2935860 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

広東汕頭潮州旅情3


 
「潮州旅情18」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

182.jpg

潮州市にある広済橋の全長は520mほどあり、
上の写真は橋を渡り終え、対岸の入口を、
撮影したが、ここまで40分ほどの時間が掛かった。

各望楼の前で立ち止まり、観光客が多いので、
出来るだけ人の波が途切れるのを待って、
シャッターを切っているので時間が掛かった。

1.jpg

私は向こう岸には何があるのだろうと思い来たが、
散策をすれば、集合時間に間に合わなくなると、
広済橋の来た道を引き返すことにした。

広済橋が掛かる韓江は、広東省東部を流れ、
南シナ海に注ぐ大きな川で掲陽市、汕頭市や、
潮州市、および梅州市をはぐくむ川である。

韓江の川幅は広い所で960mあり全長は410キロ。
揚子江の6300キロとは比べものにならないが、
江西省南部、福建省西部、広東省東部を交わる。

2.jpg

韓江の上流には広東省河源市から流れる梅江と、
福建省西部の寧化県に発する汀江と梅潭河がある。

三支流は140キロから310キロあり合流し韓江となり、
潮州市より先で三角州を形成し汕頭市で海に入る。

韓江は、唐代の詩人・政治家の韓愈が、土木工事を、
行い奴隷を解放するなど多くの貢献をし民衆が、
韓愈のその名を記念して韓江と名づけた。

3.jpg



 
「潮州旅情19」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

6.jpg

潮州の広済橋の建造され始めた宋代以前には、
520mの川幅を渡し船を利用していた。

1170年より広済橋の建造が始まったが、
当初56年という歳月を掛け、どうにか、
3分の1の橋脚が出来上がった。

5.jpg

当初は3分の1の木造の橋脚で橋を造り、
残りの3分の2の川幅に85隻以上の渡し船を、
繋ぎ浮き橋としたが、洪水の度に流された。

1450年頃になり、東西の岸より橋脚を造り、
残りの100mほどを渡し船を利用し浮き橋とした。

下の写真は、2003年から橋脚をコンクリートで、
造り直した時点の浮き橋の空間風景で、この時には、
昔、85隻だった渡し船の数が18隻と長さが縮まる。

21.jpg

広済橋は広東省東部最大の塩の集積地でもあり、
潮州城内と韓江東側を結ぶ主要交通路として活躍。

下の写真は遊覧船が通り抜けようとするところ、
だが大きな船の場合、橋の下を航行できないので、
渡し船の浮き橋を開放するとの事。

だが、その時には事前に管理局へ連絡し、
観光客の通行規制をするとの事だったが、今まで
数えるほどしかないとの事だった。

4.jpg

橋脚の上に望楼が造ってあり遠くから見ても、
美しく見えるが、古代の広東地方特有の構造で、
開閉式の浮き橋としては中国最古になるとの事。

何とか約束の時間に帰って来れたが、待ち合わせの
場所にツアーの人たちは居なく、辺りを探していると、
約束した待ち合わせ場所とは全く違うところから、
大きな声で「日本人!日本人!ここ!」と呼ぶので、
何とも、気恥ずかしい思いで歩いて行った。

