1232848 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一期家一笑 ヒロシ日記。 ~下地で八百屋をやっています。ナウ!~

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

一期家一笑のお惣菜。

2015年02月26日
XML

写真: DSC_0761

 

こんにちは。

一期家一笑の杉浦大西洋です。

 

今日はお惣菜の新メニューをご紹介。

 

 

 写真: DSC_0759

 

まーっだ、さむい日が続きますが、

ときどき温かい日差しも差し込んだりして、春を感じられるようになってきました。

 

こちらは、そんな春を代表するお野菜、春キャベツをたっぷりとつかったお惣菜。

 

ざく切りにした春キャベツを塩昆布とごま油で和え、塩味で味付けをした唐揚げと合わせます。

 

春キャベツの軽い食感は、鶏肉との相性もバツグンです。

 

 

 写真: DSC_0760

 

こちらはさむい日に特にうれしいもつの土手煮。

 

クツクツと煮込んだもつはとてもやわらかく、ごはんにかけてもおいしく召し上がれます。

 

 

ぼくは一味唐辛子をたっぷりとかけるのが好き。

 

 

 写真: DSC_0758

 

こちらはバンブーベジさんの聖護院だいこんを、白醤油とおだしであっさりと炊き上げたもの。

 

聖護院だいこんは味染みがよく、とてもやわらかく煮えあがります。

 

菜の花のほろ苦さもアクセントに加えたりしています。

 

 写真: DSC_0768

 

今日はあいにくの雨でしたが、

お惣菜コーナーの彩は晴れやかでした。

 

 

スタッフの盛り付けとか、どんどん美しくなっていて、

お惣菜を並べるのが楽しかったりします。

 

 写真: DSC_0771

 

あたたかくなってくると、おなかもすくのでお弁当もよく出るようになってきます。

 

ご予約も承っていますので、どうぞご利用ください。

 

 

 DSC_0764

 

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

 

昨夜、豊橋市長さんと豊橋の魅力についての対談会に参加させていただきました。

一緒に参加してくれたDOEE(豊橋の地元アイドルさんです)のメンバーの子に、

「うわ~、ほんものの杉浦さんだ~♡」

と言われて、当然のごとく舞い上がりました。

 

帰ってから嫁さんに話したら、

当然のごとく無視されました。

 

ま、予想通りでしたけどね!

 

クリオネ、初入荷しました。

よかったら、見にきてねーっ。

 

 

 

 

 







最終更新日  2015年02月26日 18時08分54秒
コメント(2) | コメントを書く


2015年02月04日

写真: DSC_0622

 

今年の節分は、スタッフがほんとにがんばってくれました。

 

 

 写真: DSC_0635

 

前日の仕込みから、予約の確認、

 

 写真: DSC_0634

 

当日の売り場作りまで、やる気が売場に表れていました。

 

 写真: DSC_0630

 

恵方巻きは、予定よりも多くつくったのにもかかわらず、

午後6時ごろには売り場が空っぽになってしまいました。

 

 

 写真: DSC_0627

 

鰹と昆布でていねいにひいたお出汁でつくった茶碗蒸し。

 

いつもよりも多くのお客様が手に取ってくださいました。

 

 写真: DSC_0640

 

こちらは今年のヒットだった、節分丸ごとそば。

 

みうらや製麺さんにつくっていただいたおいしいおそばに、 

自家製のあたたかいそばつゆをかけて召し上がっていただきます。

 

 

 写真: DSC_0637

 

お弁当には福豆を入れさせていただき、

丼ものも、好調な売れ行きでした。

 

 

 写真: DSC_0646

 

 

北海道産の特大いわしの塩焼きは、午前中に焼いた分はすぐに売れてしまい、

午後からもたくさん追加して焼かせていただきました。

 

自家製のいわしハンバーグも好評でした。

 

 

また、スタッフミーティングをして、

つぎのお店づくりにいかしていきます。

 

