2921671 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

問われる適切な判断


「個人情報の漏えい懸念」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0032のコピー.jpg

今日のラジオはテレビの音声を放送していた。
自衛隊のヘリが救出するシーンをリアルに放送。

テレビを見ていたら、その模様は目から入って来ている。
しかし、ラジオなので、想像を膨らませて聞いていた。

IMG_0093のコピー.jpg

今日は自衛隊以外、各地警察のヘリも応援に来ていた。
国会中継はNHK第一では放送されずFMで放送されていた。

今回の台風18号と17号による水害救助活動で、
政府の対応は思ったより迅速にできていた。

IMG_0073のコピー.jpg

安倍首相本人にとっては水害をどう思ったのだろうか。
争点の風当りが強い安保法案であり、日本国民を守る安保法案。

安倍首相は国の総力をもって人命救助を優先と指示。
不謹慎ではあるが、安倍さんにとって追い風となるのか。

IMG_0075のコピー.jpg

今回は自衛隊のヘリの救出活動が迅速に行われた。
濁水が広がる光景に東日本大震災を思い出したと語る。

1級河川鬼怒川の決壊、一気に浸水し非難する間もなかった。
浸水光景は犠牲者5098人の伊勢湾台風で経験していた。

IMG_0107のコピー.jpg

弥冨の親戚も浸水し父が布団を運んで行った記憶が残る。
私は当時小学4年生だったが鮮明に覚えている。

テレビで牛や豚が死んで浮かんでおり、人も膨らんで浮かんでいた。
あの記憶は今でも鮮明に覚えているが現場には行けなかった。

IMG_0097のコピー.jpg

「国勢調査オンラインページ」史上初めてのインターネット入力。
夕方5時過ぎにパソコンにてIDとパスワードでログイン。

思っていたより簡単な回答方法である。
従来の紙面による回答の場合、余計な部分も目に入った。

IMG_0121のコピー.jpg

今回はページごとに氏名、生年月日、家族構成員数など、
回答し次へ進むでいつの間にか最後のページになっており簡単。

パスワードは後日修正などの為、自分のパスワードに変更した。
妻の分は私が代理で付け加えておいた。

IMG_0126のコピー.jpg

どんなにPCに不慣れな人であっても10分あれば回答できる。
このインターネット回答を送信したのでマイナンバーが出来る。

10月中にはマイナンバーが郵送されて来るだろう。
今までマイナンバーは不安と思っていた人にも配布される。

IMG_0132のコピー.jpg

赤ちゃんからお年寄りまで、全国民にマイナンバーは付く。
また中長期在留の外国人や法人にもナンバーが付けられる。

マイナンバーは納税額や年金・介護の保険料納付状況が見れる。
ナンバーを打てば個人データを引き出し照合できる。

IMG_0128のコピー.jpg

政府は、各個人の所得水準や年金、医療などの受給実態を把握し、
効率的な社会保障給付を実現することを目的としている。

脱税の防止や生活保護の不正受給防止が期待されるとしている。
リスクは公務員による情報漏えいが一番懸念されている。

IMG_0142のコピー.jpg

毎週のように各機関からの個人情報の漏えいが起きている。
深刻なプライバシー侵害が発生する懸念があるのも隠し得ない。


「許してほしいと懇願するほど」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0038のコピー.jpg

昨夜からアレルギーの為クシャミが出て仕方なかった。
ゴミ箱がティッシュの山になるほどで鼻も痛い。

いつもはシャワーだけにしていたが風呂に入った。
風呂に入っている間は、何も問題はない。

IMG_0026のコピー.jpg

