2934105 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

九寨溝旅情1


「四川九寨溝旅情1」

「上海発!画像の更新!」では、
四川都江堰や九寨溝の画像を公開しています。

IMG_9417.jpg

九寨溝は1970年代に森林伐採の労働者によって
(元々居住していたチベット人以外に)
偶然に発見され村役の人に伝えられた。

IMG_9418.jpg

青い水の九寨溝を強く印象付けるもののひとつに、
独特の青い水があげられる。

IMG_9419.jpg

白い砂地の場所に少しの水が
流れている状態でも水は僅かに青く見える。

IMG_9409.jpg

この青い水の理由は一般に水中に
溶け込んでいる石灰分
(炭酸カルシウム)の影響である。

IMG_9411.jpg

また、湖底の苔によるとか、
光の屈折率によるものなどとよく言われる。

IMG_9415.jpg


「四川九寨溝旅情2」

IMG_8984.jpg

九寨溝の水は飽和した炭酸カルシウムが
微細な浮遊物を核として沈殿するために
極度に透明度がよい。

IMG_8993.jpg

そのため、深さ20メートル以上の湖底までも
より浅く感じられ、浅く見える理由は
水と空気の屈折率の違いによる。

IMG_8998.jpg

水は可視光の内、長波長の成分(赤い光)を
吸収する性質がある。

IMG_9002.jpg

そのため深みでは、水面から入射して
湖底で反射した光の内から青い光だけが
眼に多く届くようになる。

IMG_9008.jpg

結果として青い水に見える。
また、深みでは光量が減少して
暗くなるために水の青さに深みが増す。

IMG_9009.jpg


「四川九寨溝旅情3」

IMG_9010.jpg

微細な浮遊物のために
水中浅所での散乱が多いと、
赤い波長部が十分に吸収されていない光も
併せて届くようになる。

IMG_9011.jpg

水の色は青みが薄まり、湖底に苔が
生えている場所では青みに
緑や黄色が加わる。

IMG_9012.jpg

かつ太陽光や空の状態も影響し、
加えて水面で反射する光にもよって、
神秘的に変化する色彩が生まれる。

IMG_9013.jpg

九寨溝までの交通は自然保護のため
付近の開発が制限され1日の入場者数も
制限されている。

IMG_9014.jpg

中国屈指の人気観光地である九寨溝は、
従来は約450km離れた成都からの
長距離バスで約10時間かかった。

IMG_9015.jpg


「四川九寨溝旅情4」

IMG_0917.jpg

交通手段としては陸路が、
唯一のアクセス手段であった。

IMG_0922.jpg

2003年に九寨黄龍空港が開港したため、
空港から約1時間半での到達が可能になった。

IMG_0924.jpg

九寨黄龍空港が気象条件によって
頻繁に飛行スケジュールが
乱れることにも注意しなければならない。

IMG_0925.jpg

九寨溝内の交通は最奥部まで
片道30km以上の広大なエリアである。

IMG_0940.jpg

ゆえ車道と遊歩道が完備されており、
外部からの車両の乗り入れは禁止されている。
そのため、専用の天然ガス利用の
低公害型バスを利用する。
「九寨溝緑色旅遊観光車」と呼ぶ。

