455436 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Eternal Flame of The Universe

Blues~語法

 Bluesと言えば、現代のElectric Bluesをはじめ様々なスタイルのものが存在する。
 Jazzでさえも、Blues様式からの引用があってこそ初めて、現在の形があることを忘れてはならないだろう。
 音楽も言語も共通の様式を持っている。それは、人のしゃべり方に似ているかもしれない。しゃべり方のニュアンスやアクセント、時折見せる小粋なウィットなどである。
 一方、音楽もジャンルと演奏者によって語法が大きくことなる。Musician同士の「俺は、こうやるぜ」「私はこうよ」と、いった感じが会話とまったく同じことに気づく。
 始まりは一つだったが、今では枝分かれして無数のジャンルに成長した。それを一聴した限りでは、起源が同じとは思えないものもある。
 さて、Bluesの根源的な魅力とは、原始的な逞しさと素朴さなのかもしれない。私は、Country BluesスタイルのGuitarの弾き語りが大好きである。だが、一見素朴だがやってみると独特の語法があって、なかなか一筋ならではいかないものだ。
 言語が異なれば、そのニュアンスが違うように、音楽も同様に語法が異なる。
 最終的には、聞いてそれを気に入るかどうかだが、われわれ演奏者の耳とリスナーの耳では同じものを聞いても反応がちょっと違うようだ。
 それは、われわれには、音楽の細部まで聞こえてしまうが、一般リスナーはそうでないからかもしれない。
 いずれにしても、この大いなる遺産を演奏するなり聞くなりして楽しみたいものだ。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.