洗い場に出て体を洗っている間に涼しい風で鼻水が出る。
シャワーのお湯をティッシュ代わりにするが間に合わない。

一気に10回ほどクシャミが止めどなく出る。
自分ではコントロールが出来ない。

IMG_0022のコピー.jpg

クシャミが10回以上出るとまず1回目のアレルギーは収まる。
3分もしないうちに2回目のクシャミが始まり収まらない。

風呂場なので湿度が高く花粉症ではない。
カメラのレンズ交換を風呂場で交換するほど埃もない。

IMG_0014のコピー.jpg

情けなくなるほどクシャミが止まらなくなる。
寒暖差から体が冷えクシャミを誘発しているのである。

真夏の気温が暑いほどの時はクシャミは出なかった。
夜の気温が24度から23度が裸では一番よく出る。

IMG_0031のコピー.jpg

湯船に浸かるとクシャミは止まり全く出ない。
湯船には10分ほど浸かっている。

一人なので湯船の掃除もしなくてはならない。
裸のままスポンジで湯船の掃除を始める。

IMG_0045のコピー.jpg

2分間ほどは問題はなく鼻水もクシャミも出ない。
湯船に並々だったお湯も3分の1程になって来る。

湯船の下や排水口周りを洗剤を付けて洗う。
素っ裸であるが掃除という事も有り体を動かして暑い。

IMG_0050のコピー.jpg

だがす~っと涼しい風が体を吹き抜けると鼻水が出る。
また始まるのか?と思うとクシャミがで出す。

クシャミをすると膝の上と下側がゾクゾクする。
毎回同じパターンを繰り返している。

IMG_0103のコピー.jpg

クシャミの回数は10回以上出る。
ホープが私のクシャミを聞きつけ風呂場で待っている。

ホープと共に生活をし出してクシャミばかりである。
風呂の扉を開け脱衣場のバスタオルを取るがクシャミだ。

IMG_0115のコピー.jpg

風呂場の気温が28度位なら脱衣場の温度は23度で寒い。
クシャミが連発で出てホープも逃げて居ないほどだ。

直ぐにTシャツを着たいが汗が引かないので着れない。
パンツを履きナイロンストッキングを履く。

IMG_0120のコピー.jpg

靴下を履きトレーナーのパンツを履くがクシャミは止まらない。
背中に掛けていたバスタオルを取りTシャツを着る。

クシャミが出るほどであるが背中は汗が噴き出ている。
Tシャツと背中が引っ付き気持ち悪いので脱いでしまう。

IMG_0134のコピー.jpg

ヒンヤリとした感覚にまたクシャミが出る。
もう許してほしいと懇願するほどだが容赦なく出る。

先にドライヤーで頭を乾かし背中にもドライヤーを掛けた。
Tシャツを着て、トレーナーの上着を着る。

IMG_0150のコピー.jpg

その上にヨットパーカーを着て、更に薄い羽毛服を着る。
何とかクシャミは止まったようである。

いつもクシャミばかりではない。
温泉に行った時はクシャミは全く出ない。

IMG_0154のコピー.jpg

温泉では脱衣場、洗い場、温泉まで温度が一定に保たれている。
3種類の薬を飲むが、後からクラクラしてくる。

ベッドの上の毛布は2枚と薄いダブルの羽毛布団で寝ている。
厚い羽毛布団は前回のクリーニングしたままにしてある。

IMG_0153のコピー.jpg

昨夜は何もする気になれず睡眠誘導剤で深夜1時に寝た。
昨深夜のホープとの散歩は行けなかったがホープも疲れたようだ。


「女子会の帰りなのか」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0165のコピー.jpg

金曜日の夜は酷いクシャミの為ホープと散歩に出れなかった。
昨深夜はホープは私の所へ来て20分ほど待ち散歩に出た。

クシャミがで出せば自分の意思では止められない。
薄い羽毛ジャケットを羽織り外へ出た。

IMG_0136のコピー.jpg

途中から背中と二の腕が汗ばんで来るのが分かった。