7.jpg



 
「潮州旅情20」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

185.jpg

潮州の広済橋の写真も最終となった。
写真は昨夜ライトアップされた城壁の、
写真を撮影しておいたものを公開したい。

上の写真は、対岸の車の中から広済橋を、
撮影したものだが夜のため望遠側を使い、
何枚も手ブレ画像になってしまった。

広済橋の姿は望遠で撮っても小さくなったが、
雰囲気だけは感じ取れるのではないかと思う。

下の写真は城壁のライトアップ姿で1050年には、
潮州の城が出来上がっていたが300年後に、
全面的に修築され、高さ28m、幅34mほどである。

186.jpg

現存するのは韓江に面した全長2キロの間に、
建つ上水、竹木、広済、下水の4つの城門のみ。

700年ほど前には4キロの渡り城壁があった。

現在4つの城門の中でも最も美しいとされるのが、
広済橋に面して立つ広済楼でライトアップすると、
その広済門の城壁は、更に美しく際立つ。

夜7時過ぎより、広東省潮州料理を市中心地まで、
食べに行ったが、新鮮な魚介類を蒸した海鮮料理や、
フカヒレのスープは久しぶりに美味いと感じた。

明日より、広東省や福建省でも有名な禅宗の、
仏教寺院の開元寺の写真を公開していきたい。

183.jpg



 
「潮州旅情21」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

9.jpg

潮州の広済橋や広済門、広済楼を観た後、
市内まで戻り、少し遅めの昼食を取った。

昼食まで海鮮料理が出たので満足した。
だが、歩いてバスの停めてある所まで行き次の、
観光目的地の開元寺へ向うのに時間が掛かった。

昼食のために交通量が多く渋滞した市内を、
往復50分ほどの時間を掛けて行ったことに、
不満を抱く声が中国人から上がっていた。

なぜならば、広済門から5分ほどの所に料理店も、
建ち並び、また目的地の開元寺までは歩いて、
7分ほどの所にあり、不満が出ても致し方ない。

11.jpg

唐の第6代皇帝の玄宗は開元年号の738年ごろに、
各州毎に大きな寺を建てるよう指示した。

唐の玄宗皇帝と言えば、治世の前半は開元の治で、
善い政治を治め唐の絶頂期を迎えたが、楊貴妃と、
出会った事で政治を怠り、安史の乱の原因を作った。

開元寺は元々官立寺院で人民に対する仏教思想の、
浸透を目的としており、現在残る開元大寺は、
福建省の福州や泉州、広東省潮州などが有名である。

空海のちの弘法大使が唐に渡って最初に入った寺が、
開元寺で寺は福州市にあり、最古の仏教寺院


12.jpg



 
「潮州旅情22」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

13.jpg

開元寺の雰囲気といっても中国の、
仏教寺院は禅宗の寺がほとんどであり、
どこの省の寺に行っても、寺の中の配置は、
土地の大小や寺が建った時代により違うが、
基本的に四天王と釈迦牟尼世尊等は同じである。

日本へ仏教が伝わったのは、1400年ほど前だが、
歴史の中で、思想の違いにより新興宗教が、
乱立した時代を経て、大乗仏教も多義に分かれた。

14.jpg

写真の開元寺は潮州にあるが、真言宗の空海は、
唐の時代遣唐使の一行で福州近くの海岸に、
漂着し、暫くは福州の役所預かりとなった。

経緯はまた後で書くとして、藤原葛野麻呂と、
空海たちは海賊の容疑がはれ、遣唐使の、
一員という事が分かり、福州の開元寺に入った。

福州の開元寺と潮州の開元寺の中に入ると、
造りも類似しているが、福州は福建省の省都で、
賑わいの度合いは、やはり福州の方が賑わう。

15.jpg



 
「潮州旅情23」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

16.jpg

潮州の開元寺は、738年に建てられたが、
中国に現存する4大開元寺のひとつである。

唐代に蓮華寺と呼ばれていたが、元代には、
万寿禅寺と改名し、更に明代に開元鎮国禅寺と、
改名し現在に至っている。

福州の開元寺は、548年に建てられており、
写真の潮州の開元寺より190年も早い。

だが、当初は大雲寺と名づけられ、唐代初期には、
竜興寺と改名され、738年に玄宗により、
現在の開元寺と改名されたという事である。

17.jpg

泉州の開元寺は、686年の創建され真言密教の、
開祖である空海が福州と共に留学で立ち寄った。

元々、空海は蘇州の舘山寺へ留学するため、
遣唐使船団で蘇州を目指していたが、暴風雨に、
舵をとられてしまい、400キロ以上離れた違う所へ、
漂着してしまったという。

蘇州にも開元寺があるが、今は報恩寺と改名され、
その寺は蘇州北寺塔と有名な寺になっている。

写真は長い線香を手に持ち祈りを捧げている人々。

18.jpg



 
「潮州旅情24」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

19.jpg

写真は天王殿に安置されている四大天王像。
日本の四天王像と中国の四天王像とでは、
日本の方が相当厳粛な表情をしている。

広目天は西方を護る守護神左側に安置され、
ヘビを右腕に巻きつけ、左は握り拳をつくる。
神話では帝釈天の配下で、後に仏教の守護神となる。

20.jpg

上の写真は多聞天で、甲冑に身を固めて両手で、
宝塔を捧げ持つ姿の像が一般的で、毘沙門天と、
呼ぶ人もあり元々財宝神だったが、だが中国に
伝わる過程で武神としての信仰が生まれた。