 

ご来店くださったお客様、

がんばりすぎっていうくらい、がんばってくれたスタッフ、

ありがとさまです。

 

 

 写真: DSC_0652

 

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

 

店長とJAさんの展示会に行ってきました。

 

おもしろーい出会いがたくさんあったのですよ、これが。

 

 







最終更新日  2015年02月04日 19時52分47秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年02月02日

DSC_0669

 

きのうの日曜日、ちびまる子ちゃんとサザエさんを息子(10カ月、かわいい)と見ていたら、

節分の内容の回をやっていて、 ちゃんとしてるなぁ、なんて思ってしまいました。

 

 

スーパーマーケットでも、季節の行事は年々重要になってきて、

土用の丑やクリスマスなど、一大イベントとなっています。

 

 

 DSC_0667

 

 

冬から春へとかわる分かれめ、節分も、今では欠かせない行事となりました。

 

豆まきは昔からどの家庭でもやっていたように思いますが、

恵方巻きが10年ほど前から日本全国に広まり、

節分そば、節分ロールケーキ、

今年は節分豆汁なんてのも小売業では提案していたりします。

 

 

 

 写真: DSC_0668

 

今日明日は、お店でヒイラギの葉を、無料でお配りさせていただいています。

 

いわしの頭といっしょに玄関に飾ると、鬼がはいってこないと言われています。

 

節分いわしも、いろいろな種類をご用意させていただきますので、どうぞご利用くださいませ。

 

 

 

 写真: DSC_0666

 

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

 

今日は、スタッフみんなが、明日の準備を必死にやってくれていました。

 

ご予約は締め切らせていただきましたが、明日は店頭にもたくさんの笑方巻をご用意させていただきます。

 

お気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

 

 







最終更新日  2015年02月02日 19時49分31秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年01月30日

 

 写真: DSC_0639

 

 

コックのかけだしの頃、本やさんへ行って、有名シェフの料理本をよーっく立ち読みしていました。

 

今ではテレビで見かけることのほうが多い、ラベットラの落合務シェフ。

 

落合シェフの料理本は写真がおおきくてとても見やすく、

腕も知識もないじぶんでも、とても読みやすくて、何冊も読ませていただきました。

 

そんな落合シェフがある本のなかで言っていたこと。

 

 写真: DSC_0622

 

「料理人として一番大事なことは、良い素材を見極めること。素材で7割は決まるね。」

 

と。

 

 

レストランのシェフのような技術がないぼくらでは、9割が素材の力で決まると言っても過言ではないように思います。

 

 

 写真: DSC_0634

 

トマトが丸ごと入ったカレーも、ほぼ素材の味だけのマリネも、

 

 

 写真: DSC_0625

 

 

三河錦爽鶏の生揚げしょう油焼きも、

 

 写真: DSC_0629

 

二度揚げ仕上げのから揚げも、

 

基本的には素材の味を最大限生かすよう、

ごくごくシンプルな調味料で、

なるべく手を加えずに調理しています。

 

 

 写真: DSC_0630

 

 

この写真のお惣菜のように、魚の黒酢ソースの魚や、

アジの南蛮漬けの小あじなどは、鮮魚コーナーで販売していますし、

 

トマトとスナップエンドウのマリネのお野菜も、青果コーナーで販売させていただいています。

 

 

なのですが、もうちょっと売り場に関連性を持たせたいなぁ、と思いまして、

 

 

 

写真: DSC_0641

 

 

一部のお野菜などを、お惣菜のサラダコーナーの場所でも販売させていただくことになりました。

 

これからシーズン本番を迎えるスナップエンドウなんかは、 

ほんとに茹でただけでも抜群のおいしさですし、

日本全国でスナップエンドウは育てていますが、

じぶんの感覚では豊橋産のものはバツグンです。

 

 

お惣菜コーナーは、生鮮食品の味見、という意味合いも持っています。

 

