3022975 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

広西--桂林旅情1



「桂林旅情1」

「中国写真ライフ」では、
広西自治区「桂林」の写真を公開しています。

32.jpg

「桂林」というと墨絵師が多く訪れ
多くの大作を世に送り出して来た。

その桂林が、いったい何処に在るのか
20年ほど前までは知らなかった。

地図で話すと桂林は広東省の西隣に
位置しており15年ほど前は中国の中で
取り分け桂林は物価が高い所と言われた。

29.jpg

桂林へは四度訪れているが
今回は明代に栄えた桂林の王城へ来た。

桂林は広西チワン族自治区の東北部に
位置し2000年以上の歴史がある都市で
1100年ごろの宋代から清代までの800年間
広西の政治や経済、文化の中心でもあった。

中国人ならば誰もが知る「桂林山水甲天下」
意味は「桂林の山水は天下一」という事である。
まずは王城がある独秀峰から紹介して行こう。

30.jpg


「桂林旅情2」

「中国写真ライフ」では、
広西自治区「桂林」の写真を公開しています。

1.jpg

上海から午前の便で桂林空港へ着いた。
私が初めて桂林を訪れたのは1995年の頃。

その当時の桂林飛行場は桂林の素晴らしい
山並みが滑走路から間近に見え感動した。

今回訪れてみると飛行場は移転し、あの
素晴らしい光景は見られず残念な思いを残した。 

2.jpg

ホテルに早く着いてしまいフロントで聞き
一人で王城独秀峰へ行って見ることにした。

独秀峰は桂林市の市街の中心部にあった。
明代の靖江王府であり明の朱元璋の甥の子の
朱守謙が靖江王として赴任された。

明が滅亡するまで桂林は朱守謙の子孫の
王達によって治められていた。

3.jpg


「桂林旅情3」

「中国写真ライフ」では、
広西自治区「桂林」の写真を公開しています。

4.jpg

朱元璋とは中国の明朝の創始者であり
初代皇帝であり治世の年号を取って洪武帝と
呼ばれ、南京で中国統一を成し遂げる。

中国統一後、一族を各地に配置し明王朝の
安定を図り、今の桂林も明が滅亡するまで
朱守謙の子孫によって治められていた。

5.jpg

今、その王城に来ており桂林観光の
中心である独秀峰に登ろうとしている。

独秀峰は南北朝の詩人の詩に詠まれ
天をつくばかりに高くそびえ寂しい峰から
名づけられているが、峰が聳え切り立って
高くて険しく迫力があり、また雄大でもある。

王城に孫中山が駐屯した跡が残されていたが
孫中山は革命の父と呼ばれ日本では孫文と呼ぶ。

6.jpg


「桂林旅情4」

「中国写真ライフ」では、
広西自治区「桂林」の写真を公開しています。

7.jpg

独秀峰の近くまで来たところの岩盤には
歴史のある彫り物が施されていた。

「寿」と彫られているが寿の意味合いは
日本と少し趣が違うようにも感じる。

中国での「寿」は葬儀用や死後の物品を
指して言う事が多いが、日本と同じに
長寿や寿命、年配者の誕生祝いなどにも使う。

8.jpg

独秀峰へ登り出したが思ったより急勾配で
至るところに転落防止の鎖が張られていた。

画像の門の扉の握り輪をくわえた動物が
鎖と鎖を繋いでいたが、この動物は
龍の9人の子供の9番目のショウズである。

9番目に生まれたショウズは怠け者で
何をやらせても働かず動こうとしない。

困り果てた竜は、門の見張りをさせて暫くの間
様子をみた所、全く動かないのが功を奏し神々の
至る所の門番をし、後に写真のような姿になった。

13.jpg


「桂林旅情5」

「中国写真ライフ」では、
広西自治区「桂林」の写真を公開しています。

11.jpg

桂林に聳える山は奇峰と呼ばれ、今までにも
多くの詩人を迎えて来た所である。

その山並みは海抜も高くは無く今私が立つ
独秀峰で70mほどの高さでしかない。

だが、日本の北アルプスのように高い山でも
山頂付近は別にして登山道は急ではない。

明王朝時代に造られた靖江王城跡は
東西に250mと南北に500m程の城壁の中に
独秀峰は聳え立っている。

9.jpg

高さ70mと大した事はないと登り始めたが
西側から300段以上の石段を登って行く。

石段が思ったより高さがあるので思いっきり
太腿を上げて登っては休みながらまた登った。

写真の藍色のリボンには「健康長寿」や
「一生平安」などと書かれたリボンが登り口で
販売されており、記念と祈りを託し結んであった。

よく二人の愛が硬く結ばれ、離れませんようにと
鍵が掛けられているが独秀峰では見掛けなかった。

12.jpg

「中国の旅」


「BACK」へ  「中国写真ライフ」へ  「NEXT」へ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.