2933082 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

南京大虐殺は真実なのか?



「南京!思う所あり1」 「南京!思う所あり2」
「これは真実なのだろうか1」

「中国上海写真ライフ」では、
日中戦争--南京!南京!の映画の写真を公開しています。

nanjing1.jpg

映画「南京!南京!」のDVDを久方ぶりに見た。
映画を中国人と先に見て、半年ほどしてより
DVDが発売されたので購入して何度も見た。

初めスクリーンに日本皇軍将校の後姿のアップから
カメラを将校の背中から頭へパンアップさせてより
揚子江岸に虐殺された無数の中国国民党革命軍兵士。

スクリーンへ映し出された兵士の数が1000遺体ほどに
感じたが改めて「300000」の数の多さを感じる。

nanjing2.jpg

「南京南京」の監督である陸川監督は1989年から4年間
南京の大学で学んだ。また4年間に3回南京大虐殺紀念館を
参観したという。その間にも南京事件の中国映画を見て
何かが違うと感じ、自分で資金調達、映画「南京南京」を
製作したが、日本俳優も全て陸川監督が選んだ。

陸川と書くと日本人のようであるが「ルー・チュアン」と
新疆ウイグル地区出身の中国人で6歳の時北京に移住した。

陸川監督の写真は下の画像である。
陸川監督は4年以上の歳月を費やし「南京南京」を作った。
脚本は総て一人で書き上げ映画作成資金も一人で調達した。
興行収入は中国で26億円とハリー・ポッターの上を行った。

nanjing3.jpg

私が「南京南京」を見たのは上海の映画館であった。
もちろん私一人で中国人の中に入って行く勇気もなく
友人の中国人と一緒に映画を見たが字幕スーパーも
中国語の中かなり緊張し、映画を見終わり外へ出るのも
日本人と分かるのが怖く終始下を向いて歩いた。

日々中国のテレビで流れる抗日戦争ドラマに出てくる
日本人役は中国人役者がなっており日本語が怪しい。

だが「南京南京」では主要メンバーの他に50人ほどの
日本人エキストラが出演しており誰にでも分かる
普段の言葉使いで収録されており安心して見れた。
中国人も日本人も総て35歳以下のスタッフで製作された。

nanjing4.jpg

映画を製作する前に陸川監督は何度も南京事件の書物を
読んだり南京攻略に参加した元兵士の書いた日記に目を通し
製作に望んだが、あくまで事実に基づいたフィクションである。

だが完成し中国人の目に映るシーンの多くのフィクション性が
隠されておりモノトーン映画の持つリアルさが、あたかも
真実であるかのような映画に中国人から怒りの声が上がった。

南京陥落前に中国国民党革命軍は撤退し、占領されたのは
無抵抗の都市であり、無力の市民に対して、旧日本軍が犯した
最も恐ろしい残虐行為が次から次へとスクリーンに映し出された。
旧日本軍人により大量の虐殺や暴行殺害、放火が行われた。
観客席で見ている私までが怒りを覚えるほど残虐であった。

上の写真は中国革命軍で抵抗する「陸兵士」だが機銃掃射の
一斉射撃で虐殺され映画の前編シーンで亡くなってしまう。

下の写真は日本人主役の「角川」であるが憲兵の役柄で
最後は戦争の暴力について行けなく自殺してしまう。
日本では未公開?あらすじは次のページで紹介したい。

nanjing13-1.jpg



「これは真実なのだろうか2」

「中国上海写真ライフ」では、
日中戦争--南京!南京!の映画の写真を公開しています。

nanjing6.jpg

スペインサンセバスチャン国際映画祭で最高賞の
ゴールデン・シェル賞受賞したが中国作品は初。
陸川監督映画「南京!南京!」は第53回ロンドンの
映画祭でも注目を集め中国のテレビ取材班も訪れた。

旧日本皇軍が中国を侵略した事は紛れもない事実である。
虐殺もあったに違いないが30万人となると眉唾物である。

だが、親しい中国人に話した所で信じる筈もなかった。
私は中国へ行ってより2回大きなホールで中国人を集め
マイクを持ち15分ほどの話の中で、南京事件のことを
話したことがあったが、600人以上居ると私を密告する者も
現れ、かなり厳しいお叱りを工場側から受けた事があった。

nanjing3.jpg

(上の写真は角川の上官の伊田少尉役の木幡龍)

