2932622 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

広東汕頭潮州旅情2



「潮州旅情6」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

143.jpg

潮州に建つ中国とタイの文化交流の澹浮院で、
出会った人民解放軍の軍人たちと行動を共にした。

彼らから、中国語が上手いですねとか、何処で、
中国語を習ったのですか、中国は何年程ですかなど、
質問攻めになったが、彼らのグループが二分して、
歩くような形になり、私が返って気を使う感じになった。

私は、自由に撮影がしたいので、先に行って下さいと、
彼らに告げ握手をして別れたが、もう一方の軍人達に、
手を出しても、日本人を嫌って握手を拒否した3人は、
また同じように、無視をして歩いていた。

私は脇道へ逸れ、自分のペースで歩き出しホッとした。
少し歩くと1匹のスピッツに出会い写真を撮った。

何となく「花咲か爺さん」の「しろ」の事を思い出した。
「ここ掘れワンワン」ではないが、暫く眺めていた。

144.jpg

スピッツは人懐っこく尻尾を振りながら、私の周りを、
行ったり来たり、ビスケットをカバンから出し、
食べさせたが、もっと食べたいと私の方を見つめていた。

私は膝を折り曲げ、犬の目線まで、しゃがみこんで、
日本語で、お座り、お手などと言っても首を傾げていた。

いきなり、ワンワンと吠え走り出し、見ていると、また
私の所へ戻って来てワンワンと吠えるので犬が走る方へ、
20mほど着いていくと、急に地面を掘り出した。

急ぎシャッターを押したが、その様子は上下の写真で、
分かる通り、とにかく一心不乱で土を掘っている。

見る間に掘る穴が大きくなったが、何も出て来なかった。
犬が土を掘るのは、食べ物を隠す為とか只遊んでいるだけ、
ストレス解消のために掘っているとの説などいろいろ。
ストレス解消ならば、突然私と出会ったからだろうか?

145.jpg



 
「潮州旅情7」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

140.jpg

潮州に建つ澹浮院は、中国とタイの、
文化交流が目的であり、両国の文化財が並ぶ。

中国とタイの両方の歴史文化が備わっており、
中国各地に在る寺院とは趣きが違う。

別段、中国の文化を誇張するわけでもなく、
タイの文化を誇張させているわけでもない。

強いて言えば、澹浮院の中に入った瞬間、
西安にある秦始皇兵馬俑のレプリカが目に入る。

142.jpg

澹浮院の中の係員に、異様な雰囲気を例えて、
この寺院には焼香する場所が無いし、線香の
匂いもしないですねと聞いてみた。

係員からは、澹浮院は寺ではなく博物館の類と、
聞かされたものの、外に置かれた香炉を指差し、
外では線香を焚く事が出来るのですねと質問。

係員からは、澹浮院では他の寺院のように、
線香は売っていませんので、線香を焚く人は、
ほとんどいらっしゃいませんとの返事だった。

写真は金箔の釈迦牟尼世尊像、亀が振り向いた姿、
龍の彫刻が施され香炉のなど、次のページより、
秦始皇兵馬俑
のレプリカの写真などを紹介したい。

139.jpg



 
「潮州旅情8」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

22.jpg

澹浮院の中へ入ると直ぐ目に入るのが、
金箔に包まれた釈迦牟尼世尊像である。

その釈迦牟尼世尊像の写真は、下のページ
汕頭潮州旅情28のとおりである。

釈迦像を見て振り返ると写真のような、
秦始皇兵馬俑の兵士の像が目に入る。

澹浮院を建てた意味は中タイ文化交流で、
中国史初の皇帝であった秦始皇の墓を、
守る兵馬俑が交流に最適と思ったのか?

23.jpg

秦始皇は紀元前221年に史上初めて中国を、
統一し中国史上はじめて皇帝となった。

中国の黄河・長江文明の7000年前の、
歴史からみれば秦の時代は2230年ほどと、
歴史は新しいが、現存する兵馬俑の事実を
考えれば、中国の文化を象徴するものである。

ゆえに、中泰文化交流の場である澹浮院に、
保管するものとして秦の始皇帝の兵馬俑が、
最適なのではないかと思った。

24.jpg



 
「潮州旅情9」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

147.jpg

中国とタイの文化交流が目的で潮州に建てた、
澹浮院の中には、タイ寺院を連想する像がある。

はじめ澹浮院は中国の寺院と勝手に思っていた。
だが、中へ入ってみると、異様な光景に驚く。

正面に置かれた金箔の釈迦像を、
撮影したのち、振り返ると、
中国初代皇帝の始皇帝の兵馬俑の、
兵士の像が置かれており、一体何を目的に、
建てられたものだろうと思いながら見て回る。