下の写真は増長天で、南方を護る守護神である。
天王殿では釈迦牟尼世尊が安置される本尊に、
向かって左手前に安置するのが原則である。

増長天は右手に刀や剣のを持っている場合が多い。
写真は右胸の前で右手に剣を持ち、左手は、
拳にして右腰に置く姿で描かれる。

21.jpg

下の写真は持国天像で東方を護る守護神である。
本尊に向かって、右手の後ろ側に、
安置されるのが一般的である。

元々足下に邪鬼を踏みつけ、振り上げた右手には、
刀を持ち仏敵を威嚇する姿の像だが、中国の
民間信仰では琵琶を抱え持った姿で表される。

四天王を安置する天王殿は、釈迦牟尼世尊を、
安置する大雄宝殿の建物の手前に建てられている。

22.jpg



 
「潮州旅情25」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

23.jpg

潮州の開元寺へ着いたのが午後2時半過ぎだった。
禅宗の僧侶の人たちによる托鉢が見たかったが、
午前中にしか托鉢は行わず見れなかった。

禅寺では規定や作法も厳しく決められており、
托鉢は仏道修行の一端ではあるが、乞食とは違う。

確かに在家から食などを受けるので、その姿は、
首から托鉢セットを掛けて100人ほどの列で行動。

25.jpg

私も蘇州で出会った事があり、首から提げた箱に、
次から次へと赤い袋に入れた寸志を入れていく。

僧侶はお経を唱えながら、在家の人が素早く投げ込む、
寸志袋を受け取り、直ぐに次の僧侶が続いていく。

観光客の人たちも入れていたが、何となく寸志袋を、
入れる人は初めから決められた人のような感じだ。

また托鉢は午前中に限ることとのルールがあるようだ。
また托鉢は、生命を支えるに足るだけを受け、
それ以上を乞食してはならないと決められている。

27.jpg

当たり前の事ではあるが、在家に迷惑を掛けてはならない。
托鉢は、午前中に行うとの取り決めは、僧侶の修行で、
座禅などの修行に午後の時間を費やす為との事であった。

托鉢は、手に持つ食器は寺で認められた私物とのこと。
私が見たのは僧侶の衣装に合わせた色の箱を首から、
提げて托鉢をしていたように覚えている。

日本では、ご飯茶碗を手に持つシーンをドラマで見た事が、
あるが実際の所は分からない。茶碗の材料は、木製の茶碗は、
外道の持つものと禁じられ、また石の食器は仏陀の、
持ち物に限られており持ってはならない。