話の内容は「南京大虐殺は事実だと思うが30万という数は
中国政府が水増ししたものだと私は思っている。しかし、数が
少ないからと言って虐殺したことには代わりがなく、ここに
私からも皆さんに対し謝罪したいと思います」と約7分ほど。

バカにつける薬はないと言うが、工場側から日本本社に苦情が
そして日本から「中国人の気持ちを逆撫でするような発言は
慎むようにしなさい。ましてや集会の中での発言は言語道断。
あなたの代わりは幾らでも居るんだから肝に銘じるように」

映画「南京南京」のあらすじと言うか感じた所を思うままに
書き綴ってみたいが、南京南京を見ていない人にとっては
ストーリーが見えてこないのかも知れない。

物語は南京が陥落し多くの中国兵が虐殺されたあとのシーン。
日本人主人公「角川」が慰安所へ行き、初めて女性と交わる。
その日本人慰安婦は百合子と言った。角川は新年の慰問袋を
持って再び百合子を訪れるが、病を患っていた。

nanjing2.jpg

(上の写真は中国人慰安婦で真ん中が足にブレスレットを)

角川の持ってきた慰問袋に手を入れ無邪気に喜ぶ百合子。
角川は彼女と再び契りを結ぶ。角川は三度慰安所を訪れるが
百合子の病状は重かった。角川は触れることをためらう。

若い兵隊が角川に「終わりましたか」と尋ね、百合子が
横たわるベットの脇に腰掛け百合子を犯すベットのきしむ
音を頭を垂れて我慢する角川の姿が映し出されていた。

日本人慰安婦の数が足らなくなり中国人の中から募った。
100人の中国人慰安婦が集まった。角川はベットに横たわる
中国人慰安婦に手を触れず共に時間をすごした。
そしてカメラは彼女の右足首のブレスレットを撮った。

ある日、憲兵の角川は中国人慰安婦が力尽きて裸体のまま
リヤカーで運ばれようとする場面に出会う。その時左足に
ブレスレットをつけた慰安婦の死に臨み愕然とする角川。

nanjing4.jpg

(上の写真のリヤカーに乗せられた左側の女性の足首に飾りが)

久しぶりに日本人慰安所を訪れた角川は、百合子が死んだ事を
告げられ「百合子は私の妻でした」と純真な心中を話すシーン。

捕虜への凄惨な虐殺が続く中で神経をすり減らしていった。
その最中で角川は百合子に愛情を抱き、戦争による疲弊を
癒して行ったが百合子はあくまで慰安婦でしかなかった。

百合子にとって角川大勢の中の一人だが、角川にとっては
精神的な拠り所であり百合子を妻と思うほどになっていた。
百合子と逢うが満たされぬ思いのまま、再び暴行、虐殺が
蔓延する街の所属部隊に戻って行く心の葛藤とのジレンマ。
実際には、日本人従軍慰安婦は居なかったようである。

最後には銃殺するために縄で縛った中国人子供と大人二人を、
逃がし、「死ぬ事より生きる事の方がずっと大変だろうな」と、
言い腰の拳銃で自殺した。そのシーンが妙に心に残った。

35歳以下の人達で作成した映画で残酷なシーンは少なかった。
だが、虐殺の人数より、虐殺した事の事実は歴史からは消えない。

W02001.jpg

今回、非常に感動したのは、日本軍人から見た南京大虐殺を
テーマに作品が作られて行ったが、それでも悲惨な場面が多い。

主人公の日本軍人が日本人慰安婦の百合子と始めての情事で
その女性を妻のように愛し通い続けたが、慰安婦の百合子は
過労で病死してしまった。目の前には中国人慰安婦が過労死し
全裸のまま、脇と足を抱えられリヤカーに放り込まれる。

中国人慰安婦の足につけたブレスレットと百合子の死とを
オーバーラップさせ、何とも切ないシーンである。

日本人の主人公である角川は中国での映画のキャンペーンに
訪れた時、観客席の中国人は角川に罵声を浴びせた掛けた。

やがてそれを打ち消すかのように若い中国人から「日本人の
俳優にそんな事を言うものではない」「彼らこそ尊敬に値する」
「彼らは勇敢だ!」という声が次々と、会場全体が熱い拍手に
包まれ、角川役の中泉英雄は舞台裏で感動し泣いたという。

現在、中泉英雄と木幡龍は日本で嫌がらせを受け、陸川監督の
計らいで中国北京で暮らしているが彼らも被害者なのかも・・。

nanjing13-1.jpg



「BACK」へ  「ワンダーフォトライフ」へ  「NEXT」へ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.