2931746 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

河南省--嵩山少林寺1



「少林寺の映画」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

1.jpg

少林寺は、1982年の中国・香港合作映画で、
主演はジェット・リー/中国名(李連杰)
私も日本の映画館で見て、DVDが出てより、
買って来て見たものだった。

2.jpg

中国広東省へ行った時に、河南省より来た通訳より、
少林寺の話をよく聞いたものだった。
しかし、通訳は少林寺へは行った事がなく、
本や人の話を見聞きした事を、いかにも、
行って来たように話してくれた。

3.jpg





「燃えよカンフーのドラマ」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

4.jpg

1977年頃に再放送した「燃えよカンフー」という、
アメリカのテレビドラマをよく見ていた。
深夜に放送されたが、清の少林寺でカンフーを、
会得したハーフの男がアメリカ西部を渡り歩くドラマ。
その中で何度も少林寺の修行や情景が出てきていた。

6.jpg

燃えよカンフーはブルースリーの原作である。
主演は、デビッド・キャラダインだったが、
若い人たちは、知っている人の方が少ないだろう。
役の名前は、クワイ・チャン・ケインで、この時に、
西部劇ドラマの中でカンフーが取り入れられ、
そのカンフーを会得した修行の場が少林寺と言う事で、
その頃から、少林寺へ行ってみたい思いに駆られていた。

7.jpg





「少林寺の歴史も古い」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

10.jpg

少林寺と言えば禅宗であるが、禅宗の祖と言えば、
浮かぶのは達磨ではないだろうか。
禅宗の祖は達磨であり、少林寺は禅宗を守り、
育んできた寺の中でも代表にあげられる。
少林寺の歴史は古く、北魏(495年)に作られた。

9.jpg

インドより高僧の菩提達摩が少林寺訪ね、
少林寺に禅宗を伝授する事になった。
その後、寺院を徐々に拡大し、僧侶も日を、
追うごとに増えはじめ、少林寺の名は遠くまで、
名声を馳せるようになって行った。
写真は、2004年当時の中国総書記の江沢民の、
直筆で書かれた少林文化人類遺産の文字。

8.jpg





「仏教弾圧の嵐」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

11.jpg

中国への仏教の伝来は、1世紀中ごろとされる。
だが、中々受け入れてはもらえず、弾圧の嵐が吹き荒れた。
少林寺も580年頃、他の仏教寺院同様弾圧に巻き込まれ、
少林寺同様に焼き打ちに遭い、僧侶は洛陽へ疎開した。

12.jpg

王朝が代わり、新しい皇帝が座に着くと仏教弾圧は、
おさまり、その王朝は西安にあったが、大同から、
洛陽に遷都した頃から、少林寺の名前も復活。
広大な農地も与えられ、僧侶達も少林寺へ戻った。

13.jpg





「現在のスケールとは比較にならない」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

14.jpg

唐代に入ると高宗と武則天の時代に、東の都として、
定められた洛陽で、近くの少林寺には皇帝が、
度々、訪れるようになり少林寺は一番栄えた。

15.jpg

この当時の少林寺の土地が約9万3千平方km有り、
寺院敷地面積は3600平方KM有り、僧侶の数は、
2千人以上で、部屋数は5千以上あったという。
現在の少林寺のスケールとは比較にならない。

16.jpg





「30万人の僧侶が追放になる」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

17.jpg

時代は、楊貴妃の最期の頃、中国各地の人々は、
重い税から逃れるため、出家する人が多くなっていた。
850年当時の仏教は非常に盛んで、寺院は多くの、
荘園を持ち非常に豊かではあったが、また弾圧が起こる。

18.jpg

850年頃になると、皇帝は寺院と僧侶の整理を命じた。
多くの寺院が破壊され、僧侶は俗人へと寺を追放される。
破壊された大きな寺院は5千箇所余り、小さな寺院は、
4万箇所余りが破壊され、僧侶、尼僧も30万人余りが、
追放され、広大な土地は唐王朝に没収された。

19.jpg





「優れた部分を取り入れた」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

25.jpg

少林寺は、499年に33歳という若さで崩御した北魏の、
孝文帝が建てたが、少林寺の僧侶は合掌するだけで、
ひざまずかないと、礼儀に対して非難を続けた。
儒教における礼儀と少林寺の僧侶は礼儀を重んぜず、
儒教とは違うと非難し、仏教は元々インドから、
伝来したもので、中国とは礼儀が違うと非難した。

24.jpg

明朝の時代に入ると、少林寺の僧侶は仏教だけを認めず、
仏教の釈迦・儒教の孔子・道教の老子を、すべて、
尊敬すべきとの考えで、釈迦・老子・孔子の三人が一体の、
絵を掲げたが、正面は釈迦、右側は孔子、左は老子に見える。
少林寺がこんなに有名になったのは、他の寺院とは異り、
仏教と儒教・道教の優れた部分を取り入れ、また武術も、
行うという点でも、少林寺は他の寺院と異なっている。

23.jpg





「選ばれた弟子たち」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

26.jpg

600年ごろの少林寺では朝晩の勤行と座禅修行に励み、
早寝早起きの毎日に僧侶たちは運動不足になった。
その運動不足を補うために、武術を取り入れ、
毎日鍛練をし少林寺の修行の一環として発展してきた。

27.jpg

少林寺での武術の具体的内容は、1500年の間、
選ばれた弟子以外には伝えられずに伝統を守ってきた。
少林寺の高僧たちが伝授してきた武術は、想像を、
絶するハイレベルな目標への到達を目指していたからだ。
だが、5年連続中国武術大会でチャンピオンの経歴を持つ、
ジェット・リーの映画で一躍脚光を浴びる事となった。

