1596161 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぱちくんとひょうたん

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

My Carsport Style hhgrj929さん
ニーナちゃんとお庭 ヘコさん
IMO Note episode2 aimo810さん
Healing?T… nastuki777さん
ぽちのおうち かずたん555さん
増やんのひとりごと 桃太郎桜さん

カレンダー

2011年07月16日
XML
カテゴリ:ひょうたん日記
ところで、千成ひょうたんを検索していたら、面白いひょうたん記事ものを発見した。

チューさんのホームページによると、生まれが1928年というから今年83歳になられる。

40年間、国公立大学農学部で研究教育に従事していたところは、大槻会長みたいな農学者

であるに違いない。


チューさんの野菜ワールド

チューさんの野菜ワールド


私は昔から「ひょうたんは縁起がいいもの」と聞いていたが、その縁起がいい理由(わけ)を

説明していた。『果実の元より先が大きくなり末広がりであること。6個集めれば無病息災

(むびょうそくさい)「息」は防ぐ意味があるそうな』などとこれは分かる。知らなかったの

は中国古代の孔子「論語(ろんご)」。


瓢箪の意味

瓢箪の意味


「子ノ日ク(シノタマワク)、賢ナル哉回也(カシコナルナリカイヤ)。

一箪の食(イッタンノシ)、一瓢ノ飲(イッピョウノイン)、陋巷二在リ(ロウコウニア

リ)。人ハ其ノ憂イニ堪エズ(ヒトハソノウレイニタエズ)、回也其ノ楽シミヲ改メズ(カイ

ヤソノタノシミヲアラタメズ)。賢ナル哉回也(カシコナルナリカイヤ)。」


現代語解釈は

「先生が言われた。賢いな回は。一箪の飯と一瓢の水で、狭い町中の中で暮らしてい

る。他の者はそんな辛さを辛抱できないが、回はそれを楽しんでいる。賢いな回は。」


子は孔子のことであり、回は弟子の顔回(がんかい)のことだという。

つまり、瓢箪の「瓢」は飲み物の器、「箪」はご飯などを入れる容器をさす。だから、瓢箪は

大昔から人間生活の根底、飲み物と食べ物の器を生活必需品として重宝されてきた上に、健康

と幸福をもたらすため縁起がいいものだと言っている。






最終更新日  2011年07月16日 03時02分02秒
[ひょうたん日記] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.