273618 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

なりゆき散策日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


みみ☆19さん

痩せたいけど食べるの大好きだから無理

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
海外旅行  エンタメ  お菓子作り  読書 

Calendar

Archives

2017/03
2017/02
2017/01
2016/12
2016/11

Category

Comments

ウィキッド@ Re:ウィキッド まだこのブログ残ってるんだね。毎日楽しみ…
tama@ 残念~  はじめまして。名古屋人です。大変でし…
ウィキ好き@ 2chからきました 私も少し前に、関西から名古屋に遠征に行…
ムーン@ Re:名古屋までいってみたウィキッド(03/21) 名古屋出身のウィキッド好きなものです。 …
みみ☆19@ rose_chocolatさん 携帯電話の普及まで時間を守ったりきちん…

Rakuten Card

Headline News

2011/01/06
XML
テーマ:DVD映画鑑賞(8500)
カテゴリ:映画  洋画
名作としてこの作品をあげる人も多いですね。   
 【送料無料】 BD/洋画/ショーシャンクの空に (廉価版) (Blu-ray)/CWBA-C2675
公開当時は、たぶん気にもしなかったので宣伝がよわかったのか
他の作品の方が話題になっていたのでしょう。
95年度のアカデミー賞7部門というのが、名作という偉大な作品の評価です。

 若くして銀行の副頭取までのぼりつめた男(アンディ・デュフレーン)が
妻と浮気相手のプロゴルファーを殺害したと陪審員の前で
証言するところからスタートします。
「ですから、銃は川に投げ捨てました。酔っぱらって
寝てしまいました」

 「銃はでてこない、犯行現場にあなたの靴あとが残る
どう説明すれば…」
 
 状況証拠だけで妻と間男殺しの殺人犯としてショーシャンクの刑務所に
護送されます。無期懲役って社会に戻れるのか絶望に苦悩するアンディ。

 この場では誤認逮捕なのか冤罪なのかわかりません。
終身刑としての閉ざされた日常。

 たまに繰り返される終身刑の面談。
「更生したといいきれるか?」何度しても同じこと。
反省したと口からでても仮釈放にはならない。
長い刑務所生活で調達屋として人望もあついエリス・ボイド・レッド・レディング
(モーガン・フリーマン)。
このレッドとアンディの短い会話でお互いの人間性が
たとえ罪を実生活の描写がなくても理解できる。

 この原作は犯す前スティーンヴン・キングで、刑務所への見学もなく
   
【中古】afb【古本】スタンド・バイ・ミー/スティーヴン・キング

伝え聞いたイマジネーションで創作したというではないですか。
ありえないというシーンもありますが、閉鎖的な場所であるから
きっとこんなものだと感じます。
たとえ死刑執行の場が公開されても、たいていの人は
自分に縁がある場所とは感じていない、興味ももたない。
そして、自分がかかわる万分の一となったとき
やっと気がついて我に返るのだと思う。
光のみえない出口のないトンネルのなかで生活する。
進んでいるのか希望がるのか、絶望のままここにいればいいのか
それは誰にも判断できない。

 たいていの人間は、人生のある瞬間の選択をまちがえて
その場所にやってくる。そこからは人間として扱われない
人間性を否定することばかりが時間との戦いで並行して
行われる。

 みていて、簡単に窃盗やら殺人をしてしまう日常の人間に
みせたいと思った。罪をつぐなう、社会から抹消されるという
世界を自分だけでなく周囲にも考えてほしいと思った。

 若い年代にみて受け止めてほしいと思いました。
犯した罪には償う義務があること。
自分もなくして失うものが多い。
おろかだったと気がつくののが、刑務所ではもう遅いこと。
時間の経過をすごすには、刑務所はあまりに人間性を破壊し
希望をなくす場所であるということ。

 希望をなくした方がいいのか、少しでも希望をもって
毎日すごすべきなのか。

 本当の真犯人がいると新入りから聞いてから、アンディは
冤罪の証明ができると未来に明るい期待をよせるのだが、
あまりに刑務所の中を知りすぎていたために所長から汚い
仕打ちをうける。

 そしてあることを決行して社会に現実を暴露する。アンディがひとりで
おこなったとはいえ信念の堅い人間的に強いゆるぎないものを
もっていると感じました。

 演じたティム・ロビンスの老け方も裸眼からメガネへと変化したりと
「うまいなぁ」と感じました。モーガン・フリーマンに関しては
仮釈放になってスーパーのレジをしているときに
「トイレいいですか?」と聞いてから席をはずすのに
「許可はとらなくていいから」と店のスタッスにいわれたとき
「長年、誰かに許可を得てからトイレにいく癖がぬけない」というシーンと
アンディと再会を約束した丘でアンディが隠した手紙を探し出す時に
誰も周囲にいないのに視線をたえず気にしているシーンが
「うまい」と思いました。たえず身に着いた癖をさらっと計算しながら
演技しているのだろうけど自然でとてもうまい役者さんですね。


 レッドの仲間役でダイハード2やロズウェル 星の恋人たちにでていた
ヘイウッド役で(ウィリアム・サドラー) がでていて、やはりいい味だしてました。

 この映画にブラッド・ピットもでる予定だったとは。これはこれで適役だと
思いました。ブラピがでていたら女性の同情票があつまってもっと
当時話題になったかもしれません。男くさい映画としては完成度の高い
ものだと思います。

 人間の本質の強さを感じる作品です。
悪への誘惑にかられそうになったとき、楽な方向へと
逃げ出したくなった時、この作品をみると矯正されるような
気がします。

  
【ポイント10倍】【DVD】インビクタス/負けざる者たちモーガン・フリーマン/マット・デイモン 【ポイント倍付0105】 [WTBY-26279]


   
新品【ユーパラ特価】 DVD洋画 ダイ・ハード2(FOX) 【70%OFF】 






Last updated  2011/01/06 10:46:27 PM
[映画  洋画] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.