写真は、潮州開元寺の境内の香炉と線香と香炉の竜。

26.jpg



 
「潮州旅情26」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

24.jpg

開元寺の大雄宝殿前の香炉付近にて撮影。
この開元という名の由来は、日本で言う処の、
昭和・平成ように中国唐代の開元に由来する。

唐代の年号の開元は713年~741年の28年間を、
開元と呼び、第6代皇帝玄宗の時代であった。

第6代皇帝玄宗と言われてもピンと来なかったが、
楊貴妃をこよなく愛した皇帝と聞かされ理解できた。

29.jpg

玄宗皇帝の在位は712年~756年の44年間だが、
なぜ713年~741年の28年間で残りの16年間は、
何と呼ぶ年号なのかと疑問に思った。

712年~713年までの年号を先天と呼び玄宗皇帝の、
第5代皇帝の父の睿宗の時代で、742年~756年は、
天宝と呼ぶ年号で玄宗の治世後半の年号を呼んだ。

楊貴妃との出会いは天宝3年に始まり、楊貴妃に溺れ、
反乱が起こり、楊貴妃は絞殺され、玄宗は退位した。

31.jpg

第6代皇帝玄宗は開元年間の治世で混乱を平定し、
政治家や役人の規律や風紀を正し農業の振興や、
辺境の防備に努め、文化的にも唐の最盛期を成した。

その開元年間に多くの開元寺の建立を指示した。
楊貴妃と知り合う7年前の738年玄宗が勅により各州に、
建立された寺で、その時の年号が開元という事である。

政治家や役人の風紀を正した皇帝自ら、楊貴妃に出会い、
自分自身が退位に追い込まれてしまった。

32.jpg



 
「潮州旅情27」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

41.jpg

写真は、開元寺大雄宝殿の屋根に置いた魔除け。
龍の絶妙な魔除けの飾りが施してあった。

空海の話に戻ると空海は遣唐使船団と共に、
目的地である蘇州には向かえず暴風雨により、
船団を離脱し荒波の中、漂流していた。

空海の乗った船は1か月間漂流したのち温州から、
南へ50キロ離れた海岸へ辿り着いたが、元々の、
目的地の蘇州からは850キロも離れていた。

43.jpg

漂着した船には大使の藤原葛野麻呂が同船しており、
220キロほど離れた福州の観察役所へ向かった。

福州では、一行が国書や身分を証明するものがなく、
罪人扱いのまま上陸を許されず、船も閉め出され、
海岸の砂上にゴザを敷いた上に留め置かれる。

この苦境を救ったのが、留学生の空海であった。
大使に代わり書き上げた上申書の文章が取り上げられ、
福州に上陸し、福州開元寺へ入る事が出来た。

空海とは平安時代初期の僧で弘法大師の名で知られる。

42.jpg



 
「潮州旅情28」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

38.jpg

写真は、開元寺大雄宝殿前にて長い線香を両手に、
捧げ持ち祈る女性の姿は日本では見られない姿だ。

中国は元々儒教の国であったが、仏教が伝わり、
五世紀頃より道教の教えが浸透しはじめた。

儒教・仏教・道教の三つの思想が庶民の間を、
独り歩きし、中国は各時代に仏教と道教が対立。

各時代の権力者は仏教と道教を儒教に取り込み、
思想の統一を図ろうとしたが上手くは行かなかった。

唐の時代は儒教と道教と仏教とが中国に存在していた。
儒教と仏教とは、主張する内容に違いがあり、儒教か、
仏教かの何れを信じるかが、人々の間で問題となった。

39.jpg

人々には儒教と仏教の両方取り入れ生活する事が困難で、
儒教の人生を生きるか、仏教の人生を生きるかの選択を、
迫られたが唐の時代は、仏教の勢力が盛大だった。

儒教は父親家系の秩序を重視した俗世道徳であるのに、
対して、仏教はこの世の本質を苦とし、その煩悩から、
解脱することを目的とした教えである。

道教は徳があれば教育しなくとも人は教化されるので、
宇宙のあり方に従って自然のままであることを教えた。

儒教は礼儀を重んじる道徳で、仏教は釈迦の教えを、
修行し成仏を得る教えで、道教は自らの道を探求。

中国は孔子の説いた儒教を重んじてきた国であり、
礼儀に対しては何処の国より浸透自覚していた。

30.jpg

だが儒教を否定し孔子を徹底的に破壊した文化大革命。
古い文化を破壊し新しい文化を築き上げる思想が、
中国内を駆け巡った10年間に仏教も道教も破壊された。

人々の心にも、また礼儀や人に対しても壁を作った。
現在の若者は礼儀を重んじる心が戻りつつある。

中国13億人と戸籍のない中国人2億人の15億人もいる。
礼儀作法のかけらもない人が居るのは当たり前である。

中国は都合が悪くなると発展途上国と論点をはぐらかすが、
意外と中国トップクラスの中に礼儀の無い人が居るのかも。
だが一般庶民はあまり関心がなく政府間の問題と割り切る。

40.jpg



 
「潮州旅情29」

「中国写真ライフ」では、
広東「汕頭・潮州」の写真を公開しています。

33.jpg

写真は、潮州市にある開元寺の大雄宝殿の中に、
安置されている釈迦如来像の画像である。

潮州は広東省東部に位置する地方行政市である。
広東省の省都は広州で、香港に近くには深センや
珠海、中山など知られる所も多い。

また珠海からマカオまでも車で30分ほどの距離、
私が広州に住んでいた頃に車を運転して香港や
マカオの境界まで2時間ほどで行っていた。

34.jpg

話しが逸れたが、潮州は1800年のの古い歴史があり、
今までにも多くの華僑を輩出している事でも知られる。

中華民国時代は潮安県だったが、解放後1953年に、
潮州市となり広東省の省轄市となった。

開元寺と名のつく寺は河北省石家庄市、江蘇省蘇州市、
浙江省台州市、福建省福州市、福建省泉州市と、
広東省潮州市の6箇所にあり建立年も同じ時期である。

台湾にも開元寺あるが、1680年建立の寺であり、
殆ど同時期、中国内に建立された寺を対象に調べた。

37.jpg

調べると言っても中国内6か所の開元寺の面積を、
語るならば、この潮州が一番広く12万平方mある。
次に泉州の7万平方mで、一番狭かったのは福州だった。

写真の大雄宝殿の本尊には大きな釈迦如来像が安置され、
脇師は左脇侍が文殊菩薩、右脇侍が普賢菩薩が立つ。

十大弟子の舎利弗・阿難・迦葉らの像が釈迦を見守り、
釈迦如来像の裏側には、龍の子供の上に乗っている、
観世音菩薩の素晴らしい魅了される彫り物がある。

中国禅宗の大乗仏教寺院の造りは殆ど同じである。
この日、潮州よりアモイ方面の万石山公園へ移動した。

44.jpg



「BACK」へ 「中国写真ライフ」へ 「NEXT」へ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.