2964481 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

無錫旅情2


 
「無錫旅情11」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi29.jpg

水滸伝は中国宋の千年前の時代の物語で
中国宋の4代皇帝・仁宗の時代に都の
東京(ドンジン)で疫病が大流行した。

皇帝と政府の高官たちは道教の大本山の
法主の祈祷で疫病払いをする旨
使者として大将軍の洪信を派遣した。

wuxi30.jpg

洪信が法主を迎えに来ると法主は自分一人で
雲に乗り東京に向かった。洪信は折角道教の
総本山へ来たので唐の時代に108人の魔王を
封じ込めた伏魔の殿という祠を見たくなった。

洪信は道士命じて無理矢理に伏魔の殿を開けさせ
中にあった石碑をどけ、穴を掘らせたのだ。

やがて黒雲が湧き上がり108の魔王たちが
金の光となって飛び散り、人間に生まれ変わり
梁山泊に結集するというのが水滸伝の始まり。

wuxi31.jpg

 
「無錫旅情12」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi33.jpg

水滸伝の物語で108の魔王が四方八方に
飛び散ってより60年ほどが経ち時代は
8代皇帝・徽宗の代になっていた。

8代皇帝の世になり60年の歳月の間に
108の魔王は完全に人間に生まれ変わる。

wuxi34.jpg

108人の豪傑たちの物語が始まり、それぞれ
東京dongjing)に集結することになる。

水滸伝では108人の豪傑たちを一人一人順番に
登場させ、その活躍ぶりを描いて行っている。

最初に登場するのは華州の大庄屋の一人息子で
九紋竜の史進で年齢は19才程、全身に9匹の
青竜が彫ってあり、この村で武芸を習い旅立つ。

wuxi36.jpg

 
「無錫旅情13」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi37.jpg

水滸伝のはじめに出てくる史進は
一人前の腕前になり村々を
困らせていた山賊たちを退治する。

だが山賊の頭領3人と仲良くなったが
そのために史進は役所の警察から
追われ屋敷を捨て故郷から逃げ出した。 

wuxi38.jpg

旅に出た史進は渭州という町の茶屋で
駐屯軍の隊長の魯達と知り合う。

魯達は後に魯智深と呼ばれる大豪傑で
二人は酒を酌み交わし意気投合する。

物語りは魯達の物語へと進んで行く。
水滸伝は大豪傑が登場し次の大豪傑と
出会い物語りが続いて行く。

wuxi39.jpg

 
「無錫旅情14」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi40.jpg

水滸伝の中で108人が星の生まれ替わりだと
知った宋江は盛大な宴を設け役職分担を決めた。

朝廷では梁山泊の山賊を退治するために
何度となく討伐軍を派遣するが
そのたびに撃退されてしまう。

wuxi41.jpg

朝廷側は討伐ではなく梁山泊の山賊たち全員を
称えて官爵や褒美を与えるという作戦に出た。

強敵を朝廷の配下にしてしまうというものだが
山賊の配下の者に話をつけようとしても
武力で行使するだけで作戦は上手く運ばない。

朝廷は朝廷から追われていた宋江に話をし
宋江の号令で梁山泊は皆朝廷に帰順するのでる。

wuxi42.jpg

 
「無錫旅情15」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi43.jpg

水滸伝の梁山泊は朝廷に帰順が朝廷では
梁山泊の山賊集団の扱いに困っていた。

朝廷の悪臣たちは梁山泊集団を迎え
入れることに反対の者も多かったからである。

だが宋国北方の遼国が十万の兵を動員して
宋国の領土に侵入して来たので朝廷では
梁山泊軍を遼国と戦わせる事となった。

wuxi44.jpg

梁山泊軍の処遇は進入を食い止めた後に
再度検討する事で意思統一した。

梁山泊軍の宋江はこの命令を受けたとき
国の為に尽くしたいと考えていたので喜んだ。

宋軍として戦争に臨んだ梁山泊の豪傑たちは
思いのほか活躍し遼国を降伏させ都に凱旋した。

wuxi45.jpg

 
「無錫旅情16」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi46.jpg

水滸伝では見方によっては悪が勝つという
物語にも受け取られるが勝利を得たものが
歴史を動かしていく存在になる。

正直者が馬鹿をみるが当てはまる物語りで
朝廷の中に巣くった輩はいつの世にも
存在して後を絶たないのが常である。

wuxi47.jpg

都に戻った梁山泊軍は休む暇なく河北の反乱者と
戦うため出兵し次々と戦争を繰り返す事になる。

どの戦にも勝利を収める事になるが梁山泊軍は
心身共に疲れていたが朝廷に招安されたことで
反乱者であった梁山泊軍が反乱者を退治する側に
回り士気も上がり皆の力をまとめる事ができた。

