455300 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Eternal Flame of The Universe

音楽で癒される

 音楽にいわゆる癒しの効果があるのは周知の事実だが、知識先行で本当に効果があるのかどうか疑っている人もいるかと思う。
 正直言って、ここ9ヶ月ほどまともに音楽を聴いてない。聞くのは鳥の声と波の音、川のせせらぎだけだった。
 もともとがROCK畑の人間だから、これには相当参った。自分が相当病んで神経がもたないのも分かった。そんな時は良い音楽とそうでないもの、言い換えれば好きなものと嫌いなものがより明確になっているのに気づくのだ。
 街の喧噪にもうんざりだし、だいたい日本はなんでこんなにノイズの押し売りが多いんだろうか?。都会はもとより私の住む田舎もそうだ。好きでもないものの過剰サービスは迷惑このうえない(特にスーパー等はうるさいぞ!)。
 Americaに行ってた時に、このことはつくづく感じた。ほとんど日本のような押し売り音楽サービスがないのである。
 これは、条例によるノイズ規制の現れか?あるいは、顧客にいい気分で買い物をしてもらうための戦略か?いずれにしても静かなのは良いことである。
 誤解のないように言っておくが、音楽を本当に解する国では、国民各層にこうした気配りの精神が行き渡っているように思う。一言で言えば、PUBLICとPRIVATEの概念を意識しているか否か?ということに言及する。
 私が思うに日本には、それがないんじゃないか?それが、好きな人には音楽でも、嫌いな人にとっては、ただのノイズだ。もっと、こういったPUBLICの意識を深く理解し敷衍させるのが、本当の意味でのINTERNATIONAL MUSICIANSの努めであると思うが......。
 



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.