000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Ducati Hypermotard821 life & Kawasaki KLX230 life

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

ラジポン

2019.10.27
XML
カテゴリ:ラジポン
2019年10月27日
衣替えに出していたハイパーを取りに朝から電車でお出かけ。
ヤバイくらいカッコよく仕上がりました。
ただお披露目は11/3になります^_^
ますます自分ぽく仕上がりました^_^

ハイパー引き取ってからMr Xのお店へ頼んでいたものを装着しに^_^



ACCOSSATO アコサット レバー ワイヤークラッチ スイッチ/カラーセット
アコッサットのワイヤークラッチキット^_^
当然レバーはゴールド。

現在の純正にはSSKのレバー付けていましたがラジポンがアコサットに変わったので当然クラッチ側も変えたくてオーダーしていました。

純正外して見ていたら純正ってDOMINOなんですね。ワイヤーのクラッチを変えて何か変わるのか?当然カッコだけで変えて見たわけですが^_^
しかし変えて見たら。。。めちゃ軽くなりました。純正に比べて2/3くらいの力で握れます。また純正って握る時なんか引っ掛かりがある感じがするんですが全く無し。握ってから最後まで握り終えるまで均等に握れます。
ミートの箇所の調整はまだ必要なんで、少し慣れは必要でしたが握りが柔らかくなったのでものすごく楽になりました。
カッコだけと思っていましたが副産物的に柔らかくなってよかった^_^






最終更新日  2019.10.27 21:33:26
コメント(0) | コメントを書く


2019.06.24
カテゴリ:ラジポン
フロントのラジポン化して1ヶ月くらい経ちました。今のところ懸念されていたABSによるエアー噛みも無く順調に走れています。
格好良くしたいだけで導入したラジポンですがやはり実用部品。めちゃいい感じになっています。

ラジポン入れて良かった点としてはタッチの良さ。純正に比べるとグレー部分が増えたというかフロントブレーキを引き摺れる用になった事ですね。指二本でのブレーキですが少し遠目にセットしたおかげで緩いブレーキでの荷重掛けが楽になりました。純正だとこの部分が少し唐突でちょっとのつもりが結構強く掛かったりで。。。腕のせいもあるんでしょうが。。。

交換後の試運転で走った八王子の峠でもはっきりと体感できました。
先日行った奥多摩周遊道路でもいい感じに走れてました。

まだまだブレーキ下手ですが引きずったまま体向けていくとかなり楽に曲げれるのでいい感じでトレースできてます。当然強く握れば制動力も申し分ない。
オイルの減りもほぼ無いのでエア噛みも大丈夫と感じてますが。。。まだ予断はという事でもう少し様子見ますが。






最終更新日  2019.06.24 09:51:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.30
カテゴリ:ラジポン
続きです。
海外出張に合わせて入庫しました。

貸し出してもらった商品である程度借り合わせしてもらったので取り付けはスムースに行ったみたい。

頼んだ商品も無事入荷してきて^_^
ゴールドがやっぱりかっこいい^_^箱もかなり高級感が^_^
ブレンボに比べても無駄がないというかシンプルな作りです^_^

ブレーキオイルはOMEGAの697


オメガ 697 ブレーキオイル DOT4 500ml OMEGA OIL ブレーキフルード グリコール系 オイル
DOT4の熱にも強く安定性のあるブレーキフルード。色も緑で見えやすい^_^

CNCタンクも届きプロトタイプのステーなど取り付け完成。ただABSのせいなのかエアー抜きしてもしばらくするとタッチが変化するとMR Xからメールが。何度トライしてもということでした。

ただ見た目は。。。やばいめちゃカッコよくなりました。
満足感MAXです。当初からしたかったカスタム。感無量です^_^
出張から帰国後早速お店まで行って30分ほど近くの山道を試運転。

格好重視で入れたラジポンですがかなり変わりました。フロントブレーキがかけやすい。今まで結構後ろブレーキを多用していたんですが、フロントブレーキが今までよりかけやすい。微調整が出来るというか、ブレーキかけた時のグレーゾーンが広がる感じで曲がりやすい。効かないわけではなく力加減で調整が出来る感じ。いい感じでコーナーに入れる感じです。

