2966633 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

広東汕頭潮州旅情1


 
「汕頭旅情14」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

72.jpg

広東省東部にある東山湖温泉リゾートの裏側を、
さらに歩いていくと沢山のダリアが咲いていた。

花の名前に無知な私でもダリアぐらいは知っている。
だがダリアが、メキシコの国花とは知らなかった。

ダリアの花言葉は「華麗」「優雅」「威厳」とか、
「移り気」「不安定」「感謝」「栄華」など。

74.jpg

ダリアが日本へ持って来られたのは、1842年に、
オランダ人によってということであった。

オランダといえばチューリップであるが、何故に、
オランダなのかと思ったら、メキシコからスペインに、
渡り、スペインからヨーロッパを横断しオランダへ。

オランダへ持ち込まれたダリアは、鎖国状態の日本の、
長崎貿易を介してオランダ医学とともに伝わった。

75.jpg



 
「汕頭旅情15」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

78.jpg

「癒される」という言葉は知っていても、
何によって癒されるかは、人それぞれである。

心が落ち着くっていうことを癒されるともいう。
お金がたくさんあるから、ゆとりがあるから、
癒されるのだろうか?

でも明日をも知れない重い病気で、いくら、
お金が何十億と有ったとしても心落ち着かない。

お金も人により、とらえ方が違う。
人より倍以上の給料が有ったとしても、
満足せず、不満な気持ちが渦巻いている人。

79.jpg

給料は少く貯金などできないが、何とか、
生活ができていて、ボランティア活動を、
笑顔で頑張っている人・・。

人が癒されたと感じるときはどんな時だろう。
人には仕事があり、憩いの時間もあり、
誰かと一緒に過ごせる時間があるとき、
ふと囁かれた言葉や、出会った光景に癒しを、
感じるのではないだろうか?

先日、久しぶりにマッサージへ行ってきた。
揉みほぐされた体と熟睡したあとの快いだるさ。
帰りがけ足も軽く、心も軽くなったような、
肉体の快さが、癒しをももたらしてくれるのだろうか。

82.jpg



 
「汕頭旅情16」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

80.jpg

東山湖温泉リゾートの敷地は広く、まだ
完全に施設内の整備が完成されていない。

写真は敷地内にある野外バーベキュー場で、
夕方6時ごろからホテル以外のお客さんも、
使用料を支払い焼肉パーティをするとの事。

焼肉というと一般には牛肉のことをいうが、
中国では肉というと豚肉のことをさす。

中国でも、元の時代には羊の肉が多く食べられた。
元といえばモンゴルであるが、モンゴルは草原を、
イメージし草原といえば、やはり羊が思い浮かぶ。

だが今の中国人は羊肉は、おいしくないので、
豚肉を食べたいというが、豚肉より牛肉の方が美味いと、
牛肉を食べに行こうと誘うと、嫌な顔をしている。

81.jpg

中国の一般家庭では牛肉はほとんどと言ってよいほど、
食べることはないし豚肉止まりであろう。

広東省では犬や猫の肉は食べるが、牛肉は食べない。
宗教上の理由からかと思っても違うようである。

中国の農家の結婚式に行ったことがあるが、そこでは、
一頭の豚を披露宴が始まる2時間ほど前に殺し、
集まった多くの人たちに豚肉料理を振る舞う。

閉口したのは、豚の頭が蒸されて大きな皿に乗せられ、
目の前に出されて時で、さすがにナイフで切る気がせず、
中国人に切ってもらったが、食べる気がしなかった。

日本でも昔は有ったようではあるが、今は見かけない。

83.jpg



 
「汕頭旅情17」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

87.jpg

東山湖温泉リゾートの裏側の道を道なりに、
歩いて行くと石切り場から切ってきたままの、
大き目の石が乱雑に置かれた所へ出た。

人影がないので、その中へ入っていくと、
何体もの石像が整然と置かれていた。

入口の祠のような中にはブロンズの釈迦像が、
置かれており、石仏を彫る前に祈る場所かもと、
思いながらシャッターを押したが、その釈迦像の、
左側には、三国志の関羽のブロンズ像が置かれていた。

88.jpg

小高い丘の30平方mの広さの場所には石像が、
周りから囲むように置かれており、その中には、
菩薩の座像が碁盤の目のように置かれていた。

私が居た30分ほどの間に人が誰も入って来なかった。
ふと、東山湖温泉リゾートの所有物ではなく個人が、
所有しており、石像を販売しているのかもと思った。

一見して花崗岩のように見える石像を見ていて、
一体どのように彫っているのだろうかとの疑問に変わった。

同じ敷地内に大きなハンマーやタガネが置いてあった。
まさか、このようなもので硬い石を彫っているのかと、
思ったが、もしそうならばその技術は素晴らしい。
だが、それは可能ではないと思った。