20秒手を上に挙げたり、20秒腕を引いて肩甲骨をつけたりした。

右手を頭の上に挙げバレリーナの手の動きを真似たりした。
深夜なので誰も通らないと思っていると3人の女性たち。

IMG_0139のコピー.jpg

女子会でもした帰りなのか大分酔っぱらっているようである。
ホープのリードには点滅式のライトが付けてあった。

「今こんなのがあるんだね」と近寄って来る。
暗いので分からないが街路灯に照らされた顔は60歳。

IMG_0145のコピー.jpg

深夜女性も3人が並んで歩くと怖くも感じるほどである。
夜中0時半頃であり、ご主人は家で待っているのか。

時代は大きく変わったものだと思いながらやり過ごした。
前を3人並んで歩くので暫く止まって距離が離れるのを待った。

IMG_0149のコピー.jpg

カーブで見えなくなったので、またバレリーナの手をした。
手を後ろに回し、1回転させて前に持ってくるエクササイズ。

いろいろ取り入れて、筋肉のバランスを保った。
夜中は往復の散歩に30分ほど掛かるがちょうどよい。

IMG_0168のコピー.jpg

朝は30分の散歩、夕方45分掛かり、深夜30分ほどの時間。
1時間45分の散歩の間ラジオを聴きながらエクササイズをした。

最低限の散歩で1時間45分の時間を有効に活用した。
散歩する時間が勿体ないと言う人もあるが考えもいろいろ。

IMG_0164のコピー.jpg

何も運動をしない人と、たかが散歩だが差は歴然と現れる。
私にはその差がどれほどなのかは分からないが少なからずある。

この先、杖をついて歩く時が来るのかも知れない。
その時に、散歩やエクササイズを続けていて良かったと思いたい。

IMG_0159のコピー.jpg

今日はホープのシャンプーをした。
私はクシャミが怖いので、服を着たままシャンプーをした。

ホープは時折、体をブルブルと震わせるのでジーンズが水浸し。
クシャミよりまだ濡れる方が良いと、そのまま続けた。

IMG_0008のコピー.jpg

ホープのシャンプーが終わるころには汗びっしょりになった。
ホープの体を何度も拭き肉球も水を切るように拭いた。

結局私は全部服を脱ぎシャワーを浴びる事となった。
時折涼しい風が吹いたが、クシャミは起こらなかった。

IMG_0047のコピー.jpg

ホープをドライヤーで乾かしてから散歩に出たがクシャミは出ない。
金曜日のクシャミを思うと徐々に体が順応しているのかと思った。


「面白くなって来た」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0196のコピー.jpg

夕方の散歩へ行く時間、外が急に暗くなったようである。
夏場は7時ごろでも明るく感じるほどであった。

あと半月もすれば、5時半ごろには暗くなってしまう。
散歩に出る人たちも3時半ごろには散歩に出ている。

IMG_0173のコピー.jpg

夕方5時45分ごろ散歩に出たがまだライトを点けるまでもない。
ラジオでは白鵬が前頭筆頭の嘉風との仕切りの最中。

昨日の初日は小結・隠岐の海に敗れまさかの1敗。
今日も白鵬が負ければ相撲が面白くなると思いながら歩いた。

IMG_0204のコピー.jpg

アナウンサーの声、時間一杯になり立ち合いに入りました。
アナウンサーの実況の嘉風突っ張るのあと白鵬負ける。

期待はしていたものの白鵬はどうしてしまったのかと心配。
面白くなって来た相撲は明日から更に面白くなると思った。

IMG_0182のコピー.jpg

相撲の興奮も冷めやらぬうちに200mは歩いていた。
思い出したようにエクササイズをしながら歩いた。

ラジオではNHKニュース深読みに入っていた。
茨城鬼怒川決壊現場へ視察に行った教授が参加していた。

IMG_0203のコピー.jpg

なぜ1級河川の鬼怒川が決壊してしまったのかと検証していた。