釈迦牟尼世尊の仏教はインドから中国へ、
伝来したが、中国の皇帝ではじめて仏教を、
信奉したのは後漢の桓帝である。

西暦60年ごろに皇帝から悠久の時間を掛け、
中国国内に伝わったが、文化大革命の10年間で、
仏教思想を語る者さえいなくなってしまった。

148.jpg

中国は10年間の文化大革命で世界から孤立し、
人々の思想まで変え、その当時子育てをし、
頑張っていた人たちは中国古来の礼儀作法さえ、
忘れ去って、人が良い事をしても良いと、
言えない国民性に変わってしまったようだ。

だが、文化革命時代に育った人々の子供たちが、
現在中国の4・50代になり、子供のころに受けた、
教育が悪い事だと知っているものの変えられない。

今後の中国を大きく変えようとしている子供達、
それが今の中学・高校・大学生・青年である。

教育で人の思想は変えられて行くのは歴史が語る。
中国でも四川大地震では日本の救援隊に対し、
国民の多くが感謝の念を抱き日本人の心を見た。

だが、数年で今度は日本国旗を焼き捨てるまでに、
中国の人の心が変わってしまったが、これも、
洗脳されてしまったが故に起こってしまった。

写真の像はタイ文化を象徴したもの。
ワットプラケオ(エメラルド寺院)

149.jpg



 
「潮州旅情10」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

5.jpg

交泰殿の「泰」とは、安らかとか穏やかとの、
意味で、交流をする中で安泰に心穏やかにとの意。

集合時間が迫ってきており、ガイドからも、
私の携帯電話へ連絡が入り、もう10分前に、
バスで待っていますよとの内容電話。

私はバスを降りる時に集合時間を聞かなかったが、
途中で会った同じ現地ツアーに参加した中国人から、
集合時間を聞いたが、まだ20分以上あると抗議。

ガイドからは、中国人の皆さんは面白くないと、
早く帰って来ましたが、日本人の貴方がまだ、
帰って来ていないので、出発出来ないでいるとの事。

北京故宮の交泰殿北京故宮の交泰殿

6.jpg

私は出来るだけ早く帰るからと電話を切ったところ、
直ぐに電話が掛かってきて、どうして切っちゃうのと、
不服そうな声のトーンに、今度は何ですかと応対。

今、何処に居るのですかとの問いかけに、
交泰殿に入る所だと言うと、そんな所に入ったら、
30分以上掛かるから、直ぐに帰って来て下さいと、
今度はガイドから電話を切り、ツーツーと侘しい音。

交泰殿の人に、大型バスの駐車場までの時間を聞いた。
交泰殿から15分ほどというので、今から帰って、
丁度、集合時間になると、交泰殿の外観のみ撮影し、
中に入る事は、控えたが、何とも残念な思いだった。

交泰殿の中では、中国各地の書道の大家の作品が、
展示されており、広州付近の硯などの展示販売を、
行っているとの事だった。

7.jpg



 
「潮州旅情11」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

8.jpg

広東省潮州の澹浮院入口に建つ大きな、
鳥居型の門を潜った所を右に曲がると、
中国の歴代の書道の碑林があると聞いた。

引き返したい気持ちに駆られたが、
すでに15分以上私が来るのを待つバスの、
中国人ツアーの事や集合時間が迫り、
後ろ髪を引かれる思いで前を急いだ。

途中、樹齢1000年ほどかと思うほどの、
素晴らしい大木に出会い撮影した。

いつのまにか急ぎ足になっていたが、
やっと、バスの待つ駐車場が見えてきた。

10.jpg

来るときには見かけなかった景色が、
帰るときには目に入って来たので、
レンズを向けながら歩いた。

その広場に孔子の像が建っており
その孔子の後ろ姿を撮影した。

やっとバスまで20mほどの所まで来たが、
洋紫荊と呼ぶ香港行政区の花が目に入り、
暫くの間、花を撮影した。

だが、この日は風が強くシャッター速度を、
早くしても花が揺れ画像はブレた。

バスからガイドが、早くして下さいよと、
不満げな大きな声に時計を見ると、
出発予定時間を5分ほど過ぎていた。

9.jpg



 
「潮州旅情12」

10.jpg

潮州の澹浮院のバス専用駐車場のバスから、
写真なんか撮っている場合じゃないよ!
皆、かれこれ30分は待っているんですよ!
などと、中国人から大きな声で文句を言われた。

