同級生ができるわけはりません。田中君は自体すると云うなら後任者を指名して下さい。






 







最終更新日  2014.04.29 13:09:05
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.