原因は豪雨により川の水量が高くなり越水によると話した。

越水により堤防を越えた水が滝状態になり堤防を削ったため。
丁度そこにはソーラー発電の為に小高い丘を削った場所だった。

IMG_0191のコピー.jpg

これから検証が行われるが、ソーラー発電設備の所が決壊。
検証後、事実ならばソーラー発電会社も補償問題になる。

ソーラー発電会社の経営陣は居ても立ってもいられない。
電力需要の為とはいえ小高い丘を削らなくても良かったのでは。

IMG_0198のコピー.jpg

結果論だと言えばそうかも知れないが怒りの矛先はどう向くか。
既に自治会の役員から役所へ苦情が行っており調査を始めた。

重い腰を上げたばかりの役所も寝耳に水である。
ソーラー発電開発者が自然の堤防を削り取った噂は独り歩き。

IMG_0180のコピー.jpg

自然の堤防の一部が民有地らしいが法的にどうなのだろう。
あとの祭りだが行政はなぜ止められなかったのかと思ってしまう、


「力を入れ過ぎてもいけない」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0050のコピー.jpg

大相撲は3日目の今日から白鵬の左膝の怪我で休場。
北の富士親方は解説で白鵬休場により横綱は鶴竜一人。

優勝のチャンスだがプレッシャーは相当なものと語る。
そのプレッシャーの鶴竜は嘉風に押し出しで敗れた。

IMG_0187のコピー.jpg

大相撲秋場所は横綱2人休場で鶴竜は3日目に土。
誰が優勝するのか混戦模様が想像され面白い。

白鵬の左膝の怪我は1か月であり横綱になり初めての休場。
北の富士親方も白鵬が怪我なく来たのも奇跡だと褒める。

IMG_0154のコピー.jpg

今日はホープを連れて散歩がてらセブンイレブンまで行った。
いつもは車で行くのであるが、天気も良く歩いて行った。

ホープは何度も前両足を踏ん張り家まで帰ろうとした。
私は20mほどホープを抱えて三叉路を歩いて行き過ぎた。

IMG_0066のコピー.jpg

ホープは振り向くが諦めたように歩いて行った。
距離にすると1.3キロほどの道のりである。

往復するので最近のホープにとっては相当歩いた事になる。
帰りに母の墓によって草が生えていないか確認した。

IMG_0084のコピー.jpg

1センチほどに生えた草が2本あるだけで抜き取った。
隣の墓の周りに草が生い茂っているので気になった。

気になっても他人の墓なので草引きとはいえ遠慮した。
お盆を過ぎて一ヶ月経つが枯れた花はそのままにしてあった。

IMG_0099のコピー.jpg

帰宅してホープの食事の用意に入った。
今のメインはドライドッグフードをお湯でふやかした。

ドライドッグフードをミキサーマジックブレットで加工。
妻が使っていたが、私が使うのは初めてだった。

IMG_0093のコピー.jpg

ミキサーで粉にしたドッグフードをお湯で1時間ふやかした。
注射器スポイトに入れたが20mlなので10本作った。

レビューに注射器のパッキンが動かしにくいとに苦情があった。
10日間ほどで動かなくなり新しく買って来たともある。

IMG_0038のコピー.jpg

私は力不足なのだろうと注射器のパッキンが確かに動かない。
思いっきり引き抜いたらパッキンだけが空しく残っている。

パッキンが残った注射器スポイトはただのゴミでしかない。
力が無くても入れ過ぎても新しく買い求めなくてはならない。

IMG_0022のコピー.jpg

苦肉の策でパッキンに食用油を塗り動きを良くして対処した。
ホープの体重は8.6キロで流動食では体重維持がやっとである。

偶に合挽き肉をドッグフードにトッピングしている。
流動食だけでは腹が減ってしまうのかと思ってしまう。

IMG_0031のコピー.jpg

一合計量カップが180mlで3倍近くに500mlにふやけている。
