249483 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「のあ いちい」サイト

PR

Profile


箱ちゃん127

Freepage List

Free Space

2019/05/13
XML
カテゴリ:宇宙人


Miriam Delicado says:

One day, the world will know the truth that UFOs and extraterrestrials are real.
I long for that day, when I will no longer be ridiculed and harassed.




カナダ生まれの彼女は、

幼い時にUFOや人間と違っている知的生命体に出遭う経験をし、

成人してからも、ふたたびETの種に出遭ってしまった!



彼女の父は、Russian Psychic Armyだったのか。

彼女にも超能力がそなわっていたのか。



今日、日本でも過去にUFOや人間と違っている知的生命体に出遭う経験をしたり、

アブダクションを経験し、病院で体のある部分からチップ(インプラント)を取り出してもらった経験をしている人が実在する。


単に空飛ぶ物体(UFO)を目撃したという人は、この国にも多数いるが、それらの形状や大きさは様ざまだ。


しかし、その物体に乗り、どこどこの星まで行ってきたとなれば、この国では限られてくる。



さらに、その後ずっと彼らの種とコンタクトがつづいている人は、少数になると思われる。



ただ、その体験をずっと心に秘めて苦しんできた人が実在することも現実だ。

「話したら、頭がおかしいと思われる」と。そして、それは夢だったと自らに言い聞かせて。



だから、ほんとうは、そうした人がどれくらい実在するか不明だが、

私が知っている人だけでも複数実在する。



現実問題、この国では見えない箝口令が敷かれていて、

正式な形では公表しないことになっている。



それで、仮に誰だれが何々星へ行ってきた、とか聞いても、

「嘘だろう」ということになる。というか、そういうことにしておく。

そのため、いつまでたっても、作り話だと思っている人もいると思う。


そこで、

Miriam Delicadoの冒頭の発言が、今日に至っても、とても重いものになる。

彼女は、著書とビデオ媒体でその情報を世界に向け発信しつづけている!


「ある日、世界は、UFOと地球外生物が本物であるという事実を知るだろう。
そうなれば、もう私は嘲笑されたり攻撃されることはなくなるだろう。
私はその日を待ち望んでいる」


☆世界の向こう◆Welcome! REIWAの風







Last updated  2019/05/13 10:15:19 PM
コメント(0) | コメントを書く

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.