そんなことを、自然なかたちでお客様に感じていただけるよう、

売り場や売り方、見せ方を工夫していくのも、

八百屋のひそかな楽しみのひとつだったりするのです。

 

 

 

 

 写真: DSC_0643

 

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

 

師匠から教えていただいた言葉です。

 

 

「 お買い得品をあさる行為は国民的な娯楽であり、

  一個人としてのわたしも、この楽しみを放棄するつもりはない。

  しかし、ものを買う行為になんらかの結果が伴うということをわきまえれば、

  そこから変革がはじまる。」

 

 







最終更新日  2015年01月30日 16時15分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年01月16日

写真: DSC_0615

 

一期家一笑のお惣菜、煮物や和惣菜をご紹介することが多いのですが、

天ぷらやフライなどの揚げ物も、お惣菜のなかで重要な位置づけと考えています。

 

こちらの上の写真は本日のイチオシ。

 

浜名湖産の生かきをつかったカキフライです。

 

 

今の時期、生かきは旬でして、広島や岡山、そして浜名湖などのものが入荷します。

そのなかでも浜名湖のものは魚市場でも、一期家一笑の鮮魚売り場でも別格のものして扱われています。

 

そのちがいは、あれこれ説明するよりも、食べたら分かる、という感じです。

 

 

ちなみに浜名湖のかき、割とお値段もしっかりするので、この生カキフライで1粒100円というのは、かなーりお値打ちだと思います。

 

 写真: DSC_0617

 

そして、節分も近づいてまいりましたので、節分にむけての「イワシフライ」も今の時期のおすすめです。

 

魚市場でお値打ちな生いわしが手に入るときは、生のいわしを、それ以外のときは冷凍の生イワシをを使用するときもあります。 

 

最後にふりかける、青のりの風味がイワシの脂とよく合います。

 

 

 

 写真: DSC_0619

 

こちらは大ぶりのちくわのなかにカニカマを挟み、焼き海苔で巻いて天ぷらに仕立てた

その名も「節分ちくわ恵方揚げ」。 

 

こういう手間のかかることを、黙々と実践していってくれるスタッフがいることが、ありがたいです。

 

 

ちなみに、一期家一笑の揚げ物に使わせていただいている油は、

オーストラリア産の菜種を搾っただけのキャノーラ油です。

 

油については、やれシリコンがいけない、溶媒抽出法がいけないとか、トランス脂肪酸は、とか

いろいろ言ったり書いたり発信したりしているひとがいるので、それはそれでいいのですが、

 

ぼくらは、これがいちばんおいしくて気持ちよく使えるから、という理由で、

遺伝子組み換えでない菜種を使い低温圧搾法で作られたキャノーラ油を使わせていただいています。

 

 

 写真: DSC_0620

 

そして、一期家一笑の店頭には、大きな電子イオン水のタンクがありまして、このタンクを通った水が電子イオン水となってお客様にご利用していただいているのですが、

実はお惣菜で使うキャノーラ油も、この電子イオンのタンクを通して電子チャージをかけています。

 

その電子チャージをかけたキャノーラ油が、屋根裏に通したパイプを通って、お惣菜コーナーに設置した蛇口までくるようになっているのですね。

 

これは、今まであんまり、ちゃんと説明したこともなかったのですが、同業者の方とかが見ると、ときどき驚いて帰られることもあります。

 

 

 

 写真: DSC_0539

 

そんなわけで、バンブーベジ北川さんの、おいしいあきひめ苺が入荷するようになりました。

 

しっかりとしたイチゴの香りを楽しめる、今の時期だけのおすすめです。

 

お値段も、もうちょっと高くてもいいのに~、とぼくなんかは思ってしまうような価格での販売となっていますので、店頭でみかけた際にはぜひぜひ。

 

 写真: DSC_0621

 

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

 

子育てと食材選びは、ちょっと似ているところがあります。

善意のひとたちが、ありがたいアドバイスをたくさんくれたりします。

 