28.jpg





「これも時代の流れ」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

30.jpg

嵩山少林寺も1982年に映画化されて以来、
脚光を浴びるようになり、観光客が後を絶たない。
そんな中国の市場経済波及に伴い武術公演など、
商業活動を活発に行って来ている。

29.jpg

今まで公に武術を公開して見せる事がなかった。
だが、1988年から少林武術ショーを行なうようになり、
現在では出張公演も、世界各地で催されている。
更には、武術ばかりではなく、少林寺で会社を起業し、
お茶のネット通販も行うようになった。
だが、これも時代の流れと達磨尊師も苦笑いかも。

31.jpg





「自分の腕を切断し求道」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

32.jpg

少林寺は、北魏の孝文帝がインド僧のために建立。
少林寺の初祖であるインド仏教の釈迦から数えて、
第28祖の達磨が座禅の修行をしているときに、
少林寺二祖である慧可が訪ね達磨の姿を見て、
教えを求めたという伝説が残っている。

33.jpg

達磨尊者が9年もの間、座禅をし待っていた処へ、
二祖慧可が弟子にしてほしいと懇願しても、
部屋へ入れてもらえず、慧可は自分の腕を切り落とし、
求道の真心を達磨尊者に示した。その事実があるが故に、
今の少林寺が存続しており、中国で禅の教えが広まり、
やがて日本へも、禅の教えが伝わって来ることになる。

34.jpg





「武芸、技撃、技巧、技芸」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

35.jpg

中国武術とは中国の伝統体育運動の意味を指し、
武術は蹴る・打つ・なげる・掴む・切るなどを、
含む動作で、規則正しいルールに照らし素手の動作を、
組み立てて行う運動形式を武術と呼ぶが、
ヌンチャクなどの武器をてにする場合もある。

36.jpg

武術を心得るための運動には、心身の鍛練、体質増強や、
自己防衛などの効用が有る。武術は長い歴史の中で、
内容と形式を変化させていったが、武術と言う呼び方も、
清朝に入ってからで、それまでの1500年間、武術は武芸、
技撃、技巧、技芸・技勇、国術などと呼ばれていた。

37.jpg





「少林寺拳法の名の由来」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

41.jpg

写真の石碑には「世界唐手道協会」と書かれている。
中国では、元々拳法と呼ぶ技法はなかったとされている。
少林寺拳法という呼び名も、戦後日本で創始され、
日本武道の一門派として日本から中国へ渡っている。
少林拳と少林寺拳法とは、根本的に技法が異なり、
少林拳は南方の拳法を改良して出来上がった。

42.jpg

唐手は日本の空手道から起源を発し、日本でも、
琉球地方で発祥した拳足による打撃の技を特徴とする。
当初は関節技なども取り入れた自衛手段としての、
武術格闘技であったが、映画により世に知られた後は、
打撃技による攻撃のみがクローズアップされている。

43.jpg





「心が曇っている時は」

「中国写真ライフ」では、
河南省の嵩山少林寺の写真を公開しています。

昨夕から夜中までは、悪夢のようなひと時だった。
突然、パソコンのモニターが真っ黒になり電源が落ちた。

朝ベットで目が覚めて、何となく突然ノートPCが、
壊れたのは、夢の中の出来事ではと思いながら、
壊れたPCの電源を入れてみたものの夢ではなく現実だった。

この写真は、ブログ管理の中に残っていた最後の3枚である。
憂鬱な思いで、公開してはダメではあるが、写真への、
コメントまで感じ方が違っているようである。

44.jpg

中国禅宗の寺を訪れた折に、僧侶に「仏」とは何ですかと、
聞いたことがあり、私の質問に対して、微笑みを浮かべて、
そうですね~、仏って何でしょうかね?っと、逆に、
質問されたような事があったが、中国の僧侶なので、
もちろん日本語が話せるわけでもなく、仏教の中国語は、
それなりに難しいので、回答を話して下さり、
私が聞き逃していたのかも知れない。

45.jpg

心が清らかなときは、全てのものが温かく感じられ、
心が曇っている時は、全てのものが冷たく感じられる。
これは誰しもが実感している事であり、自分の心の、
有り様であり、自分自身の姿を言い表している。
自分の見方が変われば、物事の見え方も変わってくると、
言うものの、自分から発する事柄が、欲徳絡みで、
自分勝手な事柄ならば、相手は離れて行くだろう。

44-1.jpg

「嵩山少林寺の旅」シリーズは、PCが退院して来てより、
PC内部データが初期化してなく、画像が残っていれば、
更新して行きたいと思うが、いつになることやら・・?
また最悪、修理段階で初期化してデータが失われていれば、
初めからフォトをアップしながらでも更新して行ければと、
思っている。それまでの暫しの間、上海郊外の写真を、
更新して行きたいと思うが、古いパソコンが役に立っている。

暫しの間、更新する画像は、下のような写真ですよ。

1.jpg

データ復旧会社より連絡あり、必要なデータを取り出すのに、
最低7万円前後必要であり、その後メーカーへの修理依頼で、
メーカーでは、どのような大切なデータであっても、
データ保護は考えていないとの内容電話連絡であった。
50時間前後の作業時間のデータを壊れたPCに保存してあるが、
バックアップを取っていない報いのシワ寄せが来たようだ。
再度、画像等のアップを別パソコンで行った方が無難か??


「河南省--嵩山少林寺2」へ
「中国写真ライフ」へ戻る。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.