1回分の食事は注射器10本で165mlを3回で495mlである。


「安全保障法案採決の攻防」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0106のコピー.jpg

国会では安全保障法案採決の攻防の為騒がしい。
安倍首相は強行採決に持って行くべく3党合意した。

強行突破されると野党は絶対廃案を訴える。
安全保障法案は明日にも可決されるだろう。

IMG_0100のコピー.jpg

大きな歴史の流れが動き始まる前日の攻防だ。
この法案が通れば外務省が一番得をするだろう。

非常任理事国だった日本が常任理事国入りを目論む。
常任理事国に入れたとしても信ぴょう性が無い日本である。

IMG_0048のコピー.jpg

安全保障法案はこのまま採決され野党が反対しても可決。
多勢に無勢であり強行に法案は通ってしまうだろう。

思うに安倍首相が悪いと言う声が多いがそうだろうか。
政治に参加できる一番の選挙に多くの人が参加しなかった。

IMG_0113のコピー.jpg

与党大勝の結果をもたらしたのは投票放棄した国民に問題。
強行採決反対とは言っても今となっては後の祭りである。

あまりにも分かれ過ぎた野党であり反対しても空しい。
国会質疑の場で安倍首相にあんたの売国奴の爺さんなど恥ずかしい。

IMG_0066のコピー.jpg

野党の一つの党の党首の言葉とも思えないし唖然と聞いていた。
戦争法案と風評を独り歩きさせたのもこの党首である。

人の心理に不安を与え、将来戦争を仕掛ける国になると煽る。
安全保障は抑止力の強化のためには必要不可欠である。

IMG_0118のコピー.jpg

私の問題は夕方スーパーで冷凍食品をたくさん買って来た事だ。
2段の冷凍室に入り切れないので、先に鍋いっぱい作った。

鍋いっぱい作って、やっとどうにか冷凍室に入った。
調理で取り出し入れる時には気を付けないと入らない。

IMG_0115のコピー.jpg

ホープの流動食を入れて飲ませる注射器も5本買って来た。
容量の大きな注射器をamazonから買おうと思った。

しかし、片手で操作するには指が届かないので20mlにした。
これで注射器も15本になり、壊れても問題ない。

IMG_0065のコピー.jpg

ホープの体重は流動食をいくら食べさせても増えない。
一時8.8キロまで行ったが、その後は8.5キロのままである。


「問われる適切な判断」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0009のコピー.jpg

国会の中での野党各責任者の的を得ない長い演説も終了。
野党が提出した鴻池委員長の不信任動議は否決された。

鴻池委員長の不信任動議は与党多数で否決された。
初めから決まっているシナリオであるので変わる事はない。

IMG_0090のコピー.jpg

2015年9月17日午後5時前特別委員会で可決、法案は本会議で可決する。
本会議前でも野党の問責決議が予想、これで国際社会に大手を振れる。

安保法案は戦争法案と決め付けられ子供を持つ親に不安を与えた。
国際社会から取り残される事の方が将来に不安を抱くだろう。

IMG_0003のコピー.jpg

安保法案は国際平和支援法案と平和安全法制整備法案からなる。
重要な法案は自衛隊法改正案などからなっている。

自衛隊の活動範囲や使用武器の拡大し集団的自衛権を認める。
有事の際に自衛隊を派遣する際、国会議論の時間を短縮する。

IMG_0013のコピー.jpg

在外邦人救出や米艦防護を可能にし武器使用基準を緩和。
自衛隊の上官に反抗した場合の処罰規定を追加する。

日本を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増したためである。
中国の脅威に備えないと、とんでもないことになる。

