456463 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Eternal Flame of The Universe

歌唱法

 私のごく初期の歌い方は、Classic Styleのベルカント唱法だった。
 これは、学校で教えてくれた初めての歌い方だったので、100%身につけたが、なぜか他の曲には全く合わなかった。
 そのうちに、Rockをやるようになったが、歌い方を変えるきっかけがなかった。それで、ああ、俺はGuitarだけでもいいやと思い始めたのである。
 それは、Classic StyleをMasterしすぎたため、そこからどうやれば、Rockのような歌い方にできるのか皆目見当もつかなかったからだ。
 そこである日、地声でなるべくのどを開いて声を出してみたが、どういう訳かぜんぜん声が出ないのであった。
 そこで、Exerciseを取り入れて体中を鍛えることによる声の改造計画を思い立った。特に胸郭と腹筋は、力を入れてやった。おかげで半年ほどのうちに地声で4octave出るようになっていた。
 その結果、カラオケが歌えなくなった。というのもKeyが低すぎて歌えないのだ。
 いまは、男マライア キャリーとか言われている。または、超音波Guy。
 Wifeなどは、ソプラノGuyなどと私を呼ぶのだ。
 全く何のこっちゃである。
 でも、曲によると本物より俺の方が上手いなと思うのもいくつかある。
 まあー、とにかくKeyは高くないと歌えないよ!


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.