1192719 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

P-Blog アイデア&インプレッション

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


まいける160

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

2005.06.09
XML
いやあ、うれしい。勝って、ワールドカップ出場を、一番乗りで決めてくれました。
今回、バンコクに来て、こちらで、日本代表を応援するとともに、その様子を見に来たのですが。日本より、もしかすると、暑かったかも。
まあ、暑いんですけど。
とにかく、国立などで、パブリックビューイングをしているのだけど。こちらも、数万人しか日本人がいないのに、ホテルに、700人、250人・・・、これで、1000人以上。日本人街の小さなサッカーバーで20人、カオサン通りの日本料理店に役100人という具合に。1000人以上が、みんなで集まって応援した。
これは、日本国内より、明らかに関心が高いということを、数字で表している。

さて、私は、カオサン通りの日本料理店というところに、見に行った。
試合の放送が始まる2時間前から、すでに、席をとろうと、お客さんが来ていた。
さすが、レプリカユニフォームを着ている人は少ないが、みんなサッカーがすきなのだ。

このバンコクのカオサン通りというのは、長期にわたる旅行を楽しむ人が集まるところだ。
彼らの泊まるホテルは、衛星放送なんか入らない、安い宿が多いため、こういう、みんなで、応援できる場所に集まって、サッカー観戦をするのだ。

試合が、始まる。
なんか、太鼓と日本の応援の声が聞こえる。
そこで、スタジアムのほうに駆けつけることにした。
街は、夕方の通勤時間ということもあり、とても混んでいることを予想して、バイクタクシーで移動する。
要は、バイクの後ろに乗るタクシーだ。まずは、裏道を器用にすり抜け、信号の無い道を抜け。車の間をすり抜けたり、対向車線を走ったり、標識を無視したりして。通常のタクシーでは信じられない速さで、スタジアムの方についた。
スタジアムの表からは、規制があって入れないため、裏口のサブグランドの方から入る。
ドンドンドンドンという、太鼓の音が聞こえたので、そこに近づく。
ここでは、試合の様子が見えないので、携帯電話で試合の様子を確認し、その指示に従って、適時の応援をしているのだ。
彼らは、試合を楽しむというより、本当に、日本代表チームを心から応援しているのだ。
他にも、ちょっと覗けるところがあり、そこにも人だかりが出来ている。
前半、ロスタイムに入ったとき、ハーフタイムの笛が、聞こえたので、早すぎると思ったら、後ろで、別のサッカーの試合をやっているので、その笛と気づいいて、なんとなく和やかな雰囲気なる。
しかし、真剣な応援は続く。

ハーフタイムになったので、バイクタクシーで、カオサンのお店に戻る。
さっきより、お客さんが増えている。
まだ、点が入っていない、ジーコ監督になって、点がなかなか入らず、後半になってしばらくして、点が入るパターンが多と踏んで、移動したのが的中した。
移動しなければ、ならない事情があったので、普段の試合では、イライラしたりするのだろうけど、このときばかりは、決定的な瞬間を見逃さなかったという意味で、ジーコジャパンに感謝した。

さて、店内にもどって、最初は、引き分けムードだったのだが、1点入れてから、雰囲気が急に盛り上がる。
しばらくすると、少し余裕モード。時間稼ぎの応援モードになりかけたとき。2点目が入った。
そして、試合終了。

やったー。

彼らは、旅先で、偶然であった人たちで、この世紀の一瞬を見ること、日本を応
援することで、仲良くなり、仲間となって応援している。

試合を見ずに、一生懸命に応援する人たちとともに、なにか、気持ちのいいものを感じた。






最終更新日  2005.06.14 10:50:45
コメント(17) | コメントを書く
[タイ・ラオス そして、アジアの国々] カテゴリの最新記事

お気に入りブログ

できるかよりやりた… New! きこりんさん

タイ北部麺「カオソ… まもあんさん

・・ 野山ですごす… りおじーにょさん
ゴーヤ泡盛の野毛日記 ゴーヤ泡盛さん
ヅ+の日記 art-labヅさん
アジアン雑貨屋店主… エナエナさん
しみずきみひとの楽… Shimmy0603さん
小島トモオス 小島トモオスさん
新・さすらいのもの… さすらいのもの書きさん
新川てるえの家族の… 新川てるえさん

コメント新着

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

・2019.07
・2019.06
・2019.05
・2019.04
・2019.03
・2019.02
・2019.01
・2018.12
・2018.11
・2018.10

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.