000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Eternal Flame of The Universe

Trainingにおける負荷とは何か?

 少々荒っぽいが、Trainingをやっていてきついと感じる基準を負荷と考えていいだろう。
 下記のようなときにそう感じるだろう。
 まず、1レップあたりの重量が重くなるとき。次に1セット後の休息時間が短いときなどである。きつくする方法はまだあるが、あえてここでは紹介しない。
 そもそも人間の身体は、外部からかかる負荷に対抗しようという力が働く。その結果が筋肉の鎧を纏ったBody Builderのように身体の機能と見た目の変化として表れるのだ。
 よって、Training、休息、回復のProcessを各個人の能力に合わせて段階的にあげていば、かなりの確率で基本的身体能力が増大するはずである。
 しかしながら、人間の身体はいつしかプラトー(停滞期)が訪れるので、これを打破しないことには、一定の強化を目標どおりに達成することは困難だ。
 それには、一定の間隔でTraining Menuを変えていくことで対応できる。いつまでも同じセットとレップでTrainingをしないことが涵養だ
 せいぜい3ヶ月で内容を変えると良いだろう。ということは、1年間で4分割のTrainingのパターンができることになる。
 年間を通して、成長期、維持期にあわせたやり方でConditionを調整するのだ。
 やり方さえ間違わなければ、安全な方法でカッコいい身体もGetできるってもんだ。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.