2927654 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

新疆--トルファン


「感動が肌に伝わってきた」

「中国上海写真ライフ」では、
新疆自治区「ウルムチ」の写真を公開しています。

56.jpg

ウルムチからトルファンへ向かう道路の左右の広大な、
ウイグル自治区では、多くの風力発電所が見られた。
トルファンに向かう道の途中バスを停めて頂いた。

57.jpg

高速で走り抜けるバスの窓から肉眼では綺麗でも、
写真に撮影した画像を確認すると画像がブレている。
私はガイドと運転手にお願いして、バスを停めてもらった。

58.jpg

外に出て無数の風力発電の大きなプロペラを見ると、
何とも言えない感動が肌に伝わってきた。中国の友は、
文句は言うのであるが、一人で発言をしたりはしない。

59.jpg

小さい頃からの教育方法が問題なのかは別にして、
どうも納得出来ない所が、あまりにも多すぎるし、
礼儀作法に関しては全く教育を受けていないような、
そんな気がしてならないが文化大革命以後変わったのか?

60.jpg





「トゥルファンでは海抜がマイナス」

「中国上海写真ライフ」では、
新疆自治区「トルファン」の写真を公開しています。

61.jpg

トルファンはトルファン盆地の中央辺りになり、
北の方を眺めると5000メートル級の天山山脈が見れる。
海抜2500メートルの所にあった湖を旅してきたが、
トゥルファンでは海抜がマイナスになってしまう。

62.jpg

トゥルファン市街の近くにあるアイディン湖の水面は、
海抜がマイナス154メートルと、中国で最も低い。
トルファンに向かう途中でブドウ園とカレーズを見るため、
バスを降りてブドウ園の中に入ると先に土産物屋へ入る。

63.jpg

中国の何処の旅行社でも同じように、観光地の土産物屋と、
つながっており、必ず土産物屋に入る仕組みになっている。
もし土産物屋の中に入らず、先を急いだ場合には、
土産物屋のサインがなくガイドはチップをもらえない。

64.jpg

私が不思議に思いガイドに質問した事があるが、
私たちの仕事の手助けをして下さいという内容の説明を、
受けた事があるが、買い物が目的ではない旅なので、
いつも時間が勿体無いと思うのは私ばかりではないと思う。

65.jpg





「天山山脈の雪解け水」

「中国上海写真ライフ」では、
新疆自治区「トルファン」の写真を公開しています。

66.jpg

トルファンへ行く途中にある葡萄園へより土産物屋に、
入ったが、買い物意欲が湧かないので直ぐに外へ出た。
外では葡萄園と言うだけあって、多くの葡萄の棚があった。

67.jpg

暫しの間ブラブラしながら、私を除いた11名を待ったが、
外に出てきた中国人の手には沢山の買い物品が握られ、
これからトルファンへ向かい観光をするという感じが、
見受けられず、彼らの話はもっと買えばよかったと・・。

68.jpg

この一帯は農業が主で、ブドウ・綿花・ハミウリが特産。
だが砂漠地帯に水をどうやって運んで来るのか興味を持った。
博物館に入り、古来よりの農耕器具や井戸の説明を受けた。
水源は天山山脈の雪解け水を、山の麓から持って来る。

69.jpg

山麓から30mほどの間隔で、並ぶように井戸を掘っていく。
その井戸の底部分を掘りつなげて水路としたものである。
10世紀後半にイスラムよりウイグルへ伝わったと言う事で、
その井戸や掘りつなげた地下の仕組みをカレーズと呼ぶ。

70.jpg





「雨花石と呼ばれる石」

「中国上海写真ライフ」では、
新疆自治区「トルファン」の写真を公開しています。

71.jpg

写真の石は、10年ほど前に南京を旅した折に南京郊外で、
見た雨花石と言う名の石に似ていた。雨花台というのは、
中国共産党と国民党とが争い、戦闘が一番激しく、
多くの兵の流血があり、兵の礼を敬う為に建てられた。
 
72.jpg

その雨花台の雨花石と呼ばれる石は、水に浸けると、
メノウのように光沢があり、半透明の飴のような石で、
写真の石は、雨花台で聞いた話しでは、南京の地でしか、
取れない石との事だったが、何処でも採取出来ると思った。

73.jpg

10世紀の後半に砂漠の水が少ない地方へ水を運ぶ方法が、
イスラムより伝えられ、現在豊富な農作物が出来る。
ブドウ棚の手前には、イスラムより伝授された井戸を掘り、
その井戸の水を溝を掘りつなげたカレーズがあった。

74.jpg

イスラム世界のイランやイラクまたカイロなどは確かに、
砂漠化して水の供給に困る地方が多く、生きるための、
知恵から生まれた方法なのであろうと思ったが、次々に、
井戸を掘り、その井戸の底をつなげていく方法は、
当時としては画期的な方法だったろうし今に受け継がれる。