私は時計を見ながら集合時間より10分間、
遅れているだけで、そんなに大きな声で、
文句を言わないようにと言ったところ・・・。

中国人にとっては国内旅行なのだが、ある程度、
裕福な家庭の人が多い。しかし、言う事は、
私が知る中国語の中で、一番下品な表現だ。

日本人は、中国人のツアーには参加できないのよ!
ガイドに聞いたけれど、流暢な中国語を話すので、
旅行会社が許可したらしいけれど、あなたの中国語は、
上品過ぎて、こちらが疲れてしまうのよね!と・・。

ここでは、文章にできないが、私が分からないと、
思っているのか、下品な言葉を話している。

11.jpg

ガイドが中国人に、聞こえたら不味いからと、
制していだが、うっ憤を晴らすかのように話す。

私も下品な中国語を話せるが、話してしまったら、
雰囲気が壊れてしまうので、違う言い方をした。

私は集合時間は、ガイドが決め皆に伝達する。
私たちは、決められた集合時間までに集合する。

この事は十分承知しており、観光地が面白くないと、
早く帰って来たからと言って、少し遅れて来た人に、
文句を言うものではないと思いますよと言い、更に、

今回は私が10分間遅れたので、謝罪しますと話し、
貴女方は30分遅れても、何も謝罪をしないと思ったが、
言葉には出さず、思った言葉を飲み込んだ。

写真は、貔貅(ひきゅう)で伝説上の猛獣の名前だが、
この貔貅の置物やストラップの販売店へ連れて行かれた。

中国人は幾つも買っていたが、私は、この為に、
急いでいたのかと思うと、半ば興ざめしていた。

12.jpg



 
「潮州旅情13」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

154.jpg

広東省潮州市の湘子橋に着いた。
昨夜は潮州市内の四つ星ホテルに泊まった。

三つ星ホテルでも問題ないのだが、
三つ星ホテルでは浴槽が付いておらず、
シャワーだけでは何となく物足らないからだ。

だが、四つ星の浴槽でもスリッパの跡が、
ベッタリと付いているときには石鹸で、
ゴシゴシ洗っている自分がいる。

156.jpg

昨日と同じバスが中国人達を乗せて最後に、
ホテルまで迎えに来てくれた。

バスに乗ると、中国風のキツイ嫌味を言われた。
中国人はこの上なくプライドが高い。

日本人は、直ぐに差をつけようとするんだから、
私たちと同じホテルにしておけば、わざわざ、
時間を掛けて迎えに来る必要もないのに・・!

ガイドは困惑した様子で、三つ星のホテルは今、
すべてシャワーだけしかなく、その点、四つ星の
ホテルには浴槽を備えている所が多く、日本人は
浴槽に入らないと風呂に入った気がしないようで、
旅行社から予約したので皆と場所が違うと話す。

155.jpg

このように援護をしてくれたが、中国人からは、
入郷随俗という中国語を知っていると質問される。

入郷随俗とは、郷に入れば郷に従えの意味である。
いやはや、何とも先が思いやられそう・・・。

写真は、中国第一の開閉式浮き橋を船から撮影。
10隻以上の船をつなぎ、その上に板を置き、
人が川を渡れるように工夫してある。

157.jpg



 
「潮州旅情14」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

158.jpg

広東省東部に流れる韓江を船で遊覧。
写真は明代初めの1370年の年に大規模に、
改築された広済橋に面した潮州城東門である。

中国で開閉式浮き橋は河北省の趙州橋、
福建省泉州洛陽橋と盧溝橋事件で世に、
知られた盧溝橋と並び中国四大古橋と言われる。

下の写真は高台に建つ天后宮の下に建つ、
玄天閣で、道教の神が祀ってある。

160.jpg

船を降りた私たちが向かった先は、またまた
土産物店だが、お茶の専門店である。

広東省といっても、福建省に近い潮州なので、
福建省安渓の鉄観音が所狭しと並べてある。

私は14年ほど前に広東省広州に住んでおり、
鉄観音を真空パックにしたお茶を土産として、
友人や近所の人に渡したものである。

近所の奥さんから私の妻に、中国のお茶って、
結構苦いですねと言われ中国までメールが来た。

162.jpg

仕事も忙しく、いつの間にかメールの事を、
忘れていたところへ妻から電話が入った。

いきなり「どうしてメールの返事くれないのよ」
もう1か月以上過ぎていたので初めは何のことか?

