453227 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Eternal Flame of The Universe

Texture

 質感や手触りということなんですが、とても大切のことです。
 こういう繊細なことに気を配らずにいては良いものはできません。
すべてのArtについて言えることだと思います。ましてや、音楽は、心の琴線に直接触れるものですから細心の注意を払ってやるべきです。
 melodyを弾く音の質感からharmonyを奏でるときの質感、こういったものを肌で感じなければいけないでしょうね。
 それを把握した上で、物語の進行に会った音選びをするんですよ。Tonesやmelodyは、曲構成にあったものが必然的に弾かれなくてはなりません。
 音色の選択も作曲の一つなんですよ。
この場面ではこう言う音を出したいと意図的に音色を操ること。
Call&Respondが、曲を盛り上げもするしダメにもします。
 こういうことは、気の会う仲間と十分に練習して身につけましょう。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.