2014.05.08

転生に関する神の指導推測する

カテゴリ:カテゴリ未分類
 


【転生に関する神の指導推測する】
現在の日本の警察官の幹部は中曽根軍国主義に洗脳されいるかのように感じます。第二次大戦末期の日本軍が群幹部の軍国主義思想に煽られて次々に戦死していった。若者達が警察官に生まれ替ったと解釈すれば理解できます。私は若年でしたので当時の軍幹部がどのような洗脳教育を施していたか?具体的には知りませんが、楠正成公の「七度生まれ替って忠節を尽くす」と云う思想がメインになっていることは間違いありません。正成公は調停に忠節を尽くすと云い残して討ち死に(死戦)したのですかが彼等は暗に「お前たちは今生は死地に赴くが次の世は日本を立て直柱となって生れ買われるのだ!」と洗脳されていた可能性が在りますので、当時の生き残りの兵士だった人達にお確かめいただきたいと思います。

上記指導が事実だったとしても人間による転生の指導であって神の指導ではありません。神の指導は深遠です。簡単に説明すれば人間の間違った指導も生かして指導されると考えれば納得ができます。私は別のページで間違いを生かすと云う高橋佳子の教えは欺瞞であると記しています。以下に欺瞞とする根拠を記すことにします。高橋佳子の「間違いを生かす」と主張するないようは、「間違い」を例として、自分が他の人(第三者)を指導することにより、間接的に間違いが生かされたとするものと解釈します。間違った人は放置されることになります。そしてこうまんになります。以上は人間のご都合主義で宗教と名乗って教説すれば悪魔の技です。宗教の指導と云うからには間違った人を生かさなくてはいけません。

人間には容易にできることではありません。人間は人間に出来ることで指導しなくてはいけません。結論を言えば改心させることです。私は神にとって一番気に入らないことは外部から洗脳される魂の存在であると思います。悪魔の付けいる隙ははそこにあるからです。上記例ではお国のために特攻隊員として戦死し、警察官として生れ替った人達に前生の間違いを自覚させて洗脳されている想念を改善させなくてはいけ何いことになります。上記にるいする指導は人間の創った宗教では不可能す。神の指導る分野です。先のページて私は神の指導は人間の手を介して行なわれると記しています。先ずは人間がそれぞれのヤルべきことを行わなくてはいけません。そうすれば神は転生法則をくしして誤りを犯した霊魂を改善させいずれかの先の生に生かされると考えます。

ここで云う人間のヤルこととは前生で行われた洗脳を解除ることです。付け加えれば神の指導は合格するまでは続けられると考えます。上記する神の指導は親子関係夫婦関係にも適用されていると考えます。但し、神の指導は単純ではありませんので即、来世で同じことが行われるということもないと思います。以上は私の推測です。深く考えないことです。付け加えれば私が自称養父母と称してきた人が実施でない人を養育する修行は私以外の霊魂でお行っていただきたいと思います。理由は実う父母に早逝してもらわなくてはならなくなるからです。さらには性的には性道徳などそんざいしないのです。あるのは魂の修行だけです。この世で性道徳を創れば創られた性道徳を通して魂の修行を行わなくてはならなくなるだけです。法律でも同じです。

「一口メモ」第二内閣の法務大臣に進言します。同一事件を名古屋の裁判官と東京の裁判官、大阪の裁判官~に情報を交換せずにに審議してもらうこと最低一回は行っていただきたいと思います。第二内閣の各大臣には傘下の公務員公務員に「ここのところはなあ~ちょっと分けがあるのでうるさくやるが余所ではやらないので苦情は言ってくれるなよ」などと云う曖昧な説明は行わないように訓示していただきたいと思います。上記は例えですが、悪く解釈すれば苦情を誘っているともいえるのです。けしからん云いまわしを被った例を拾い出して訓示すれば姿勢を示すことになります。

「一口メモ」想念上の情報ですと本日(2014-03-18)午前40分頃裁判管が誰にお詫したか?知りませんがお詫びしたとのことです。以上が個人の裁判官の謝罪なら神の裁断ですが裁判官一同であれば、人間の業である妥協の産物になります。
 
  









TWITTER

最終更新日  2014.05.08 09:54:55
コメント(0) | コメントを書く