2931481 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

雲南石林



「石林風景」

shi26


石林風景は次の7エリアに分かれている。
大小石林、乃古石林、芝雲洞、長湖、大畳水瀑布、月湖、奇風洞の
7エリであり、総面積は350km2で、岩だらけから芝生を見ると心和む。


shi27


石林の別名「造型地形天然博物館」


shi31


奇岩が乱立する石林。
また石灰岩が風雨の作用でこの不思議な景観が作られたが、
その自然の織り成す光景は実に心を和らげてくれる。


shi13



「昆明の女性」


shi18


昆明の女性と言えば「阿詩瑪A1ci2ma3」である。
私が中級中国語の勉強をしたテキストに「昆明の雨」のタイトルで、
昆明の紹介を書いた随筆を読んだ。
「我想念昆明的雨」と書き始めたその文章の中間辺りに
「売楊梅mai4yang2mei2」ヤマモモ科の
黄色い小花を咲かせる山桃を売る声がきれいだとあった。


shi19


その中国文を勉強して、いつか昆明へ行きたいと思い描いていたが、
その黄色い小花を背負った昆明の少女に出会った。
この阿詩瑪の被り物で二つの角が出ているのが未婚の女性で、
角が無いのが既婚の女性という。


shi24


日本では角がある方がお上さんのように想っていたが、
中国へ住み慣れてそれも忘れてしまった。




「四大自然景観の一つ」


shi37

中国でも四大自然景観の一つである石林は、
初めて行く人の目には、私がそうであったように、
とても新鮮な感動を受ける事であろう。


shi54


またこの画像の更新でもアップしてきた昆明の
民族で女性の事を阿詩瑪(a1ci2ma3)と呼ぶ。

石林の文字がいつ頃彫られたのかは定かではないが、
文字が繁体字であり、右から左へ書かれ、
石林が林石になっているところから、
1920~30年頃なのか?デタラメな事は書けない。


shi55



下は天造奇岩と書かれている上に細かい字で書かれてある文字は、
群峰壁立千嶂畳翠~~などとノートには控えたが、
屏風のように重なり峰は群れとなり壁のように立っている。
というような内容が連綿と綴られていた。

sji56


「石林を代表する画像」

shi46

ある意味この画像は石林を代表する画像かもしれない。
よく空がコバルトブルーでこの岩もきれいな色で鮮明に、
撮影された画像を見かけるが、
今回の旅行ではそれを望む事が出来なかった。


shi49


どんより曇った空と少し霞の掛かった条件化での撮影。
やはり何度も通い良い条件で撮れる日を、
待ち望むべきなのだろうか?


shi45

石林は昆明の南東方向約100キロメートルにある。
ツアーバスは昆明から1時間半で着いた。



「石林は海底だった」

shi48

この石林は約2億8000万年前の地殻変動と、
浸食によって鋭い岩面が作られたカルスト地形である。
これから石林を更新していきたい。


shi71

剣峰(jian4feng1)剣のような頂。
辞書でこの剣峰を引く事は出来なかった。
しかし、字からみて剣(つるぎ)の山ということだろうが、
地獄にあって、剣を植えてある山という意味のよう。
実際にはもっといい意味だろう。

shi72



「長年の風雨により侵食」


shi77


皆さん一斉に注目し、
見上げている標的は一体何なのでしょうか?と質問を受けました。

手を広げている男性の前がその娘でその前が妻です。
この3人は私を見ています。
この3人以外はもっと上を見ています。と言う事で画像アップ。


shi79


皆さんが見ていたのは、
石灰岩で出来た石林の岩は長年の風雨により侵食し、
そして出来た芸術品の「象」のように見える岩を見ていたのです。


shi80


2億年前にここは石林は大海であったが、
その後の地殻変動で地面に露出。約200万年前に石灰岩の溶解作用で、
石柱に分離され、更に長年にわたる風雨の浸食で石林ができた。


shi75


なんとなく頭が落ちて谷間に挟まっているように見えますね。
この壁の高さは40mくらいあります。
もし震度5くらいの地震が起こったら、
この一塊の岩はどうなるのでしょうか?

下の画像はなんとなく恐竜に見えませんか?


shi78


高台に登る前にその高台に設置された庵を画像に納めた。


shi81


今回の旅行も最後のほうになってしまった。
この旅行のために、2ヵ月半競歩紛いの早歩きと
運動器具で身体を鍛えたので苦痛には感じなかった。


shi82


しかし、今はそれもやってはいなく、
もし今突然に旅行に行く事になったら大変だと思うが実行に移せない。


shi87


海底であった石林であるが、
隆起して出来た岩盤が何百万年間風雨にさらされ
色んな動物などの形に出来上がった。
上の画像は猫が岩の上に前両足を揃えている姿に見れ、
下の画像は鶏が頭を出しているようには見えませんか?


shi88


この帽子に見えるような右側の岩。
これと同じような帽子の岩が左側の岩の上にも有った。
しかし、何か地殻変動(地震?)でこの帽子が落ちたそうだ。
その帽子は左側の岩の間に上手く挟まっている。


shi89


近くから撮影した画像は分かりにくいですね。
ちょっと以前の画像を探してきました。
この中にも地震で落ちた岩が谷間に挟まってます。

そして、石林最後の旅の思い出にこの庵で暫しの間座り、
思いに耽っている時、ガイドさんがまた私を探しに来ました。
中国人の中に紛れての自由行動の数々この場を借りてゴメンナサイです。


shi90

「中国写真ライフ」へ戻る。
「雲南玉龍雪山」へ



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.