wuxi48.jpg

 
「無錫旅情17」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi49.jpg

梁山泊軍は4つの戦争を勝ち抜き首都に
凱旋すれば当然のように英雄である。

凱旋した者たち全員に朝廷から官爵が
与えられ梁山泊軍の勇者達は誇り高かった。 

wuxi50.jpg

水滸伝を読んだり見たりした人は結末が
ハッピーエンドには終わらないと分かる。

最終段階では108人の豪傑の大半が
罠にはまって戦死してしまう。

討伐戦までは1人の死者もいなかったが
朝廷からのスパイに手の内を読まれ
最後の戦で59名が戦死し10名が病死した。

wuxi51.jpg

 
「無錫旅情18」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi52.jpg

梁山泊軍の戦いは作戦会議の中に朝廷の
回し者が参加しており全ての作戦が
明るみに出ており以後の戦いは失敗する。

多くの梁山泊軍兵が死んだ中で生きて都へ
凱旋した者の中にも容赦なく不幸は訪れた。

wuxi53.jpg

梁山泊軍の総大将の宋江は凱旋後は高い
官爵を与えられ楚州の司令官に任命された。

だが不満に思っていた朝廷の悪臣たちの
陰謀で毒殺されてしまうことになる。

wuxi54.jpg

   
「無錫旅情19」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi55.jpg

水滸伝の最終で梁山泊軍の宋江は
自分が死ぬことを悟ったとき
腹心の部下だった李逵を呼び寄せた。

李逵に毒見役をさせ杯を飲ませた。
杯を飲み干し暫くしてより酒に問題はないと
宋江に目配せをし宋江も酒を飲み干した。

wuxi57.jpg

だが朝廷の悪臣たちは酒にジワジワと効く
毒薬を入れていたため宋江が酒を飲んだ後
毒見役の李逵は宋江に手を挙げながら死んだ。

悪臣の悪巧みを悟っていた宋江は
暴れん坊の李逵が反乱を起こしては
ならないと毒殺する道を選んだ。

wuxi58.jpg

 
「無錫旅情20」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi59.jpg

水滸伝では軍師だった呉用と花栄は
宋江の死を夢で見るとすぐにも
その墓を訪れ、その場所で二人
一緒に首を吊って死ぬことを選んだ。

wuxi60.jpg

最も幸福だった者たちは、戦争で
生き残りながらも国が与えた官爵を
辞退し故郷に帰った者たちかも知れない。

wuxi62.jpg

 
「無錫旅情21」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi64.jpg

朝廷から官爵を授ける機会を辞退し
故郷へ帰ったものもいた。

波瀾の人生を送った宋江や他の者たち
しかし、3分の1ほどの者は残りの人生を
何事もなかったように生き始めたのである。

wuxi65.jpg

どんなに波瀾万丈な人生を生きようと
結局すべては夢のようなものだと水滸伝
は語っているのかも知れない。

水滸伝の物語は実話ではない。
しかし徽宗期の12世紀初めに宋江を
首領とする三十六人が実在の梁山泊の近辺で
反乱を起こしたことが記録されている。

wuxi66.jpg

 
「無錫旅情22」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi67.jpg

水滸伝の物語を講談した人たちは
南宋の12世紀中頃には宋江反乱の
史実をもとに物語を講談していった。

13世紀頃に書かれた「大宋宣和遺事」に
宋江以下36人の名前と物語が掲載されている。

wuxi68.jpg

15世紀頃に書かれた水滸伝では36人の豪傑は
3倍の108人に増やされ、また荒唐無稽で
暴力的な描写や登場人物の人物像を改めた。

梁山泊は朝廷への忠誠心にあふれる宋江を
首領とし反乱軍でありながらも宋の朝廷に
帰順し忠義をつくすことを理想とした。

wuxi69.jpg

「中国の旅」
 

「BACK」へ  「中国写真ライフ」へ  「NEXT」へ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.