銀河鈍行鉄道イダテン号

フリーページ

銀河鈍行鉄道イダテン号のバナー



アクセス数


アクセス数 (続き)


「Kindle」 特集 ‐[by Rakuten]‐


【楽天トラベル】‐ 全国 ‐ 注目ホテル


[楽天トラベル]‐ 高速バス予約


楽天市場 乾パン


海水浴・プール用品 ‐ アイドルDVDソフト





楽天市場 オススメ商品


注目商品


・ [楽天市場] ピラミッド


楽天市場 インテリア自慢


「オススメ本」   オウム真理教 カルト


「オススメ本」   地震対策 (1)


「オススメ本」   詐欺対策 (1)


「オススメ本」   地震対策 (2)


「オススメ本」   韓国批判 嫌韓


「オススメ本」   詐欺対策 (2)


「オススメ本」   地図 スーパーマップル


「オススメ本」   サイバーテロ


「オススメ本」   ナツメ社 図解雑学など


「オススメ本」   中国の脅威 (1)


「オススメ本」   中国の脅威 (2)


楽天市場 家電自慢


楽天市場 ビジネスホテル自慢


楽天市場 ビジネスホテル自慢2


楽天市場 防犯カメラ


日本全国 ‐ 主要駅周辺のホテルを地図から探す


楽天市場 観葉植物自慢


楽天市場 レディース自慢


その他-(1)


その他-(2)


その他 - (地震本)


年賀状ツール等


除雪用品 [スノーダンプ]・ 除雪機 ・ 防寒着


京浜急行電鉄


[CD ・ DVD付き] 雑誌 ・ ムック


購入履歴

全て | なし | 注目 | ビジホ [東北] | A [新作] | 所感 | 保存 (記事) | 本・雑誌 [2] | 引用したMEMO | YouTube動画 | ビジホ [信越] | 民主党 (日本) 不祥事 | KEEP [1] | ビジホ [四国] | 防災ラジオ | 予言 | PC [ウィルス] | ビジホ [九州] | ビジホ [北陸] | ビジホ [近畿] | KEEP [2] | TOYOTA関連 | 重要 | ニュース&お知らせ | ICカードリーダライタ | 防弾・防刃用品・消火器 | ビジホ [関東] | KEEP [4] | クリックブログリンク | 詐欺 | 出会い | その他 | アフィリエイト (単一) | AA | KEEP [3] | 本・雑誌 [1] | 優先更新 | ビジホ [沖縄] | 高速バス予約 | ビジホ [中国] | 厳重注意 [在〇] | [~2022] グラドルソフト | 送料無料 | 高価品 | ビジホ [北海道] | インテリア | 防護マスク [放射性物質用 PM2.5用 等] | ホテル [全国] | その他2 | PC [各社] | ビジホ [東海] | 防犯 [グッズ] | Yahoo!ブログの記事を掲載
2013年04月29日
XML
カテゴリ:引用したMEMO
20120609.png  こんにちは。 スティッキー少尉です。




Yahoo!ニュース [土地取得 怖い乱開発 外資の太陽光発電参入に困惑 日本農業新聞 4月29日(火)12時8分配信](URL: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140429-00010005-agrinews-ind )(2014年4月29日のニュースです)

(ニュース詳細は、下記URLリンクをクリックの上、ご覧下さい)

https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398995666/
(おーぷん2ちゃんねる : スレッド名 | 中国系企業が日本の土地を買い太陽光発電に相次ぎ参入 乱開発への懸念高まる [04/29]| よりリンク)




・ 下記は、前記URLリンクのWEBサイトのページに掲載されている、当該ニュース記事の続きです。







Yahoo!ニュース [土地取得 怖い乱開発 外資の太陽光発電参入に困惑 日本農業新聞 4月29日(火)12時8分配信](URL: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140429-00010005-agrinews-ind )より引用しました。(2014年4月29日のニュースです)



(以下、引用部分)
――――

 「エネルギー自給や地域貢献の観点は一切ない。利益だけを求める企業参入に歯止めをかけるルールが国レベルで必要だ」と藤澤さんは実感する。

 政府が2012年に始めた太陽光などの再生可能エネルギーの固定価格買取制度。買い取り価格は、世界トップ級だ。外資系企業が、この制度の高額な売電利益を狙って日本の太陽光市場に進出する例は各地であり、トラブルが生じているケースもある。

 360ヘクタールの森林を太陽光発電を目的に中国系企業が買収する計画が浮上していた北海道広尾町。同町森林組合は急きょ、土地ではなく、木の所有者に掛け合い、木を伐採させない法手続きを取り、結果的に土地買収を阻止した。

 同組合の久保善久組合長は「仮に木を伐採しパネルを設置していたら、 〔中略〕 生態系が破壊され、地域の農林水産業に大きな影響が出る。メガソーラーの建設には地元住民がもっと関わる仕組みが重要ではないか」と指摘する。

――――
(以上、引用部分)




(下記群青色テキストリンクをクリックすると、関連記事等のあるWebページのウィンドウが開きます。宜しかったらご覧下さい)

 尖閣諸島について、私は以下のような事実を学び、また、推測を記す。

 尖閣諸島は、日本政府(当時の明治政府)が1895年(明治28年)、正式に「尖閣諸島は日本固有の領土」として、日本国は領有し、日本国の領土へ編入した。

 明治政府が尖閣諸島を日本国の領土へ編入する前、尖閣諸島は「清朝(中国)の支配下には含まれない」「無人島である」ということを確認し、当時の内閣において、閣議決定したそうだ。

