000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一期家一笑 ヒロシ日記。 ~下地で八百屋をやっています。ナウ!~

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

えーと。えーと。ア、アート?なんすよ。

2012年10月22日
XML

まぶしいな

 

甥っ子たちと、「 子ども造形パラダイス 」に行ってきました。

 

 これは、ほんとにすごい

 

豊橋市に住んでる方なら、ご存知の方も多いかと思うのですが、

これは、豊橋市内の小中学生がつくった作品を一同に集め、

豊橋まつりが開催される2日間にわたり、豊橋公園内で展示されるものです。

 

 信じられないです

 

ぼくは、ほとんど毎年、見学させてもらっているのですが、

いつも、子どもたちの豊な創造力には驚かされますし、素直に感動します。

 

 大迫力でした

 

ひとつひとつの作品としてもおもしろいですし、

それが一同に集まる、マスのエネルギーというのも、すごいものです。

 

 ともの作品

 

こちらは、愛娘ともちゃんの作品。

一緒には来れなかったので、甥っ子のコタ(8さい)と姪っ子のアンリ(5さい)の記念写真で。

 

 これ、すごいな

 

会場内には、ほんとうにたくさんの作品が展示されているのですが、

作品以外にも、たくさんの屋台や催し物が行われています。

 

 子ども3人

 

わたがしを食べるチビッコ3にん。

 

「 ひとりひとつもいらねーの!」

と言ってみましたが、 聞く耳を持たないいちばん年寄りのちびっこが、

3人分しっかりと購入していました。

 

 

 アンリ、たのしそやな

 

こちらは、車椅子レースでのひとコマ。

子どもたちが車椅子の体験をさせてもらうのですが、そこで風のように登場したのが、

こちらのマシーンに乗った片足のオネーさん。

 

もう、めっちゃカッコよくて、いろいろお話しを聞かせてもらいました。

こんなカッコいい車椅子は初めて見たので、いろいろ伺ってたら、子どもたちを試乗させてくれました。

 

 コタのドヤ顔

 

よかったね、コタ、アンリ。

 

普段はハンディキャップとして捉えられている車椅子に乗ってる方が、

この日、この場所では、もう、完全に、子どもたちのスターでした。

 

ちょっと視点を変えるだけで、世界は幾通りにも見えるのだなぁ、とすこし実感しました。

 

 

 すごいな

 

「固定観念」や、

「こうであるべき」、

「こうしなければいけない」、

「常識」、「先例」、

そういったもの全てがわるいものだとは思いませんが、

ここにくると、そういったものに捉われなくてもいいんだなぁ、と再確認できます。

 

 今年も楽しかった

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

明日、朝8時から放送予定の「モーニングバード」(テレビ朝日系列)、

よろしければご覧になってください。

 

じぶんは、明日、明後日と大阪に研修に行かせていただきます。

スタッフのみんな、留守のあいだは、たのんます。

 

 

 







最終更新日  2012年10月22日 16時25分35秒
コメント(4) | コメントを書く


2012年08月23日

奈良さん459

 

ヒロシ史上最強の道具、マッキーで下絵を描きまして、

 

 奈良さん460

 

色を塗っていきます。

 

 奈良さん461

 

うーむ。

 

最初の方かな。

 

 

 奈良さん462

 

背景は描いたり描かなかったりですが、今回はじぶんの部屋を、

 

 奈良さん463

 

ポチッとなー。

 

で、これを元にしましてですね。

 

 奈良さん風

 

アイフォンカバーにしてみたり、

 

 Boy meets girl?

 

オリジナルの封筒をつくってみたりしてるのです。

 

 

 

 

ヒマか!!

 

 

 

 いい笑顔です☆

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

明日は、いよいよベルカントさんの一日です。

長坂養蜂場さんのはちみつをつかった杏仁豆腐。

そりゃぁ、うまいさ。

 

 

 

 







最終更新日  2012年08月23日 18時08分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年08月13日

 ラクガキマスターt

 

仲畑貴志さんのコピーを見て、衝撃を受けました、というか、本気で笑ってしまいました。

 

 東京、カッペね。大阪、イモね。

 

「 東京、カッペね。 」

「 大阪、イモね。 」

 

どちらも1980年代に、横浜の商業施設の広告のキャッチコピーとして使用されたものです。 

 

 

こういう言葉をを考えつくひとの頭の中はどうなってるんだろう、と思いまして、本屋さんで仲畑さんの著書を探し、半日かけてじっくりと読んでみました。

 