IMG_0008のコピー.jpg

1991年の湾岸戦争で日本はアメリカなど多国籍軍に、
130億ドル(1兆3千億円)の財政支援をした。

だが憲法に縛られ自衛隊を派遣しなかった事で日本は、
国際社会から評価されず外交は大失敗に終わった。

IMG_0017のコピー.jpg

日本は国連の平和維持活動PKOを野党の大反対で行った。
イラクへの人道支援で自衛隊の海外派遣を徐々に拡大してきた。

外務省は外交問題で自衛隊を使いたい願いがあった。
2014年に憲法解釈を変更する形で集団的自衛権の行使を容認。

IMG_0023のコピー.jpg

野党や共産寄りの学者から憲法に違反していると意見が飛び交った。
憲法自体が70年も昔の第二次世界大戦敗戦後、連合国が作ったも同じ。

敗戦から70年すぎた今日本に適したものに改正しても良いと思う。
違憲であると反対する少数の学者の意見が大きく取り上げられた。

IMG_0027のコピー.jpg

合憲だと主張する多くの学者たちの意見は取り上げられていない。
安全保障法案の違憲性を判断するのは学者達ではなく司法機関である。

韓国寄りの政治家は集団的自衛権がアメリカの戦争に利用されるという。
だが集団的自衛権がすぐに必要になるような事態が起こる事はない。

IMG_0034のコピー.jpg

法案は日米安保条約と国際連合憲章に準じた安全保障を盛り込んでいる。
今まで個別的自衛権しか持たないので自衛権の行使は許されなかった。

だが70年も前に連合国側が作った憲法解釈によるものである。
国際連合憲章などで規定されている世界基準には沿っていない。

IMG_0041のコピー.jpg

日本は国際連合憲章によって、すでに個別的自衛権も、
集団的自衛権も持つものとされている。

安全保障法案は、国際情勢に適合させる日本の姿勢の表れである。
今や一国の問題は一国だけの問題ではなくなってしまっている。

IMG_0062のコピー.jpg

我々国民は、今回の安全保障法案をよく理解しなければならない。
政府はその時々に問われる問題に対して適切な判断を要求される。

我が家のホープは、今朝方また戻してしまった。
ビオフェルミンを溶かし、おう吐してから3時間後、飲ませた。

IMG_0077のコピー.jpg

夕方になり元気を取り戻してくれたので安心している。
今日は土砂降りの雨の中、雨合羽を着せてホープと散歩した。


「倍の量の薬で副作用」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0241のコピー.jpg

今日は体が重たく感じ背中や腰も痛い。
眠剤と抗不安剤と寒暖差アレルギーの薬の副作用だ。

昨夜10時ごろに寒暖差アレルギーの薬飲んでいた。
書斎に行きデスクトップパソコンのキーボードをタイプ。

IMG_0043のコピー.jpg

深夜0時20分にホープに雨合羽を着せて散歩に出た。
雨は多くは降っていないが、ホープの腹が汚れるのを嫌った。

ホープのリードにLEDランプを付け散歩させていた。
私もLEDランプをA4バッグの後ろ側に取り付けていた。

IMG_0082のコピー.jpg

深夜の車のスピードは30キロ制限を50キロ以上で走行する。
もし跳ねられても深夜なので確実にひき逃げされてしまう。

私のバッグの前には反射タスキを半分に折りバッグに付けている。
たまに夜中出会う人は「遠くからでもハッキリ見えますね」という。

IMG_0086のコピー.jpg

私のLEDランプはリチウム電池2個入れており、かなり明るい。
歩くたびに左右に揺れ、遠くからでも前に人が歩いていると分かる。

ホープのリードには首から20センチほどの所へ付けている。
ホープが歩く度に左右に上下にと動くので楽しくもある。

IMG_0098のコピー.jpg

エンジンの音も高らかに走行してきても5mほど手前でブレーキを踏む。
私たちをやり過ごしたかと思うと爆音を轟かせ走り去っていく。

土砂降りの雨の降る日でもホープは散歩がしたいと騒がしい。
