2928211 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

無錫旅情4


   
「無錫旅情35」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi119.jpg

今中国では関羽が商売の神様になり
広東省では各店で祀られている。

三国志の蜀の国では劉備、関羽、張飛と
諸葛孔明が世に知られている。

wuxi120.jpg

魏・呉・蜀の三国で争われたが、それぞれの
国の武将がその各々の国では人気がある。

軍師諸葛孔明を擁する劉備の蜀と孫権の呉
曹操の魏の三国が勝ち残った物語である。

wuxi118.jpg

 
「無錫旅情36」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi121.jpg

三国志と聞いて知らない人はいないと思う。
だが三国志の中で戦った国が何処にあるかと
問うてみると、よくは知られていない。

三国志は中国の西晋時代に書かれた歴史書で
三国時代を扱う歴史書として唯一無二である。

wuxi122.jpg

中国の二十四史の6番目に数えられている。
二十四史は中国の清の皇帝が定めた正史である。

正史とは国家によって編集された王朝の
歴史書のことであり三国志は65巻から成り
三国志の中では魏を正統な王朝としている。

wuxi123.jpg

 
「無錫旅情37」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi125.jpg

河北を平定した曹操軍は、208年7月に劉表を
攻めるため荊州へ南下を始めたが1ヵ月後
劉表が死亡し次男は9月曹操に降伏した。

孤立した劉備は長江を南下し1万人余りの軍勢を
率いる劉表の長男と合流し夏口へ到達した。
曹操は劉表が作りあげた荊州水軍を手に入れ
そのまま南下して兵を長江沿いに布陣させた。

wuxi124.jpg

赤壁の戦いは後漢末期の208年のとき
長江(揚子江)の赤壁において起こり
曹操軍と孫権・劉備連合軍の間の戦いを言う。

曹操軍の兵士20万に対して劉備連合軍は
7万人という兵力で比較すると曹操軍が
兵力の上では圧倒的に多かった。
だが14万の兵を失う損害に遭い退散した。

wuxi132.jpg

 
「無錫旅情38」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi133.jpg

『三国志』が日本へ伝来した時期は
正確には分からないようである。

だが760年の天平年間の『藤氏家伝』には
淳仁天皇は舎人6人を大宰府に遣わして
吉備真備の下で「諸葛亮八陳」「孫子九地」と
いった陣法を修得させている。

wuxi134.jpg

769年称徳天皇が大宰府の請に応じて『史記』や
『漢書』『後漢書』『三国志』『晋書』を下賜し
これらの史書が日本国内に普及している。

藤原佐世が撰述した平安初期の漢籍目録である
『日本国見在書目録』には当時の日本に
存在した後漢時代の史料として『東観漢紀』や
『後漢書』『三国志』『後漢紀』を挙げる。

wuxi135.jpg

「無錫旅情39」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi136.jpg

巨大な勢力の魏の曹操を討つのは不可能。
また三代に渡り発展してきた呉を奪うことも
また可能ではない。荊州と益州の蜀に力を注ぎ
国を三つに分け、その後曹操の野心を砕く。

