1303512 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

P-Blog アイデア&インプレッション

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


まいける160

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

2006.08.14
XML
テーマ:たわごと(23666)
この時期になると、靖国問題で騒ぐのが恒例行事になっているが。
騒いでもらうことは、出版・マスコミとして、まさにビジネスチャンスである。
出版業界は不況だと言われているだけに、騒いでくれる人がいるということは、マーケットの活性化に繋がるのでとても有り難い。その大きく騒いでくれる人の中心となっている一団に「ネット右翼」と言われる(自称しているケースも多い)属性がある。
ネット右翼とは、ネット上で、いわゆる保守的。(とはいえ実際はいわゆる左翼の方がけっこう保守的だったりするんですが)なカキコミ(中でも過激な場合、左派の電子掲示板やブログに殴り込み荒らしを行うこともある)をすることが多い方を指すそうだが。実際は、様々な定義がある。
そのネット右翼が、出版不況と呼ばれる中、本の話題作りに貢献しているようなのだ。
ネット右翼が反応する単語のある本の順位はベストセラーに比べるとやはり低いのだが、同じぐらいの順位の本に比べてレビューが書かれている傾向がある。
これが、自分たちの都合のいい内容の本だけでなく、自分たちの都合の悪い内容の本に対しても、ちゃんと読んでレビューを書いてくれている。
いわゆるネット右翼に対する批判として挙げられている項目として「自分たちが気に入る内容であれば検証もなしに事実として流布する傾向、批判的言説を陰謀論と見なすなどの傾向が顕著」があると言われているため、完全に読破しているかは不明だが、本を手にしてくれているし、ネットでちゃんとレビューを書いてくれるというのは、本を売る側としてとても有り難い。
今は、情報起業ということで、ビジネス書、実用書ブームだが。実際は、情報起業をしようとする人が買い支えたり、金銭などリスクを払って出版に持ち込んでいるケースも多い。これで利益を上げているのは、自費出版的な要素が強い出版社なのだが。
それに対して、自費出版的な要素を持たない出版社からすれば、ネット右翼マーケットは、魅力的なマーケットかも知れない。失敗すると、織的集中的に抗議電話、電子メールを送ったりして圧力を掛けるなどのオフラインでの抗議行為に遭う可能性があるが。それも、想定した上で、出版すればいいだけだ。
民放などテレビの場合は、スポンサー企業に迷惑がかかるから、抗議行動に遭うような事はやらない方がいいが。自分が版元の出版社なら、抗議行動に遭っても、そのリスク以上に売名行為になったり売れれば問題がない。
つまり、出版社としてはネット右翼マーケットは確実なビジネスとなる可能性が高いと言える。






最終更新日  2006.08.16 00:38:18
コメント(6) | コメントを書く
[車、鉄道、システム、オタクネタ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


姉歯氏は、創価学会員   an_idle さん
今、世間を騒がせている耐震偽装犯罪の姉歯建築士も創価学会員です。
そして、その尻拭いに税金を投入しようとしている北側国土交通大臣も創価学会員です。
創価学会の狂信者達は、どこまで身勝手なのでしょうか?
被害者の代表も創価学会員?という情報も読んだ覚えがあります。
創価学会の悪行もいい加減にして欲しいですね。

【参考ブログ】

オーストリアが創価学会(公明党)をカルト(セクト)に指定
http://www.lermanet.com/cisar/books/990913b.htm
チリ議会が創価学会(公明党)をカルトに指定
http://www.hrwf.net/html/chile2001.html
ベルギーが、創価学会(公明党)をカルトに指定
http://members.ozemail.com.au/~skyaxe/mahikari.htm

京都 相国寺・金閣寺・銀閣寺・承天閣美術館の公式ホームページ
http://www.shokoku-ji.or.jp/information/activity/shoseki/shoseki04.html

form тттan_idle
(2006.08.15 04:46:02)

