000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ちょっぴりお得な生活豆知識

PR

X

Recent Posts

Free Space


















nanabi07 車を売りたい nanabi07




nanabi07 DVDをレンタルしたい nanabi07



Rakuten Card

Profile


(+ +;)

2021年04月11日
XML
カテゴリ:料理・食べ物
 食パンの消費が増えている。従来の「高級食パン」ブームに加え、外出自粛の広がりで家庭向けの需要が高まり、2020年の消費支出は前年と比べ4%ほど増えた。一方、外出先で食べられることが多かった総菜パンや菓子パンは落ち込んでおり、明暗が分かれている。

 東京・銀座の食パン専門店「銀座に志かわ」。銀座本店に並ぶのは「水にこだわる高級食パン」だけだ。1本(2斤)税込み864円と安くないが、独特の甘さと耳までおいしく食べられる柔らかさが人気を集める。30歳代の女性会社員は「コロナ下の『プチ贅沢(ぜいたく)』です」と話す。20年2月~21年1月の売り上げは、前年と比べ12・3%伸びた。

総菜パンは苦戦

 一般の食パンも好調だ。スーパー大手「イオンリテール」では、20年の売り上げが5%ほど増えた。朝食に自宅で食べる機会が多い食パンは割安感があり、冷凍保存して焼いて食べられる。在宅時間が長くなり、手に取る人が増えたようだ。

 総務省の家計調査によると、20年の1世帯(2人以上)あたりの食パン(バターロールなども含む)の消費支出は1万327円で前年比4・2%増だった。

 一方、総菜パンや菓子パンなどは4・5%減の2万6568円と落ち込んだ。総菜パンなどは食パンと異なり、オフィスなどの外出先で昼食や夕食、間食時に食べられることが多かった。「外出自粛やテレワークが広がり、コンビニで買われなくなった」(製パン大手)という。

 調査会社「インテージ」によると、20年に総菜パンや菓子パンが食卓に並ぶ割合は19年と比べて6・5%減った。食卓アナリストの玉置亮氏は「自宅に子どもがいる時間が長くなり、総菜パンなどの代わりにボリュームのある料理を作る機会が増えた」と分析する。

【記事全文】2021年4月10日
 「自宅で食パン」広がる…続く高級ブーム、外出自粛など後押し














Last updated  2021年04月11日 09時26分11秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.