86.jpg



 
「汕頭旅情18」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

89.jpg

整然と置いてある石像を触ってみると滑々している。
タガネで叩いて彫っただけであるならばザラザラ感が、
残ってしまうだろうし、ピカピカと光はしない。

写真の石像は花崗岩だろうと思うが、かなり硬い素材で、
一般のタガネだけでは彫れないだろうと思う。

弥勒菩薩の柔らかい曲線を上手く出している。

中国の街角では、よく石の印鑑である篆刻が、
売られており、30分ほどの時間で彫ってくれる。

日本からのお客様のご所望により篆刻を頼んだので、
その篆刻を職人さんが彫る所を見ていた。

90.jpg

なんとなく、小学校時代に彫刻刀を使ったことを、
思い出したりもしたが、いとも簡単に彫り進み驚いた。

少しだけでも彫らしてほしかったが、その時は諦め、
お客様の待つホテルへと急いだが、彫らしてもらう事が、
3か月後に実現する日が訪れることとなった。

中国人の友人の兄が篆刻を商売をしており、篆刻の、
頭の獅子なども何も彫っていない石を下さり友人の兄の、
家で彫ったが、技術以前に滑っても彫れなかった。

版画では、結構上手だと言われた時もあったが、
木と石では全く違うと思ったので、近くに置いてある、
花崗岩を石で叩いてみたが、その硬さには閉口した。

94.jpg



 
「汕頭旅情19」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

93.jpg

花崗岩は御影石ともいうがその肌は絶妙に美しい。
石菩薩が美しい以前に花崗岩の存在自体が光る。

下の写真は、日本でいうところの子安観音だろうか、
日本にいるときに見たことがあるが、母親が、
子供を抱えている姿に何とも言えぬ感動さえ覚えた。

だが、私が大きくなってより観音とは女ではなく、
男であると教えてもらった時は、またまた驚きだった。

92.jpg

私が見た空間に置かれた石像の殆どが花崗岩だった。
花崗岩は風化しにくいので、野外に置くには適している。

中国での採石場で名が知られている福建省泉州や福州、
北は黒竜江省、山西省、山東省などが有名である。

世界遺産に指定された山などでの採石は禁じられており、
中国も山が多い反面、最近では採石場も限られる。

切り出された石材は採石場から各方面へ輸送される。
着いた先で大きめに削り、電動工具で彫って行く。

1体を彫り上げるのに4日から1週間ほど必要で、
やはり、1体1体手で彫っていくため表情が微妙に違う。

95.jpg



 
「汕頭旅情20」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

96.jpg

東山湖温泉リゾートへ来た目的は温泉に、
入るためだったが、私は訳あって温泉を、
目の前にして入らなかった。

そして、3時間後に正門で待ち合わせを、
約束をし、その間に広い庭園を散策したり、
少し離れた丘の上へも行った。

そこには、驚くほど美しく彫られた石像に、
出会い感動さえ覚え、その石を彫った菩薩を、
時間の経つのも忘れて眺めていた。

来た道を急ぎ引き返してきたが、
綺麗に咲いた花に出会い、その胡蝶蘭の、
花を見て時間もないのに立ち止まり撮影した。

99.jpg

駆け足で引き返す道にも、観光客の姿は、
見当たらず、なんとなく場違いな所へ、
来ているような錯覚まで覚えた。

帰り道、丘の中腹辺りに大きな岩の、
山肌がたくさんに見えた。
写真は、その岩肌に彫られている、
「龍之道」と書かれた文字。

もう待ち合わせ時間が近づいて来ているので、
長居はせず、まだ舗装されていない、
砂利道を急ぎ歩いていた。

100.jpg



 
「汕頭旅情21」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

107.jpg

東山湖温泉リゾート裏側の風景を見るだけのつもりが、
時間の経つのは早く腕時計を見ると、いつのまにか、
3時間があっという間に過ぎようとしていた。

先を急いでいるのに、きれいな光景を見ると、つい、
止まってしまいレンズを被写体に向けてしまっている。

池の中に咲いた睡蓮の花はとても美しく目に留まった。

写真の花は睡蓮(スイレン)だと思うが、どうだろうか?
私知っている睡蓮は、もう少し花弁が小さかったような。

108.jpg

蓮の葉は円周がつながっていて、睡蓮はゲームの、
パックマンのように、口が開いている葉だと覚えた。

上の写真を見ると、葉がパックマンの口状態になっている。
だから睡蓮だと思うが、こんなに大きな睡蓮を見たのは、
初めてであり、いろんな方角から何枚もシャッターを切った。