 

 

 スケッチトラベル

 

アマゾンで注文していた、「スケッチトラベル」という作品集が届きました。

 

 スケッチトラベル絵

 

こちらは、一冊のスケッチブックに世界中のアーティストたちがスケッチを描き、それを手渡しで次のアーティストに繋いでいくというモノです。

そして、そのスケッチブックをオークションに出し、その費用でラオスに図書館を建てるという、すんばらしくユニークな作品集なのですね。

 

しかしながら、その中に参加しているアーティストというのが、これまたすごいんです。

アートに詳しくもない僕でも、知っているようなアーティストの方もたくさんいました。

 

 松本大洋

 

 

かかった年月も、4年以上。

作品集を眺めるだけで、美術館に足を運んだときのような興奮を覚えました。

 

やっぱり本は、たのしいなぁ。

と思った昼下がりでした。

 

 マイルーム

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

 

「 だって、好きなんだモン。 」

 

という理由に勝てる理屈は、たぶんないっす。

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2012年08月13日 22時01分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年07月04日

 うむ。413

 

 

 

息抜きにラクガキをすることがあります。

 

 

 img032

 

 

 

ぼくはマッキーが最強だと思っているひとなので、

マッキーをよく使います。

 

 

 魚385

 

 

絵はいいです。

 

 

 岡本太郎の『歓喜』!

 

 

お金もかかんないし、

好きなときに好きなように描けるし、

下手くそだって文句言われないし。

 

 

 img038

 

 

 

10代の頃にインドにひとり旅に行きました。

 

ぼくは英語もヒンズー語もまったく喋ることが出来ませんが、

路上で絵を描いてたら、なんとなくその辺の子どもたちと仲良くなれました。

 

 

 

 img021

 

 

好きなひとが出来たときは

飽きるほどそのひとの絵を描いたこともありました。

 

 

 

 いか421

 

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

 

 なにごとも

 はじめるのは決意ひとつで出来るから簡単です。

 しかしながら、やめるのはなかなか難しい。

                -「羊どろぼう」より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2012年07月04日 23時22分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年06月18日

無題

 

豊橋公園に親父と娘、甥っ子たちと行ってきました。

 

 無題

 

雨のあとで、緑がなんとも気持ちよかったです。

 

 無題

 

子どもらにとっては、公園は宝の山で、ぼくらでは見えなくなってしまった、いろんなものを見つけてくれます。

 

 無題

 

豊橋公園内には、豊橋美術館が併設されています。

 

 莟

 

かなりの素晴らしい貯蔵作品にたいして、利用者数が少ないために、いつも快適に作品展示を見ることができます。

ちなみに今は、「著名人の作品展」として、北野武さんやブータン国王、人気ダンスグループのイケメンボーカル・タカヒロさんらの作品が約160点も展示されています。

 

 無題

 

たまには、美術館に行くのもたのしいです。

ま、こどもたちと一緒ならどこでも楽しいんですけどね。

 

 

 篁画

 

今日も一期家一笑に来てくれてありがとうございます。

アイデアが湧いたときのワクワクする感じを、

実現するときまで繋げておくのが大切なんですよねーっ。

 

 

 

 

 







最終更新日  2012年06月18日 20時12分17秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年05月11日

松井画伯

 

豊橋が誇る画家で、世界的な評価を受ける松井守男画伯。

 

 ヤマト魂

 

今日、豊橋市役所のロビーで、新作「大和魂」のお披露目を行っていました。

 

 圧巻だろう

 

松井画伯は、じぶんの小学校の大先輩でもあり、

 

 絵の説明

 

一緒に消防団をやっている仲間の”おじさん”でもあります。

 

 スケールでかっ!

 

松井画伯は、豊橋の名産品でもある面相筆で、とてもスケールの大きな作品を描き上げます。

 

テレビの特集でその様子が映し出されたとき、その独特な手法と、気が遠くなるような地道な作業に、思わず画面に釘付けになりました。 

 

 すごない?