75.jpg





「新疆の民族弦楽器」

「中国上海写真ライフ」では、
新疆自治区「トルファン」の写真を公開しています。

76.jpg

道順に沿って歩いて行くと、新疆の民族弦楽器が展示され、
ラワープ、ドタールと言われる弦楽器や、ダブと呼ぶ、
タンバリンの皮に絵が施してあり、上海からの大学講師が、
買えるかどうか聞いていたが、非売品と言う事だった。

77.jpg

ラワープという弦楽器はマルベリーという名の木材から、
本体が作られ、高級品にはスネークスキンが張ってある。
展示品の横に置いてあるラワープという弦楽器を弾いてみた。
高校時代からギターを弾いていたので簡単だった。

78.jpg

マンドリンのような弦楽器とスネークスキンが張ってある、
ラワープという弦楽器とでは、ラワープの方が澄んだ音が、
何とも三味線の高い音にも似ており、その独特の響きに、
安心感と楽しさが湧く感じだったが、このトルファンなので、
マッチしているが、上海へ持ち帰れば違和感が出ると思った。

79.jpg

中国のどの地方でも見られる丸木を干し乾いてから、
丸木の部分を少しずつ削りながら作り上げた置物である。
中国の観光地の中でも雲南省や河南や湖南などで見掛けたが、
こちら新疆トルファンのはまた見事な彫りかたであった。
一人の中国人が記念にと小さい彫り物を買っていた。

80.jpg





「翡翠の類で輝石の硬玉」

「中国上海写真ライフ」では、
新疆自治区「ウルムチ」の写真を公開しています。

81.jpg

以前牛の蹄(ひづめ)で作った水筒を見掛けた事があった。
この羊皮を縫い合わせて、中にはゴムを貼り合わせ、
水漏れ防止の加工を施した水筒であるが、西部劇などで、
メキシコやマカロニウエスタンなどの映画で出ていた。

82.jpg

買って持ち帰ろうかと相談している中国人もいたが、
皆買わずに正解だと思った。なぜならば記念として、
部屋に飾るにしても何となく浮いて見えると思う。
旅行途中や、次の旅行に持って行くには、あまりにも、
大袈裟すぎるような感じがしたからである。

83.jpg

夏に着る民族衣装がハンガーに掛けられ売られていた。
縫い方や品質を手に取り確認してみたが、お世辞にも、
良いとは言えない雑な縫い方であったが仕方ない。
今ヨーロッパからの旅行者に大変人気なのがウイグル族の
帽子であるが、多彩な刺繍などが非常にブームだそうだ。

84.jpg

翡翠の類で輝石の硬玉と軟玉があり最高級は羊脂玉という。
ホータンの河で玉を見つけ、更に磨きを掛けた物を売る。
時には少女や少年が玉を売りに歩いたりする姿を見掛ける。
だが、殆どの翡翠の玉は偽物でガラスで出来ている。
よく騙されて買って帰る旅行者が多いが安い時は偽物である。

85.jpg





「見ざる、言わざる、聞かざる」

「中国上海写真ライフ」では、
新疆自治区「トルファン」の写真を公開しています。

86.jpg

中国各地の旅行先で見掛ける翡翠のブレスレットである。
だが偽物が多く出回っていて、最近の偽物作りの技術は、
日本の技術など中国の足元にも及ばないと最近思う。

87.jpg

「見ざる、言わざる、聞かざる」という3匹の猿は、
左甚五郎が日光東照宮の門に3匹の猿を寄進しており、
日本独特のものと思っていたが、シルクロードを経由して、
中国から伝わったものだという見解があり、トルファンの
ブドウ畑の土産物売り場で見掛けて信じるようになった。

88.jpg

トルファンの途中で入った葡萄園の博物館と土産物屋で、
見掛けたブドウの成る木を撮影したが、本物の葡萄のような、
錯覚を起こすほど精巧に作られた葡萄が成る木だった。

89.jpg

この絵が描かれた時代を聞いた所、130年ほど前だという。
130年前と言えば日本では明治11年で、こう考えると130年前が、
かなり前のような気がするが、新疆では油絵の絵の具があり、
油絵を描く技術が有ったのかと思うと信じがたかった。

90.jpg





「ウイグル族の子供たち」

「中国上海写真ライフ」では、
新疆自治区「トルファン」の写真を公開しています。

91.jpg

トルファンへ行く途中で葡萄園に立ち寄った。
もし一人でバスに乗って行っているならば、
直接トルファンへ向かっていただろう。

92.jpg

井戸を掘ってその井戸と井戸を溝を掘りつなげた。
イスラムからの指導との事だったが、砂漠の中で、
水を汲み出すことが如何に大変で難しかったかが伺える。

93.jpg

ウイグル族の子供たちが、学校の休みを利用し、
葡萄園で採れた干し葡萄を売っていた。中国人の、
子供たちとは違ってイスラム社会の表情をしている。

94.jpg

砂漠近くでは珍しい青々とした大きな木が聳え立つ。
その横を通り抜けると、博物館の前に出た。
同じツアーの若い二人が中へ入って行く所である。

95.jpg




「中国写真ライフ」へ戻る。
「新疆旅行--交河故城」へ



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.