少し怒ったような口調で、お茶が苦いって言われた事を、
気にかけての電話だったが、私は、そんな事ぐらいで、
国際電話しなくてもと言い、今晩メール送るからと、
電話を切ったが、お茶の入れ方を中国人に聞いた。

163.jpg

あまり沸騰したお湯は使わず、お湯を入れてより、
そのお湯を一度捨て、再度入れ直すとの事だった。

そして、1杯目は苦いが、その苦みを味わい、
2杯目のお茶は、とても美味しく、5杯まで飲めれると、
そのまま、メールに認め送ったが、それより14年経った。

その後、妻から近所の奥さんのとコミュニケーションが、
うまく保たれているのか、何の感想ももらっていない。

164.jpg



 
「潮州旅情15」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

166.jpg

広東省潮州の土産物屋を見て回ったあと、
皆でワイワイ言いながら歩き広済橋まで来た。

広済橋は南宋の1171年に船を繋いだだけで、
その上を渡る橋として利用され現在に至る。

広済橋まで来る途中、日本でいう鳥居のような、
アーチ形の建造物がある通りを歩いてきた。

街の名勝の地などに建てられる装飾用や、
記念用のアーチ形の建造物で牌坊などという。

167.jpg

アーチ形の建造物には「状元」と書かれている。
状元とは科挙の進士に合格した者が受ける試験。

合格すれば皇帝の下で働くことができる。
科挙試験は今は廃止されているが、清朝までは、
科挙試験が行われており、童試から始まり、
郷試・挙人履試・会試・会試履試、そして、
状元である殿試まであるが、毎年試験はない。

168.jpg

3年に一度の試験しかなく、落第すれば、
次の試験までに3年間の期間が必要になる。

また晩年は会試・会試履試・状元の殿試は、
西安や北京まで集合して試験が行われていた。

歩く事40分ほどで、広済橋まで着いた。
広済橋ははじめ、広を健康の康をつけて、
康済橋と呼んでいたが、大改修を行った後、
康済橋から広済橋と呼ぶ名前に変え現在に至る。

169.jpg



 
「潮州旅情16」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

173.jpg

広東省潮州市にある広済橋に着いて直ぐ、
広済橋の橋の名前をアップで撮った。

ツアー客たちやガイドと離れては、
また探すのに大変な思いをすると思い、
何時に何処へ集合かを決めて下さいと提案。

すでに先へ進んでしまった中国人女性が、
居たもののガイドから伝えると1時間半後に、
広済橋の入口横で再開することとなった。

172.jpg

広済橋は全長520mほどで、往復1040mほど。
ただ、ゆっくりと歩くだけであれば20分位だが、
撮影をしながら進んでも1時間あれば十分だ。

広済橋は南宋時代の1170年に建造が始まったが、
韓河の流れが急なため橋を造るのに困難を極めた。

その困難さは半分9脚の橋脚を造るのに56年掛かり、
残り半分の9脚の橋脚に15年の歳月を費やした。

171.jpg

東西の河岸からそれぞれ9脚づつ造るのに、
気の遠くなる長い年月を費やした。

橋の建造は中間の約100mの部分の水流が激しく、
また900年以上前の橋を造る技術は現在ほど、
優れてはいなかったため断念してしまった。

結局、100m間は橋がなく渡し舟で間にあわせた。

300年以上過ぎた明代に橋の修築が行われ、
西側と東側の橋脚はそれぞれ増やしたが、
中間の部分をつなげることはできなかった。

178.jpg



 
「潮州旅情17」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

176.jpg

広東省潮州市を流れる韓江に架かる広済橋。
500年ほど前より幾度か修復が行われた。

だが橋脚自体木造であり、補強しても、
木材は腐り、洪水に耐えられなくなった。

177.jpg

広済橋は2003年から4年の歳月を掛けて、
橋脚から全てを鉄筋コンクリートで修復した。

2007年6月に広済橋の修復作業は完了し、
内外より著名人を招待し記念式典もが行われた。

180.jpg

補強や復元する前の広済橋にあった望楼などは、
全て腐り影も形もなくなっていた。

明代に橋脚の上に建てられていた楼閣の古い、
図面を頼りに花崗岩とコンクリートで復元された。

現在、遠くを見渡すための望楼で多くの、
観光客が立ち止まり遠くを眺めている。

181.jpg



「BACK」へ 「中国写真ライフ」へ 「NEXT」へ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.