 

このスケールの大きさです。 

 

今回の作品「大和魂」は三部作になるそうで、松井画伯の絵の説明のなかで、

ちゃんと完成するまでに100年くらいかかると言っていました。

 

思わず小声で

「 ガウディかっ!」

と、ツッコミを入れてしまいました。

 

 市長の佐原さん

 

まさか、世界的な評価を受ける大画伯にツッコミを入れることになるとは、じぶんでも予想していませんでした。 

 

あっ、ちなみに上の写真のメガネかけてる方が、豊橋市の市長さんです。

 

 いろんな表情がね

 

松井画伯の作品は、実は豊橋の至る所で見ることができます。

 

駅前の「ホテルアークリッシュ豊橋」や「子ども未来館ココニコ」さん

下地町の料理やさん「まるた」(松井さんのご実家)にも松井さんの作品は飾られています。

 

 

こんなに身近に世界を感じられることも、そうそうないと思います。

ぜひ、いちどご覧になっていただければなぁ、と。

 

 松井守男画伯

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

えー、スタッフへ。

今日、すっごい忙しい午前中に抜け出して市役所へ行ったのは、消防団の用事で行ったんだからね。

そしたら、「たまたま」松井画伯の絵の展示をやってて、

でもって「たまたま」持ってたデジカメで記念撮影とかしたり 

「たまたま」ちょっとだけお話しさせてもらったりしたんだからね。

「たまたま」ね。

あくまで、用事は消防団の用事だからね。

そこんとこ大事にしていこうね。

 

 







最終更新日  2012年05月11日 23時24分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年05月10日

kodomo369

 

ぼく自身、意識しているわけではもちろんないのですが

「 こどもっぽい 」

と言われることがしょっちゅうあります。

 

友人や仕事仲間はもちろんのこと、

娘(9さい)や甥っ子(7さい)や姪っ子(4さい)にも

「 ともとーさんはこどもすぎるよ 」

と言われます。

 

まあ、それ自体は、良いとも悪いとも思っていなかったのですが

糸井重里さんが書いたコラムを読んで、ズキューンッと胸を打ち抜かれたような心境になりました。

 

 こども370

 

 

 それなりの年齢になっても

 「少年っぽい」と言われることは、

 心の震えが見透かされているということでもあります。

 まだまだ、誰かに「つかまり立ち」していたいんだな、

 というふうに見えてるんだと思います。

 

 ぼくは、それはほめられたことじゃないと思う。

 

 少年の活躍の場は、ひとりのときにこそ、あるんだよ。

 

 

                      『今日のダーリン』より-

 

 

 こども371

 

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

ぼくの大好きな気仙沼の斉藤さん御夫妻。

お店の斉吉商店さんのホームページが新しくなりました。

よろしければ見てみてください。

 http://www.saikichi-pro.jp/

 

明日は、西武まんじゅうの販売しまーっす。

あとね、

今は三河の魚がうまいぜよ!

 

 

 

 

 







最終更新日  2012年05月10日 21時52分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月14日

なんとなくの気晴らしに、ラクガキをすることがあります。

 

そこら辺に転がってる、チラシやプリントに失敗したPOP用紙の裏などに、

マッキーやボールペンなどで適当に描きはじめます。

 

普段はひとさまにはお見せしない、

というか、誰も見たいわけもないヒロシアートコレクション。 

 

チラリズムとご紹介。

 

 

 

 banana113

 

アンディ・ウォーホルのバナナのパロディ。

”バンナ”になってます。(天然)

 

 

 

 たらちゃん

 

冬場に大きい生鱈(たら)が入荷したときに描いたもの。

日本料理の大村屋さんに手紙と一緒に送ったら「ふぐ?」って言われました。

 

 

   こんな娘がすき

 

「3月のライオン」を読んで、いいなぁ、と思いながら描いたもの。

なんとなく、ふわふわ。

 

 太陽の塔☆うまないです?

 

雑誌で太陽の塔を見て、どーしても行きたくなってしまい、行く前にワクワクしながら描いた太陽の塔。

実物は、想像の100倍くらいかっこよかった。

 

 岡本太郎の『歓喜』☆

 

岡本太郎さんシリーズ「歓喜の鐘」。

名古屋のお寺に実物があります。

秘密だけど、特別に突かせてもらっちった。

 

 

 

 

 夫婦235

 

 

豊橋スロータウン映画祭で、周防カントクの「ダンシング・チャップリン」を観て、感化されて描いたもの。

単純思考、丸わかり。

 

 

 CUTE185

 

スタバでひとを待ってるときに描いた一枚。

描いてたら、店員さんに「うわ~、上手ですね~」とハートマーク付きで話しかけられて、ひとりほくそ笑んでました。

 

 

 

 bontoraya192

 

ご存知、ボンとらやさんの看板商品”ピレーネ”。

一期家一笑でも月にいちどだけ、特別に販売させてもらっています。

なんとなく描いて、なんとなくボンとらさんに手紙と一緒に送りましたっけ。

 

 

 

 moteki202

 

映画”モテキ”を観て(ソロ)、なんとなくの勢いで描いたもの。

なんとなくモテキっぽくないです?