これが諸葛孔明の天下三分の計だった。
207年当時、劉備に徐庶は孔明を訪ねろと託す。

wuxi137.jpg

劉備は 隆中にいる諸葛孔明を訪ねたが
孔明は出掛けていて草廬にはいなかった。

その後、諸葛孔明より知らせを受けた劉備は
吹雪が吹き荒れる日、孔明を訪ねるが孔明は
草廬にいず弟の均がいるだけだった。
wuxi139.jpg

 
「無錫旅情40」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi140.jpg

2度目に諸葛孔明を訪ねて行ったが孔明は留守で
自分の思いを書い手紙を弟に預けて帰った。

孔明より知らせが入り三度孔明を訪ねるが
孔明は昼寝中で起きて来るのをひたすら待った。

張飛と関羽を連れて孔明の元を訪ねていたが
血の気の多い張飛は三度も訪ねて来ているのに
何と無礼な孔明と劉備に帰るように促した。

wuxi141.jpg

だが劉備は起こそうとせずに只待っていた。
ようやく孔明が起きて来て劉備と対面した。

劉備は天下万民のために立ち上がって下さいと
頼んだ所、孔明は天下三分の計を劉備に話す。

劉備は孔明に私の力になってほしいと頼むが
諸葛亮は1回は断るが劉備の国を思う姿と
三顧の礼に協力することを決めた。
このとき孔明は二十七歳であった。

wuxi142.jpg

 
「無錫旅情41」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi131.jpg

三国志演義の物語は、劉備が母のために貴重な
お茶を求めて船を待っている所から始まる。

劉備はお茶を手に入れたが黄巾の乱に巻き込まれ
張飛が賊から劉備を助け運命の出会いを果たす。

黄巾の乱とは農民が頭に黄色の布を巻いて
反乱を起こした為に黄巾の乱と名前が付いた。

wuxi128.jpg

劉備は義勇軍を結成し反乱軍と戦うが桃園で
身を隠していた時に劉備と張飛と関羽が
運命の出会いを果たし意気投合した三人は
国を統一するために義兄弟の契りを交わす。

その後、諸葛孔明の知恵が劉備を助けるが
関羽が半ば処刑された事を聞いた劉備は
激怒し盟を破って呉に攻め入るが大敗する。

wuxi126.jpg

 
「無錫旅情42」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi143.jpg

曹操が220年に病死した後、曹丕は献帝より
禅譲を受けて皇帝となり、魏を建国した。

劉備は221年に皇帝に即位し蜀の国を建てた。
だが劉備は関羽と荊州を失った怒りは収まらず
反対する者を遠ざけて出兵に踏み切った。

呉の陸遜の策にはまり、大敗ののち劉備は
退却し白帝城で病死しが劉禅と諸葛亮が
丞相として蜀漢の内外政を引き受ける事になる。

wuxi145.jpg

諸葛孔明は魏に対する北伐作戦を最終目標とし
南征を行い蜀漢に反逆した高定の反乱を鎮圧した。

2年後に諸葛孔明は出師の表を奉り北伐を決行した。
戦いは7年・5度に及び、孔明は魏の武将らと戦い
討ち取ったものの234年の最後の北伐の最中
陣中で諸葛孔明は病に倒れ没した。

三国統一は魏・呉・蜀でもなく西晋の司馬炎だった。

wuxi146.jpg

 
「無錫旅情43」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi150.jpg

江蘇省無錫市は上海より130キロの所にあり
上海から高速に乗って3時間程度で着く。

蘇州からならば車で40分ほどで着いてしまう。
無錫の南側に太湖という中国で4番目に大きい
淡水湖があり琵琶湖の約3倍ほどの面積である。

wuxi148.jpg

無錫の映画村から太湖の元頭渚公園まで行った。
元頭渚公園は二度目の訪問だが、前回は真冬で
元頭渚は雪化粧の中で神秘的な様相だった。

元頭渚の元は楽天では使えない中国文字で意味は
スッポンという事で、島自体がスッポンの頭に
似ているところから「元に亀」と書く漢字を使う。

wuxi147.jpg

 
「無錫旅情44」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi149.jpg

最初に太湖の元頭渚公園に来たのは
女性スタッフから一泊で旅行がしたいと
打診があり、何処が良いかな~とつぶやくと
もう行き先もホテルも決めてありチケットも
取ったからねとニッコリ笑うだけだった。

wuxi151.jpg

だが、ホテル名を見ると太湖の五つ星ホテルで
結構な宿泊料である。その時点で太湖へは
行った事がないので行く事にした。

女性スタッフは2人なので女性と私で2部屋
確保したが、今回は私一人の旅であった。

wuxi152.jpg

 
「無錫旅情45」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi153.jpg

無錫の名前の由来は、その昔運河が回りに
巡らされている水の都で、この地方では
錫石(赤銅)が大量に採れた。

だが、漢の時代に採り尽くされ錫が無くなり
この太湖のほとりを無錫と呼ぶようになった。

wuxi154.jpg

太湖は無錫の桃原郷として知られていたが
1916年頃より庭園として整備され始めた。

今は無錫の中でも広大な敷地を有し
無錫一の景勝地となっている。

無錫を訪れたなら太湖を観光するように
太湖を観光するなら元頭渚公園を観光しよう。

wuxi157.jpg

 
「無錫旅情46」

「中国写真ライフ」では、
江蘇省「無錫」の写真を公開しています。

wuxi158.jpg

元頭渚公園の特色は湖の美しさにある。
さらには庭園の細かな造りや岸辺に並ぶ
太湖石という名の奇石のほか長春橋また
飛雲閣、光福寺などの見所がある。

wuxi155.jpg

入園料は105元で開放時間は8時~17時まで
船で元頭渚まで行くのに40分ほど掛かかり
18時20分には閉園になってしまうので
のんびりと探索していると船も無くなってしまう。
春には花見大会があり中秋節には花火大会がある。

wuxi156.jpg

「中国の旅」


「BACK」へ  「中国写真ライフ」へ  「NEXT」へ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.