IMG_0957.jpg


「四川九寨溝旅情5」

IMG_0899.jpg

「九寨溝緑色旅遊観光車」と呼ぶバスは、
九寨溝グリーンバスで5分おきに走る。

IMG_0904.jpg

団体客も原則としてグリーンバスに混載する。
団体ツアーの場合は特別バスがチャーターされる。

IMG_0906.jpg

このグリーンバスは、1日フリー乗車券を
購入した上で各バス停で自由に乗降できる。

IMG_0911.jpg

シーズン中はバスが数珠繋ぎになるほど
頻発するが、それでも座れないことはない。

IMG_0914.jpg

溝内の車道はY字状のルートになっており、
分岐点でどちらに向かうのかが
分からずにとまどうこともある。

IMG_0915.jpg


「四川九寨溝旅情6」

IMG_0877.jpg

またバス停といっても利用客のいない場合は
原則として通過するので、乗降の
意思を乗務員に伝える必要がある。

IMG_0883.jpg

また上りと下りのいずれかのみ
停車するバス停もある。

IMG_0891.jpg

なお徒歩での観光は制限されていないが、
溝口(入場口)に最も近い景観ポイントでも
徒歩で1時間30分ほどかかる。

IMG_0894.jpg

Y字状のルートの交点にあたる場所には
諾日朗(nuorilang)観光センター
(諾日朗旅遊服務中心)があり、
レストラン・軽食コーナー・売店などがある。

IMG_0897.jpg

またこの場所はグリーンバスの各路線の
乗換えターミナルにもなっているが、
長海行きの乗り場だけは徒歩で
3分ほど坂を上がった駐車場にある。

IMG_0898.jpg

「四川九寨溝旅情7」

IMG_0838.jpg

九寨溝のチベット族の集落には、
有料入場エリア内にも数多くの
チベット族の集落がある。

IMG_0846.jpg

またエリアないで実際に生活している。
「九寨溝民俗文化村」は、
そのような集落のひとつである。

IMG_0851.jpg

「樹正寨」の一角を土産品店街としたものであり、
この付近のチベット族独特の木造建築民家も
有料で公開されている。

IMG_0865.jpg

なお、以前から有料入場エリア内での
宿泊はできない建前であったが、
実際には各集落に民宿が存在した。

IMG_0869.jpg

しかし、2009年から規則が厳格に
運用されるようになり、
現在は有料入場エリア内での
宿泊は完全に禁止されている。

IMG_0870.jpg


「四川九寨溝旅情8」

IMG_0802.jpg

九寨溝の観光に適している季節は
4月中旬から11月初めまでである。

IMG_0805.jpg

私が訪れたのは休みの関係もあり、
真冬であったので花が見れなかった。

IMG_0798.jpg

特に中国の大型連休である5月初めと
紅葉シーズンの10月初めは大混雑する。

IMG_0799.jpg

冬季は積雪もあるがグリーンバスは
運行されており一年を通して観光は可能である。

IMG_0811.jpg

ただ冬季は滝や湖の水量が少ないうえ、
遊歩道のかなりの区間が積雪のため通行止めとなる。

IMG_0828.jpg


「四川九寨溝旅情9」

IMG_0778.jpg

春季は山火事予防のため
通行止めになる遊歩道区間も多い。

IMG_0782.jpg

夏季は雨が降りやすく、
雨具は必携である。

IMG_0783.jpg

一日の入場者数に制限があるため、
紅葉期などの最盛期は個人であまり
遅い時間に行くと入場できないことがある。

IMG_0788.jpg

3月の終わりは根雪も消え
観光客がそれほど多くなくなってくる。

IMG_0791.jpg

しかも入場料金が閑散期料金で済むため
近年人気が高まりつつある。

IMG_0792.jpg


「四川九寨溝旅情10」

IMG_0738.jpg

しかし4月中ごろまでは
かなりの降雪のある日もあり、
交通機関の乱れが生ずるため注意が必要である。

IMG_0741.jpg

九寨溝地域は2008年5月12日の
四川?川大地震の断層帯からは
離れているので、被害は軽微であった。

IMG_0742.jpg

しかし周囲の道路が一時不通となり、
当時滞在していた観光客は最初に
開通した甘粛省の蘭州市などへの
陸路移動により順次この地を離れた。

IMG_0753.jpg

九寨黄龍空港への道も開通し
全ての観光客がこの地を