土砂降りの雨の日はフロントガラスも曇り気味なので気を付けている。

IMG_0066のコピー.jpg

深夜散歩から帰宅してよりホープの足首や肉球、頭を拭いた。
直ぐにオムツをしてお尻をポンと叩くと急ぎ廊下を走っていく。

私はダイニングへは行かず、デスクトップのキーボードを叩いた。
ブログのコメントを返したのちダイニングへ向かった。

IMG_0124のコピー.jpg

何となくこめかみから首筋が痛く、自分でマッサージをした。
妻が使っていた介護手すりの角で首筋やこめかみをマッサージ。

その時は痛いが、100回ほど数えて左右をマッサージした。
スクワットの代わりに背筋や腰をマッサージした。

IMG_0097のコピー.jpg

かなり痛みを伴うが、そのあとは快い気持ちよさがやって来る。
キッチンから日本酒を出しコップに半分ほど入れた。

普段は飲まないので日本盛りの日本酒も半年ほどある。
コップに入れた半分の酒を半分にし黒酢ぶどうUSM茶で割った。

IMG_0264のコピー.jpg

毎晩酒を飲む人には何とも気の抜けた味と思うかも知れない。
私にはそれでも酔いが回ってくるほどに感じる。

午後10時前に薬を飲んだ事を忘れ、また薬を飲んでしまった。
何となく目が回るのが早いような気もしたが床に就いた。

IMG_0253のコピー.jpg

朝方5時過ぎに目が覚めた時も朦朧な状態を覚えていた。
また布団にもぐり込み、次に目が覚めたのが午後4時過ぎだった。

一気に11時間眠ってしまったと指折り数えた。
立ち上がってもフラフラしていた。

IMG_0029のコピー.jpg

ホープを見ると不安そうな表情をして、私が起きると尻尾を振る。
食事も出来ないまま、ベッドの横でただ待っているだけだ。

ホープの流動食は昨夜作っておいたものを注射器で吸い取った。
10本の注射器筒をホープを抱えて飲ませて行った。

IMG_0094のコピー.jpg

かなりの時間眠ったはずなのに気分は優れなかった。
いつもの倍の量の薬で副作用で優れなかった。


「袋縫い部分を止め縫いした」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0135のコピー.jpg

前回妻の療養する病院へ行った時看護助手から謝罪された。
妻が着ている寝間着の背中部分が破けたと言う。

私は帰宅してより汚れた部分をつまみ洗いし洗濯機に入れた。
その後ホープを連れて散歩に行ってしまい破けた事を忘れた。

IMG_0068のコピー.jpg

昨深夜ふと思い出し干してあった寝間着を確認した。
確かに20センチ以上2枚のガーゼ生地が破けていた。

一眠りして起床したのが今朝8時半で3時間の睡眠。
私はミシンを取り出し表生地と裏生地の敗れた補修をした。

IMG_0058のコピー.jpg

表と裏を2枚一緒に縫うと縫い代が裏側に丸見えになる。
何度かの洗濯で生地が解けてしまい破けると思った。

表生地と裏側の生地を袋縫いにする事にして丈夫にと考えた。
0.7センチの縫い代幅で縫い、裾の始末を20センチほど解いた。

IMG_0080のコピー.jpg

裏返しにした後、縫った部分をキセの掛からないようにした。
縫い代1センチにして、0.7センチの縫い代が見えないようにした。

再度表返した後、裾の始末をして袋縫いの部分を確認した。
縫い代を左右に倒し袋縫いの部分をミシンで止め縫いをした。

IMG_0066のコピー.jpg

透かして見れば破けて補修したように見えるが柄があり分からない。
新しく買っても良いが3000円するので妻に我慢して頂くしかない。

枕カバーも四隅が15センチほど破けていたので補修した。
看護助手も破けた事には気付かなかったのだろうと思った。

IMG_0131のコピー.jpg

枕カバーの場合は縫い代を取るような生地の余裕もなかった。
不要なタオルを破けた大きさより3センチほど大きく切った。

破けた部分に裏からタオルを宛がい表からジグザグで縫った。
ジグザグは振り巾0.8ミリにセットしたので上手く塞いでくれた。