ぜんぶを聞いていたら、たぶんじぶんがしんどいので、

「 わたしはこれを選びます!ウフッ♡ 」

なんて、笑っていえるのがいいんじゃないのかなぁ。

 

 

 

 







最終更新日  2015年01月16日 20時12分31秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年12月09日

 

 写真: DSC_0401

 

 

「 トマトとオレンジのはちみつレモンマリネ 」をつくります。

 

名前、ながいですね。

 

 

まずは、材料を用意。

 

 

今回は、 

 

 写真: DSC_0400

 

・石黒さんの桃太郎トマト (近所で採れました)

・ミニトマト (渥美半島産)

・レモン (三重県御浜町)

・オレンジ (カリフォルニア)

・パプリカ (韓国産)

・バジル (豊橋産)

・長坂養蜂場さんの二代目のはちみつ

 

を、主な材料として使わせていただきました。

 

 

 写真: DSC_0407

 

材料をひとくち大にカットします。

 

トマトやパプリカは、すこし大き目のほうが見栄えもしますし、よろしいかと。

オレンジは皮をむいて、レモンは厚めのいちょう切りにします。

 

フレッシュのバジルが手に入れば、トマトやオレンジとの相性が良いので、おすすめです。

バジルは包丁を使わずに、手でちぎって入れます。

 

 写真: DSC_0404

 

ボウルに調味液をつくります。

 

リンゴ酢、はちみつ、オリーブオイル、砂糖、塩、レモンの絞り汁、

お好みのハーブをボウルに入れ、トロリと乳化するまでよーく混ぜます。

 

普段はマリネ液をつくるとき、酢の酸味をやわらげるために水を同量程度加えるのですが、

トマトから水分がたくさん出てくるので、このレシピでは水は入れません。

 

 

味付けはお好みですが、酸味がすこしきつく感じるくらいのほうが、マリネしたときにちょうどよくなると思います。

 

塩を入れるのは、全体をひきしめるため。

あんこを炊くときに塩を入れるのとおんなじです。

 

 

 写真: DSC_0409

 

 

 

あとは、切り分けた材料としっかり混ぜ合わせ、一晩おけば完成です。

トマトの水分が出てきて、それはおいしいマリネの出来上がりです。

 

 

ほんとは暑い時期のほうが似合うレシピですが、三重県御浜町のおいしいレモンと、地元の石黒さんのトマトがお値打ちに入荷していますので、お惣菜のメニューに加えさせていただきました。

 

バジルが無ければ大葉でも良いですし、オレンジの代わりにみかんだってOKです。

あまりきっちりと考えずに、気軽につくっていただければ、と。

 

 

 

トマト好きな方にもぜひ食べていただきたい一品でーっす。

 

 

 

 写真: DSC_0379

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

今日はちょっと早起きして、市場に行く前に、寅さんの格言集を読みました。

 

「 お前さんね、大事な話しをしているときに、理屈を言うんじゃないよ、理屈を! 」

 

 

 

ひとは、理屈では動かないんですよねー。

って、じぶんもですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2014年12月09日 18時11分16秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年05月09日

写真: IMG_2964

 

初夏のお野菜がおいしくなってきました。

今、なんといってもおススメなのは、新じゃがをつかったお料理です。

 

一期家一笑のお惣菜では、この時期になると、新じゃがとお肉を炊きあわせた、

「新じゃがの揚げ煮」が登場します。

 

水分が多く、ほくほくした食感の新じゃがを、いちど揚げることによって、コクと旨味を引き立たせます。

 

今日は牛肉と炊き合わせましたが、明日は錦総鶏と炊き合わせたものが登場します。

 

 

 写真: IMG_2965

 

こちらも新じゃがをつかった人気のお惣菜。

「新じゃがのジャーマンポテト」です。

 

