344396 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋桜日記

「タイと神様」

次男の6月の作品です。


深い深い海の底にさかなの神様がすんでいました。神様はたくさんのさかなをつくっています。ある日、神様のところに一匹のタイがやってきました。

「神様、私達の体はどうしてこんなに赤いのでしょう。目だって仲間がつられてしまいます。」

(ここから次男の作った物語です)

「よし、お前達の色をかえてやろう。 なにいろがいいかい。」
神様はしずかにこたえました。

「ぼくは、目立たない黒がいいです。」

よく日、神様のところにタイがあつまりました。
一ぴきのタイが神様に言いました。

「おねがいします。」

神様はそのタイに手のひらをむけて
「黒になれ!!」

すると赤かったタイが黒になりました。

しかし、黒になると目だたなすぎて、ほかの魚から見えなくなって、すぐにぶつかってしまいます。

また、神様に色を変えてもらうことになりました。

だけど、黄色は目立つし、紫は暗いので、とうとうもとの赤にもどってしまいました。           おしまい




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.