 

 

というわけで、大好評のうちに幕を閉じる第1回ヒロシアートコレクション。

 

2回目はないぜよ!!

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2012年04月14日 23時12分27秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年02月19日

芸術祭おもろかったー

 

豊橋駅前などで開催されていました「現代美術展トリエンナーレinとよはし」行きました?

朝礼でスタッフに聞いてみたら、だーれも行ってなくて、ちょっともったいないぜー、なんて思ってしまいました。

 

ほんとうにすごくおもしろかったんですよ、美術展。

名豊ビルや丸栄さん、愛知大学の講堂や公会堂、豊橋美術館や豊橋公園などで開催されていました。

 

 そら豆!

 

見て、触れることができるアートがぼくはすきです。

駅前で展示されてた澤田榮三さんの「野菜たちの饗宴」は、文字通り多くの方がアートに触れていました。

 

そら豆のベンチや茄子の椅子にすわっておしゃべりしたり、たくさんの行き交う人たちが足を止めて写真を撮ったりしていました。

 

 澤田榮三さん

 

こちらが制作者の澤田さん。

このアートをはじめて見たとき、なんだかうれしくなってしまって、アトリエを訪ねさせてもらいました。

 

多くの時間を割いて、芸術のことから生い立ちまでお話ししてくださいました。

ぼくはアートのことはまるで分かりませんが、

澤田さんの作品が多くのひとが行き交う駅と言う場所で、人と人のあいだを繋ぐ架け橋のようになっていると感じました、と思いを伝えました。

 

そして、ぼくら小売業の役目も、表現方法は違えど、人と人をつなぐことだと思っています、とお話しさせていただきました。

 

その後も、何度かアトリエに伺いお話しさせてもらうなかで、展示会終了後にそら豆のベンチをお店に置いてみないか、というお話しになりました。

 

正直、思ってもみない話しでした。

ぼくは、はじめてこの作品を見たときから、これが一期家一笑にあったらどんなに楽しいだろう、と思っていましたからね。

 

それが、現実になるなんてもうほんとにうれしかったです。

 

 

 マーシーセンキュー

 

作品は重くて大きくて僕らだけではとても運べません。

下地に補永建築というステキな建築やさんがあるのですが、そこの息子・マーシーは一緒に消防団をやっている盟友です。

 

すかさず電話して

「マーシー、トラック貸して♪オレが運転できるわけないからドライバー付きで♪」

と言ったら、快くOKしてくれました。

 

で、澤田さんとマーシーと店長に手伝ってもらってお店まで運びました。

 

 ニシッシ

 

マーシー、センキュー!

めっちゃ助かりました。

 

やっぱり持つべきものは建築やの友ですな。

 

 店長

 

最初は半信半疑だった店長もすっかり気に入ってくれたようでした。

お笑い地蔵様にも似合ってるしね。

 

 happy! 001

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

わたくし明日から東京へ一週間ほど行かせていただきます。

羽村市の福島屋さんの店舗視察、

商業会ゼミナール(2泊3日の勉強会!)

容器メーカーさんの展示会

東北大震災被災地応援ファンドの説明会(東北の生産者との交流会)

などに参加させてもらってきます。 

 

しっかり勉強してきます。

スタッフのみんな、お願いします。

店長、杉浦さん、毎年行かせてくれてありがとうございます。 

 

 

 

 







最終更新日  2012年02月20日 02時12分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月26日

ふむふむ。 タンタンタンタンッタッタ♪ しぶいなおっさん 名豊ビルの杉村さんの作品 ああ、めえつむっちまった。おーい。 名豊ビル

 

&

 

店長うれしす

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。 

 

 高橋シェフ

 

明日の27日は、ベルカントさんのロールケーキやバウムクーヘンなどが限定入荷します。

ひと月にいちどだけのお楽しみ。

午後1時からの販売となっていますので、ぜひぜひ。

 

 

 

 

 

 

 

     勧誘なり。257

 http://photozou.jp/photo/photo_only/272303/119240135?size=1024

 

 

 







最終更新日  2012年01月26日 19時03分57秒
コメント(2) | コメントを書く

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.