新たまねぎと、長野県産のポークウインナーをオリーブオイルで炒め、

そこに固めに茹でた新じゃがを加えます。

 

ローズマリーやオレガノなどのドライハーブを加え、岩塩とブラックペッパーで少し強めに味を調えます。

250度に熱したオーブンで、こんがりとした焼き目が付くまで焼いたら完成です。

 

こちらもオーブンで焼き上げることによって、新じゃがの水分が適度に抜けて、そこにウインナーの旨味が加わり、グッとおいしくなります。

 

 

 写真: IMG_2962

 

こちらは、レモンの風味がさわやかな「初恋レモンむすび」。

河合果樹園さんの無農薬レモンと、地元大村産の大葉、愛知県産のしらすをたっぷりとつかったおむすびです。

 

しばらく作っていなかったのですが、森井ユカさんの「おいしいご当地スーパーマーケット」という本に取り上げてもらったことがうれしくて、最近復活しました。

 

 写真: IMG_2966

 

こちらは夏季限定で販売する「和三盆で仕上げたわらび餅」。

 

きなこをたーっぷりとまぶし、お店で切り分けて販売させていただいています。

 

ちなみにPOPに使わせてもらっているのは、天国のひいばあちゃんで、

今でも大好きで、大切にしている写真を使わせてもらっています。

 

 写真: IMG_2963

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

ガーデンガーデンさんのステキなカーネーションが入荷しています。

母の日の似顔絵ケーキの当選者の方も決定しました。

母の日、たのしみましょう。

 

 







最終更新日  2013年05月09日 19時22分32秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年03月09日

写真: P3090031

 

一期家一笑では、毎週土曜日に、

自家製てづくり餃子の焼き立て販売をさせていただいています。

 

 

 写真: P3090011

 

この餃子は、ぼくがお店にはいるはるか前、なんと40年も前から作り続けています。

 

もちろんそのなかで、作り方などはマイナーチェンジを繰り返し、

今の作り方のベースは、一期家マネージャーの杉浦さんが、

浜松市で評判の餃子屋さんに弟子入りして、教わったものがベースとなっています。

 

土曜日に限定で販売するので、中に入れる”タネ”は前日の金曜日の午後から仕込みます。

 

 写真: P3090006

 

まずは、来夢ポークと牛肉を合わせてミンチにするところから、はじまります。 

そして、店長が市場で仕入れてきた、国産のにんにくやニラ、

キャベツなどを手で刻みます。

 

地元小田商店さんの醤油をベースに味付けし、

あとはよーく練って、タネの出来上がりです。

 

ここまでで、ベテランの熟練スタッフでも半日作業となります。

 

 

 写真: P3090025

 

そして、土曜日の本番をむかえ、お客様の前で、

ひとつひとつていねいに包みながら、餃子専用の焼き器で焼き立て販売していきます。

 

 

で。

 

 写真: P3090020

 

どこで聞きつけたのか、名古屋テレビさんが、餃子特集を組むことになって、

一期家一笑の餃子もテレビ取材を受けさせていただくことになりました。

 

 写真: P3090023

 

今までも、いろんな取材を受けさせていただきましたが、

【餃子】だけに絞って、というのははじめてでしたし、

ぼくらにとっても、ちょっとうれしい意外な出来事でした。

 

そして、こうして取材をしてくださったおかげで、

僕自身も、一期家の餃子のルーツなどを改めてみんなに聞いて回りました。

 

やっぱり、知ってるようで、なにも知っていませんでした。

 

なんでも知ったかぶりは、おもしろくないですね。

本日ご来店くださったお客様にスタッフ、そして名古屋テレビさん、ありがとうございました。

 

 

 

 写真: P3090021

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

本日の模様は、

3月13日(水曜日)午後6時15分ごろからの「UP!」(名古屋テレビ系列)で

放送予定です。

お時間の都合つく方は、ご覧いただければうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 写真: 義援金お知らせ

 