運転していて目に入るのでかなり改造感は高いですがそれよりもブレーキ係具合がよく本当少し上手くなった感があります。
走って見ましたがなんとも問題はなく一度店でレバー位置など調整。フルードの確認もして帰宅。高速でも急ブレーキなどしましたがなにも問題なしでした。

プロトタイプのステーはこんな感じでシンプルですが剛性もありいい感じです。

バンショウもこんな感じ^_^

夜写してもラジポン光ってます^_^
自己満Maxですが最高です^_^






最終更新日  2019.05.30 23:09:52
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.29
カテゴリ:ラジポン
さて フロントラジアルポンプ 化に関してアコサットを導入することにしましたがまずは諸々の商品仕様を決める。
ポンプはブラックエディション径19x18にしました。アコサットはレバーも3タイプ。色も色々あるので自分は鍛造可倒式のロングのbタイプに決定。当然色はゴールド。

入荷してまいりました。
バンショーは

こちら。他の商品に比べて細いので目立たない。
最後にフルードタンク。もともとプラタンクにCNCのキャップにしようと思いましたが、松本エンジニアリングさんからCNCタンクにしてくれればステーをアコサットのプロトタイプあるのでつけるよと。世界に1つしかないらしく。。。弱いんだよねそういうの。。。CNCタンクにしました。



ACCOSSATO アコサット その他ハンドルパーツ CNC フルードタンク キャップカラー:ゴールド
黒タンクにゴールドキャップにしました^_^
諸々パーツは決めて出張中に作業をしてもらう^_^
機能パーツですがブレーキに手を入れました。どのようになるのか?






最終更新日  2019.05.29 14:06:31
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.28
カテゴリ:ラジポン
2019年5月28日

当ブログでも初期にやりたいことの一つとして
フロントブレーキのラジアルポンプ 化を挙げていましたが、自分のハイパーもABSが純正でついていたり、どこのお店も外車ってだけで断れてしまっていました。
動機は不純で別体タンクの方がカッコいいってだけの理由。またかなりの出費が予想され断念予定でした。
しかーし^_^ハイパーモタード乗りの仲間が数人ラジポンにした記事をTwitterやFBで挙げていましたので再熱化。。。色々聞きまくりました。

要は
1.ABSに不具合があったら即ディーラーでリセットの可能性があるので、どのように動作させないか?
2.純正からの伸びているラインの取り回しをどう逃すか?
この2点がクリアできれば良いということに。

1に関してはエアー抜きまでバッテリーを外さないで作業すれば問題ないとハイパー乗りのSC長男Y氏が教えてくれました^_^
2に関してはバンジョーアダプタ-で取り回しできる。。

これでラジポン化いけるかなと。実際はMR Xに依頼ですが^_^

さてラジポンに変更のベースはわかったので次はどこのブランドにするか?
ブレンボ
ニッシン
ゲイルスピード
ナップス行ってみたらいっぱいあります。


どれが良いのか?全くわかりません。
お店の人にも聞いたら無理ですよーって。。。
ラジポンでこの金額。。。フルードタンク ステーやお店の人はブレーキラインまで変えた方がなんて言われ10万オーバーの見積もり。。。
一瞬やっぱり辞めるかと。。。

しかしマトリス でお世話になった松本エンジニアリングさん、アコサットってブランドも取り扱っていて聞いてみると、ブレンボも作っているメーカーで後発だがかなり良い可変ポンプを採用していると。。。
MR Xと松本エンジニアリングの番頭さんと話をしてみたところ行けそうとのこと



ACCOSSATO アコサット マスターシリンダー CLラジアルブレーキマスター カラー:ブラック FZ1 FZS1000 MT-07 MT-09 YZF-R1 -06 YZF-R6
アコサットのブラックエディションシリーズ
径19x18のブレーキマスターにしました。

ハンドガードや長さ確認のためにサンプルまで貸していただいて現車で確認。ハンドガードには当たらないが純正のスタートスイッチが大きいので小さいのに変える可能性がああるが問題なし。
レバーの色も変えれるのでこれで行くことに。
バンショーもアコサットにあるとの事であとはタンクやレバーの仕様の確定^_^
これでラジポン化いける^_^






最終更新日  2019.05.28 21:30:50
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.