IMG_0078のコピー.jpg

破けた部分から1センチ周りをミシンで縫っておいた。
裏返して、慎重に余ったタオルをハサミで切り落とした。

今度は裏側からタオルの端をジグザグで伏せ縫いして完成。
ファスナー近くでは、ジグザグの振り巾が大きく金具に当たった。

IMG_0120のコピー.jpg

ゴトンという音で見るとミシン針が金具に突き刺さっている。
替えの針を探すが見つからない。妻は針を何処に仕舞ったのか。

ミシン針を探し出し針棒に付けるが工業用とは差し方が違った。
工業用は左に針穴が来るように付けるが家庭用は手前からだった。

IMG_0133のコピー.jpg

勝手が分からずに苦労する場面もあったが何とか無事に出来上がった。
枕カバーは確かに生地が直ぐに破けるような状態だった。

時間がある時に同じ大きさの枕カバーを見に行こうと思った。
寝間着も何度も洗濯し日に干すと生地が傷み直ぐに破ける。

IMG_0149のコピー.jpg

現在11枚の寝間着があるが、次に破けた時に買おうと思う。
パジャマなら15枚ほどあるが、着替えが大変だろうと思った。


「国勢調査回答は済みましたか」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0314のコピー.jpg

今日9月20日は彼岸の入りでまずは墓を掃除に行った。
気が付いた時に墓に行き草を引いていたので奇麗だった。

墓に行くとあちらこちらで線香を焚いて煙が上がっていた。
カメラを持って散歩したが風が強く撮影は苦労した。

IMG_0279のコピー.jpg

墓から自宅へ帰る途中、自治会の副会長に出会った。
手提げ袋の中には国勢調査の書類が見えていた。

私が「まだ終わっていない人があるの」と聞いた。
「何度行っても留守なので往生します」と頭を掻いていた。

IMG_0284のコピー.jpg

国勢調査の場合ポストに入れるだけではダメなようだ。
年配の人には会って話し掛け数字を入れて行くようである。

国勢調査の調査員は10日間ほど行ったり来たりで大変。
インターネットで回答した人は高齢者ほど少ない。

IMG_0289のコピー.jpg

スマホからでも自分のパスワードで入れるかと試してみた。
簡単に国勢調査画面に入れるからPCのない人も楽である。

連休は買い物も祭りにも行かずのんびりホープと過ごす。
ラジオから流れる交通情報からは高速道路の渋滞を告げる。

IMG_0293のコピー.jpg

渋滞の中、車を走らせるのは疲れるだけである。
帰省する人は仕方ないだろうが自宅近辺に居た方が無難。

ホープと散歩の途中「忍にん体操」の真似事をして歩いた。
気恥ずかしいので行き交う人と目を合わせないようにしていた。

IMG_0297のコピー.jpg

伊賀市が作成した説明入り足腰若返り「忍にん体操」
↑これが「忍にん体操」だが、手の動きだけして歩いた。

「みんなの家庭の医学」での放送を録画で見て取り入れた。
スクワットを取り入れたエクササイズで健康になれるようだ。

IMG_0299のコピー.jpg

私が住む自治体のインフラ整備も後半工事に入った。
下水の工事がやっと終了し、現在水道管工事に入っている。

水道工事が終わると側溝の工事が始まり年末には終了する。
来年初めに下水の受益者負担金が役所から請求が来る。

IMG_0301のコピー.jpg

その後に自分で決めた水道工事業者に家からマスまで工事。
今の所工事費が幾らかかるのかは不明である。

来年中ごろにはどうにかインフラ整備工事が完了するだろう。
今ある浄化槽は業者に頼んで埋め立てしなくてはならない。

IMG_0319のコピー.jpg

出費がかさむ事ばかりが続くがこれも政府の意向である。
環境整備の行き届いた日本を目指し協力しなければなるまい。


「BACK」へ 「ワンダー フォト ライフ」へ 「NEXT」へ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.