お客様からいただいたお気持ちを、宮城県気仙沼市に贈らせていただきました。

もうすぐ東北の震災からまる2年です。

 

それぞれの場所でできることを。

なるべく、笑顔でね。

 

 

 

 







最終更新日  2013年03月09日 16時55分34秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年03月02日

写真: P3020015

 

ひな祭りのお寿司、今年は例年以上に華やかに出揃いました。

 

 写真: P3020028

 

ご予約もたくさん頂いた、3~4人前の【ひなちらし寿司】。

海老やまぐろ、いくらに出し巻き玉子など、おススメのネタをた~っぷりとのっけさせていただきました。

 

 写真: P3020020

 

こちらは、自家製のあさりの生姜煮をたっぷりとつかった、【あさりと菜の花のちらし寿司】。

渥美半島は全国的にもあさりの名産地として名高い地域です。

 

旬の菜の花と、春の味覚を味わっていただきたい一品です。

 

 写真: P3020027

 

ひな祭り限定の【手まり寿司】。

ちょっと手間のかかるお寿司なので、ひな祭りの日だけの限定で作らせていただいています。

 

今日は出すそばから売れていってしまい、午前中だけで用意した容器の在庫も尽きてしまい、ありがたく完売してしまいました。

 

 写真: P3020029

 

そして、こちらが本日一番人気、魚屋さんの生ネタをたっぷりとつかった【魚屋のちらし寿司】です。

こちらも、予想以上の売れ行きで、ちょっとうれしい誤算でした。

お買い上げくださったお客様の声を聞いて、内容によっては改善しながら定番化しようと思っています。

 

 写真: P3020022

 

今日はひな祭りのご予約注文以外にも、お弁当の注文をたくさんいただきました。

 

数年前だったら、人数を増やして、早出してもらって、というくらいだったのに、

今日はスタッフがほんとうにしっかりとやってくれて、人数を増やすこともなく、

ちゃんと時間通りにお客様にお届けすることができました。

 

何日か前に、スタッフのひとりに、

「すごいじゃん。仕事はやくなったねー。」

と言ったら、

「杉浦くん!何年やっとると思っとるの!10年だよ10年!そりゃ、早くもなるって!」

と、逆に叱られてしまいました。

 

そうだよね。

ぼくがみんなのこと、知らなさすぎるだけかも、だね。

 

どうぞ、これからも、よろしく頼んます。

 

 

 

 写真: タニタのプリン

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

体脂肪計タニタ食堂のプリン。

いよいよ月曜日から、販売はじまりです。

 

 

 

  

●一期家一笑(いちごやいちえ)

営業時間:10時~20時 

定休日:日曜日

住所:愛知県豊橋市下地町境田67-3

電話:0532-52-9657

 

 ガイア380








最終更新日  2013年03月02日 16時39分28秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年02月01日

P2010007 (1)

 

いっつもおんなじこと言ってしまうのですが、

あっという間に1月も過ぎ去り、

イベント盛りだくさんな2月がやってまいりました。

 

明日は節分前日ということで、

一期家一笑では節分笑方巻モード全開でいかせていただきます。

 

 P2010004

 

海鮮巻や鉄火巻に使わせていただく、

鮨屋の上マグロや、ノルウェイ産のアトランティックサーモン。

 

 P2010008 (1)

 

POPづくりに、配置の確認、

 

 P2010003 (1)

 

トレーの蓋に、オリジナルのステッカーを貼ったりもします。

 

 P2010001

 

鬼除けといわれているヒイラギの葉や、

節分福いわし、七福茶碗蒸しなどもご用意させていただきますので、

どうぞお楽しみに。

 

 P2010002

 

今日も一期家一笑にきてくれてありがとうございます。

明日はボンとらやさんの恵方ロールや

みうらや製麺さんの節分そばも入荷します。

こちらもお楽しみに。

 

 







最終更新日  2013年02月01日 17時36分26秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.