離れたのは5月17日であった。

IMG_0761.jpg

成都からの主要ルートである
国道213号(都江堰・茂県・松潘経由)は
震源地?川を経由していたため、
土砂崩れや橋梁の崩壊などにより道路が寸断された。

IMG_0768.jpg


「四川九寨溝旅情11」

IMG_0725.jpg

大型車が通れるまでに復旧したのは
2009年7月であり、それまでは
迂回路の使用を余儀なくされた。

IMG_0726.jpg

九寨黄龍空港に被害は無かったが
九寨溝の観光受け入れが約1ヶ月間
中断していたため、その期間は
定期便も1日1便までに減少した。

IMG_0728.jpg

安全が確認され物資の安定供給が
可能になり次第、空路経由による
観光客受け入れが再開されることになった。

IMG_0732.jpg

航空便も7月からは増便が続き、
2008年8月6日には四川省観光局から
「ツアー再開宣言」が出された。

IMG_0745.jpg

主に中国国内の団体客が利用する
バスツアーについては、蘭州市から
甘南チベット族自治州を経由する
新ルートが開拓された。

IMG_0748.jpg


「四川九寨溝旅情12」

IMG_0711.jpg

また、成都からの東回り(綿陽・平武経由)経由での
定期バスも運行され始めた。

IMG_0712.jpg

なお、この東回りの道路も
地震の被害を大きく受けていたうえ
現地の災害復興を優先する必要が
あったことから運行は不安定なものであった。

IMG_0719.jpg

このため震災後しばらくの間は空路が
観光客の足の中心となり、
空路の輸送量の制限や運賃の
高さから観光客が激減した。

IMG_0721.jpg

例年であれば1日1万人以上が
入場する2008年10月(紅葉期)の
休日でも、2000人前後と低迷した。

IMG_0723.jpg

観光再開当初は観光客の安全を
優先したため、徒歩での観光が認められなかった。

IMG_0724.jpg


「四川九寨溝旅情13」

IMG_0699.jpg

九寨溝グリーンバスでも
自由乗降はできず、バスでの
ガイドツアー方式のみとなっていた。

IMG_0702.jpg

2010年4月、地震により制限を受けていた
バスツァーが、綿陽・平武経由の
東回りルートで、全面再開された。

IMG_0705.jpg

これで、陸路・空路によるツァーの選択が
出来るようになった。

IMG_0706.jpg

しかし、本来のメインルートである西回り
(国道213号)は、復興工事が難航していた。

IMG_0707.jpg

依然として大型車の交通管制を行っており、
地震前の状況には戻っていない。

IMG_0708.jpg


「四川九寨溝旅情14」

IMG_0696.jpg

また、東回りルートも地震被災を受けており、
地盤が弱く、大雨による崖崩れなどの
被害を受けやすく、時に交通不能になる。

IMG_0695.jpg

成都の新南門バスターミナル
(成都新南??站旅游客?中心)からは
九寨溝バスターミナル(九寨?客?中心)行が
一日1往復(8時発 増客期には増便あり)。

IMG_0692.jpg

および茶店子バスターミナル(茶店子客?站)からは
九寨溝県行(九寨溝口は通らず)が一日1往復
(8時発)の長距離バスがある。

IMG_0693.jpg

いずれも、現在(2010年8月)のところ
東回り経由(綿陽・平武)である。

IMG_0686.jpg

また松潘、綿陽などとの間にも
一日1-2往復のバスがある。

IMG_0688.jpg


「四川九寨溝旅情15」

IMG_0820.jpg

黄龍風景区との間には一日1往復の観光用バスがある。

IMG_0676.jpg

なお、九寨溝バスターミナル(九寨?客?中心)は
九寨溝口(入場口)から東に1.0kmほど
離れた九通賓館九通??に隣接している。

IMG_0678.jpg

空港発のエアポートバスが九寨溝口に到着する。

IMG_0681.jpg

所要2時間弱で、ほぼ常時空港で待機しており、
4人以上の乗客が集まると発車する。

IMG_0684.jpg

途中にある宿泊施設には希望があれば
停車するほか、宿泊施設の斡旋も行っている。

IMG_0697.jpg



「中国写真ライフ」へ戻る。
「成都九寨溝旅情2」へ



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.