時計を見ると、約束の待ち合わせの時間を5分過ぎており、
慌てて小走り状態で、待ち合わせ場所の玄関へ行った。

だが、いくら探しても待ち合わせ場所に中国人は居なく、
仕方なく撮影した写真を液晶モニターで眺めていると、
大分待ちましたか?と中国人の皆さんが現れたが、
時計を見ると約束の時間を30分もオーバーしていた。

109.jpg



 
「潮州旅情1」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

121.jpg

東山湖温泉リゾートで温泉に入った女性に、
温泉はどうでしたか?と意味有り気に質問した。

女性の1人からは、とても気持ち良かったですよと、
他の女性たちに賛同を求めるかのように、
声のトーンを上げて私に言った。

他の中国人女性が、あなたは、どうでしたか?と、
聞いてきたので、私は温泉に入りませんでしたと答えた。

あれっ!あなたは入泉料を支払って中に入られたのでは?
脱衣場までは行ったのですがね~・・・ そこで、
この日本人は入らなかったとガイドが口を挟んだ。

さすがに、素っ裸になり温泉に入ろうとしたものの従業員に、
温泉の扉を開ける前に制止された事を言えずにいた。

122.jpg

そんな時、ガイドから日本では水着を着け温泉に入るような、
習慣がなく、水着がなかったので入らったと答えてくれた。

それで諦めて温泉には入らず、敷地内の写真を撮って、
来たそうよと、また助け船を出してくれた。

だが、女性達からは、だったら素っ裸で入れば良かったのにと、
後部座席に座る私を、からかうかのように見ながら言った。

私が、気まずいようにしていると、ガイドから助け舟の声。
温泉の決め事で、必ず水着着用のルールで仕方ないのよ・・。

そんな会話が延々と続き、中国人中年女性のパワーを感じた。
写真は、潮州の澹浮院で本堂にはタイ寺院の雰囲気がした。

124.jpg



 
「潮州旅情2」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

125.jpg

リンクスが今月11月末で終了してしまいますね。
楽天としては、メリットがあまりないと終了を、
決定したのかもしれませんね。

楽天リンクスサービス終了

事実、私自身も殆んどと言ってよいほど、
リンクスは利用していなかったし他の人も、
スパムメールに悩む人もいたが解決できなかった。

楽天リンク友人数が3900以上ある人から、
メールが入って来ていたので行ってみた。

しかし、その人はリンク終了の悔しさのあまり、
すでに楽天リンクスページを削除されていました。

必死にリンクの友人数を増やしている人に、
とっては何とも残念な思いだけでは、
済まないのかも知れませんね。

私は自分で削除せず、自然に任せたいと思う。
ただ愛犬の写真が消えてしまうのでブログの、
プロフィールへ私の写真と入れ替えようかと思う・・。

126.jpg

潮州の「澹浮院」の敷地内を歩いて行くと奇妙な、
建造物が見えてきたので広角と中望遠で撮影した。

一見、タイのワット・プラケオ(エメラルド寺院)で、
見かけた仏塔を支えているヤックに似ている。

写真の建造物は仏塔ではないし、支えているのも、
ヤックではなく、なんとなく獅子に似ているような。

4匹の獅子が一生懸命支えているようにも見える。
支えている4匹の獅子、物凄く踏ん張っている様子ではなく、
なんとなく楽しんでいるようにも見える。

獅子かどうかは分からないし、ご利益が有るのかどうか、
観光客が手で頭を撫ぜているのか、触ったあとが、
光ってブロンズの地金が見えている。

127.jpg



 
「潮州旅情3」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

128.jpg

広東省潮州郊外に建つ澹浮院の中を写真を、
撮りながら歩いていると現地ツアーのガイドや、
中国人たちとも、はぐれてしまった。

集合時間を聞かずにバスを降りてしまったため、
撮影をしながら歩いていても不安がよぎった。

そんな不安な気持ちを打ち消すかのように、
弦楽器の奏でる軽快なJAZZサウンドが聞こえてきた。

私は癒し系のサウンドを奏でる女子十二楽坊を、
イメージして急ぎ足で行ってみると、おじさん達だった。

129.jpg

急ぎシャッターを切り、ガイドを探すため先を急いだ。
何となく振り返ると中国人民解放軍の軍人たちが、