 戦後1951年のサンフランシスコ講和条約によって、尖閣諸島は一時、沖縄の一部として米国の施政下へ入るが、1971年6月の「沖縄返還協定(1971年6月17日 調印、1972年5月15日 発効)」で沖縄と共に返還される。

 尖閣諸島が米国から日本へ返還される前の1971年4月、台湾は公式に尖閣諸島の領有権を主張している。しかし、1971年10月25日、中華人民共和国の友好国である、アルバニアが「アルバニア決議案」(中国を常任理事国にし、中華民国は国連から追放したいという案。23カ国の共同提案であった)を国連へ提出したことで、台湾(中華民国)は国連の常任理事国を中国に譲る結果となる。そして、1971年12月、中国(中華人民共和国)が尖閣諸島の領有権を主張する(当時の両国[中国・台湾]の領有権主張は、現在も変わらず行われている。そして、常任理事国の入れ替え当時、両国の領有権主張は領土問題の平和的な解決を難解にし、日本と世界各国を欺くような談合も存在した。という考察もできる。歴史上、台湾は資本主義国[民主主義国]であるのに、中国と同様、欧米・民主主義[過去の列強国]を蔑む思想が未だあるのかもしれない)。

 台湾が尖閣諸島の領有権を主張したことは、「アルバニア決議案」を招き寄せたとする学説もあるらしい。その学説の一部を推測すると、日本国は「ポツダム宣言」において、米国の同盟国(属国)である。その同盟国である日本国の領土(尖閣諸島)に対し、領有権を主張するのは心外だ。と(1971年当時)米国は思ったに違いない。

 同盟国である日本国の領土を自国のものと主張する台湾に対し、米国は勿論のこと、ロシア(当時のソ連)、イギリス、フランスを含めた4つの常任理事国が疑念を持った。と考えることもできる。その疑念の中に、「台湾が国連を崩壊することを目的としたうえ行動する国、または団体と交流していた」という事実がある。という情報もあっただろうと思う。

 もし、その情報が真実であった場合、台湾の交流していた、国連を崩壊することを目的としたうえ行動する国、団体とは何処だろうか。

 私の推測に似た、インスピレーションを述べるとしたら、その団体は・・・・三合会である。

 三合会とは、18世紀の清(中国)で反体制(反清朝)運動を行なった秘密結社であり、入会者等へ請求する金銭の額に、天文学的なこと(歳差運動)を意識させる数値などをあてはめたりするような暗号を用いながら、活動した団体だという。

 また、その三合会の後身団体としては、19世紀、清朝と対立するために形成されたグループ「太平天国」の教組であった、洪秀全の「上帝会」が有名。(グラハム・ハンコック 著/大地舜 訳 『神々の指紋(上)』参照)

 中国や台湾に、未だ「三合会」の教義を受け継ぐ団体も現存し、その人員等が最終目標である「日本占領」から「世界征服」を達成するため、日本国の銀行系保証会社などの取締役へ就任の上、経営に従事しているとしたら・・・。何故、その三合会の活躍は、日本に領有権のある「尖閣諸島」「竹島」、そして(今後、領有権の確実化することが期待される)「北方四島」への(中国、韓国、ロシアの)不法占拠(実効支配および領有権主張に伴う、威嚇的な行動)にまで発展したのだろうか。


 「尖閣諸島は日本固有の領土です」
 「竹島は日本固有の領土です」
 「北方四島は(将来的に)日本固有(または、日本国と韓国の共有)の領土です」


 この三つの事実を三合会は、関連する人員(特別永住者や帰化人、債権・債務者等)へ唱えるように強制しながら、日本占領を目論むようなテクニックを持っているのかもしれない。


 また、尖閣諸島の領有権問題だけではなく、中国は(自国において)慢性的になると思われる水不足への対策と称して、日本国の水資源(不動産)の買収を行っている事実もある。(買収される)水資源が、中国の所有地になるという事態は、日本国民の生きる糧である「水」をコントロールされることであり、日本国内からの(民主党[日本]の唱えてきた)「移譲論」「東アジア共同体構想」の実現及び「蜂起」「内戦」の可能性の高まる事実は否めないだろう。

 2014年4月29日、中国系企業が日本の土地を買い、太陽光発電に相次ぎ参入している。という旨のニュース報道がありました(詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照して下さい)。




中国による水のコントロール ‐ 水資源の外資買収拡大 [2013/01/02] ‐ 北海道 水資源所有者 4割超不在 [2013/02/24]









リンク元 |「帰ってくるな!中国人!」 関連 : 2013年11月後半から、2014年6月前半 |「中国の江沢民元国家主席、李鵬元首相ら5人に逮捕状」 報道から、G7サミットまで




 ←Click→ BN Hotel Airport Bus Highway Bus Suitcase Foliage plant Casino Brand






最終更新日  2019年07月26日 19時48分31秒
[引用したMEMO] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


スティッキー少尉

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

バックナンバー

サイド自由欄

ニューストピックス

カレンダー

お気に入りブログ

ブライトSTRONG 衣… New! ますみとふみさん

モクレンが大変 New! マー坊007さん

【必須】サイト情報… 楽天アフィリエイト事務局スタッフさん

令和4年5月の運勢 kumiyuukiさん


© Rakuten Group, Inc.