ネット右翼   nino さん
ネット右翼
ネットには右翼が多い、のではなくネットを利用する人が増えネットで情報収集する人が増えた結果ですね。
ネットで情報収集しない人は、基本的に(知らないので)関心が無い、またはマスコミとTVからが主な情報源になります。ネットでは日本のマスコミだけでなく、韓国や中国だけでなく世界のマスコミや言論、国内の言論のまとめ、また実際に韓国人や中国人その他の外人の意見も聞けるだけです。
その結果、今の日本においては右翼的思考を持つ人が増えてるのだと思われます。
アンケート、新聞の聞き込み調査とネットでの調査では右左の割合が明らかに変わります。
ネット右翼の割合は今後更に増え、ネット右翼と呼ばれている人達の思考が中道になる可能盛が高いとも思われます。
しかし、それは決して悪くは無い、偏った言論や情報からだけではなく、多くの情報や資料を基にそれぞれが判断しているのでしょうから・・・
戦前の言論・情報統制、近年の偏ったマスコミ言論や教科書に頼るざるを得なかった時代から、進歩したと言えるのかもしれません。

>民放などテレビの場合は、スポンサー企業に迷惑がかかるから、抗議行動に遭うような事はやらない方がいいが。

まさに、今までの朝鮮総連や市民団体がやってきたことですね。今はネット右翼の広がりとともに、だいぶ力が拮抗してきた感じですかね。まだ前者の影響が強いようですが (2006.08.15 17:27:21)

右も左もわからんかった   錆猫★ さん
オボコいというより無知なわたくしに、どっちがどっちか教えてくれたのはまいけるさんでしたのう・・・(遠い目) (2006.08.15 21:52:43)

Re:姉歯氏は、創価学会員(08/14)   まいける東山 さん
an_idleさん カキコミありがとう。

具体的事例をありがとう。 (2006.08.15 22:30:25)

Re:ネット右翼(08/14)   まいける東山 さん
ninoさん カキコミありがとう。
>ネット右翼
>ネットには右翼が多い、のではなくネットを利用する人が増えネットで情報収集する人が増えた結果ですね。

いわゆるネット右翼は、いわゆる右翼とは違うパターンで活動をしているから、ネット右翼という言い方をしている。

>ネットで情報収集しない人は、基本的に(知らないので)関心が無い、またはマスコミとTVからが主な情報源になります。ネットでは日本のマスコミだけでなく、韓国や中国だけでなく世界のマスコミや言論、国内の言論のまとめ、また実際に韓国人や中国人その他の外人の意見も聞けるだけです。
>その結果、今の日本においては右翼的思考を持つ人が増えてるのだと思われます。

確かに増えてはいますが。それ以上にカキコミが目立つというのが実情だと思います。

それと、書いている論調からは右翼的思考って感じにも見えますが、その裏で、なんとなく、自分を肯定してくれる何かを求めているような気がするんですよね。
自分を肯定するがために、他国やいわゆる市民団体などから否定されている国家像を肯定することで、アイデンティティを保っているって感じがするんです。

そうそう、いわゆるネット左翼というのもいらっしゃるのですが。
まあ、別にどっちにしろ広がる事が良い事かどうかはわかりませんが・・・・。
いわゆるネット左翼の方が、ボキャ貧な気がするのが、広がらない理由なのかも。

ちなみに、いわゆるネット左翼も、いわゆるネット右翼に対する批判として挙げられている項目の一つ「自分たちが気に入る内容であれば検証もなしに事実として流布する傾向、批判的言説を陰謀論と見なすなどの傾向が顕著」が共通の傾向です。
実は、裏か表かの違いで、実は似たようなモノなのかも。 (2006.08.15 22:45:05)

Re:右も左もわからんかった(08/14)   まいける東山 さん
錆猫★さん 囲みもありがとう。
>オボコいというより無知なわたくしに、どっちがどっちか教えてくれたのはまいけるさんでしたのう・・・(遠い目)
-----
そうそう、てとり、あしとり。そして・・・
あんなことも、こんなことも。
むふふっ。
(2006.08.15 22:45:57)

お気に入りブログ

「せかいはやさしさ… きこりんさん

明日次の発注をしま… ジョージ1959さん

・・ 野山ですごす… りおじーにょさん
ゴーヤ泡盛の野毛日記 ゴーヤ泡盛さん
ヅ+の日記 art-labヅさん
アジアン雑貨屋店主… エナエナさん
しみずきみひとの楽… Shimmy0603さん
小島トモオス 小島トモオスさん
新・さすらいのもの… さすらいのもの書きさん
新川てるえの家族の… 新川てるえさん

コメント新着

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

・2021.01
・2020.12
・2020.11
・2020.10
・2020.09
・2020.08
・2020.07
・2020.06
・2020.05
・2020.04

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.