休暇を利用して、潮州に遊びに来ていた。

私がレンズを向けてシャッターを切った時に、
こちらを向いている青年が手招きして私を呼んだ。

はじめは私の後ろ側に、彼らの同僚が居るのかと、
振り返ってみたが、後ろには誰も居ないので、
私は、自分の顔を指差すように、私?と・・。

さらに手招きをするので、何か悪い事をしたのかと、
彼らの方へゆっくりと歩いて行った。

彼らの所へ行ってみると、彼らが持っているカメラを、
見せられ、このカメラが急に動かなくなったので、
見てほしいとのことで、ひとまずは安心した。

130.jpg



 
「潮州旅情4」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

131.jpg

潮州の澹浮院の敷地内にある道を歩いていて、
心を和ませてくれるような弦楽器が奏でるJAZZの、
サウンドに誘われて小走りに道を急いだ。

振り向きざまに人民解放軍の軍人にレンズを向け、
自然に指が動きシャッターを押してしまっていた。

私を見ていた解放軍の軍人から手招きされ、驚いたが、
カメラが動かなくなったから見てほしいという事だった。

カメラは、フィルムと単三乾電池を入れて撮影する古い、
タイプのものだったが、まず彼らから状況を聞いた。

今までシャッターが切れていたものが、突然異音がして、
シャッターが切れなくなったとの事で、まず乾電池が、
消耗してしまったと思い、新しい電池を入れてみた。

132.jpg

思った通り、乾電池を取り換えたが動かなかった。

また撮影枚数を見ても、まだ半分ほどであったので、
フィルムが巻き込んだと思い、彼らに3・4枚の、
写した写真がダメになっても良いか確認した。

OK後、私のカメラバッグから別のカメラやレンズを、
取り出し、彼らのカメラを入れて、雨降り時用のカバーを、
掛けたのち、出来るだけ光が入らないようにした。

バッグに両手を突っ込み、カメラの裏蓋を開けた。
フィルム送り用の穴からギヤが外れていないか、
手探りで確認するとフィルムの穴が破れフィルムが、
送れない状態になっていた。

フィルムを少し多めに引きずり出しボックスに送り込み、
カメラを取出し、爪切りを出し、フィルムに切れ目を入れ、
そこから引き裂いたが、軍人たちは驚いた顔をしていた。

133.jpg



 
「潮州旅情5」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

134.jpg

人民解放軍の軍人の見守る中、カメラからフィルムを出し、
空回りさせると動いたので、新しいフィルムを入れ、
シャッターを切ると巻き上げる音を確認した。

彼らに、写真の大部分は助かっているが、フィルムには、
光が入っているからカメラ店に訳を話して下さいと手渡した。

軍人の一人がメモを渡してくれ、そこには、中国人民解放軍
第〇集団軍、〇類集団軍、第〇自動化歩兵師団と書かれていた。

皆からは、あなた日本人でしょう?と聞かれ、日本人だと、
答えたのち、握手をしたが、何故だか3人は握手を嫌がった。

自分で現像や焼き付けしていた時があり役に立ったと思った。
だが、人民解放軍の彼らから感謝の握手を受けたものの、
彼らと共に、会話をしながら進む事には違和感を覚えた。

135.jpg

中国から日本への圧力が気になるのではなく、やはり、
中国にて、事ある毎に言われ続けた南京大虐殺問題だ。

南京虐殺の誇張した映画も巷に溢れており、いくら私が、
南京問題は捏造されたと立て分けて話しても信じない。

戦争に参加してないとはいえ解放軍の彼らにとっては、
私より、もっと身近に感じる事だろうし、中には相当、
恨んでいる人が居るのでは思うと余計に辛かった。

中国人と食事に行くと最後には必ず戦争の文句を言われる。
私は中国へ日本を代表して来ているのではないと言うと、
いや!君に文句を言っているのではないと言うが、中には、
ビール瓶を持ち上げ、殴りかかろうとした中国人もいた。

それを、最後に政治的な問題だから気にしないで、
もっと楽しく飲みましょうよと言われても割り切れない。

なまじっか中国語を得意げに話すものではないと後悔もした。
写真は、雄雌の獅子像と下はキリンビールの商標の麒麟。

138.jpg



「BACK」へ 「中国写真ライフ」へ 「NEXT」へ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.