2972263 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

意地を張れば後悔するよ


「フォローにもポリシー」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0321のコピー.jpg

今日はホープを後部座席に乗せてゴミ処理センターへ行った。
家の周りの草引きもしたので午後3時から出発した。

家からゴミ処理センターは2.3キロほどの道のりである。
鈴鹿サーキットの交差点を通り300mほどでセンターに着く。

IMG_0309のコピー.jpg

いつもなら10分ほどで着くのだが今日は25分ほど掛かった。
鈴鹿サーキットから帰る車が多く他県ナンバーも多い。

サーキットは自分の車で2回走ったことがある。
直線コースは130キロ出すがヘアーピンカーブで失敗する。

IMG_0316のコピー.jpg

40年以上前の事で5速ギアー車なのでシフトダウンばかりしている。
その癖がオートまでも抜けず信号の手前ではセカンドへ切り替え。

サーキットでは90キロでシフトダウンしてエンジンがいたむ。
1年6000キロ走行で車を買い替えていた時もあった。

IMG_0323のコピー.jpg

楽天プロフで多くの方からフォローして頂いております。
何度もコメントを交わしてもフォローしていない方もあります。

約1か月ほどでフォローさせて頂こうと思います。
既に多くの方からフォローを頂き感謝しております。

IMG_0333のコピー.jpg

楽天プロフのフォローには私なりのポリシーがあります。
プロフではコメントを交わした方のみフォロー返ししています。

コメントも「ナイスありがとう」だけでも問題ありません。
コメントは全員に同じ内容のコピー&ペーストでもセーフです。

IMG_0336のコピー.jpg

ただナイスの足跡から無言フォローではフォロー返しません。
最悪な人を非難するコメントはご遠慮したいです。

「今日は雨でしたが明日は晴れるようですよ」でもよいです。
その上で、判断してフォローをしたいと思っています。

IMG_0340のコピー.jpg

5000人以上のアカウントにフォローをしている方もいます。
コメントが入った時点でフォロー返ししていると思います。

これは私の思い上がりではなく、私のポリシーなのです。
常時やり取りがあるアカウントでもフォロー忘れている。

IMG_0324のコピー.jpg

気が付けば直ぐにフォローさせて頂きたいと思っています。
その折にはよろしくお願いしたいと思います。

まずはコメント欄に「フォロー致しました」と送信します。
そのコメントを確認後、フォローして頂ければと思います。

IMG_0338のコピー.jpg

既にフォローを頂いている方も多くあります。
しかし、コメントが無くフォローできないままになっています。

かと言ってもコメントの強要をしている訳ではありません。
1回だけでもコメントの交流をしたかを記憶を辿っていきます。

IMG_0352のコピー.jpg

フォローの数を云々するつもりは毛頭ありません。
折角の機会に協力をして頂ければ幸いと思います。


「静かな住宅街はよく聞こえる」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0359のコピー.jpg

午前中のホープとの散歩もエクササイズをしながら散歩。
3歳ほどの子供と散歩している28歳ほどのお母さん。

「ほらっ!わんわんよ!」と指さす。
私は「グーパー」とパーで手を上に挙げるエクササイズ。

IMG_0281のコピー.jpg

子供が手を振るのでパーと両手を挙げた所で手を振った。
「変わった運動されながら歩いてるのですね」と笑う。

普段は重たいカメラを持っているので首や肩が凝ると言っておいた。
自転車に乗ったご婦人が「ホープちゃん」と声を掛けてくれる。

IMG_0291のコピー.jpg

私がグーパー体操をしながら歩いているとも知らないご婦人。
自転車に乗り振り向いて私を向き手を挙げている。

私が両手を上に挙げているのを挨拶と思ったようである。
左側マンション3階から「ホープ、ホープ」と声がする。

IMG_0335のコピー.jpg

グーパー体操を続けながら声のする方を見上げた。
小学2年の女の子でお母さんから危ないですよと注意されている。

「ホープとホープのおじさんは友達だよ」と聞こえる。
母親が「友達なんて、すみません」と身を乗り出し頭を下げる。

IMG_0328のコピー.jpg

「構わないですよ、友達ですから」と相変わらずグーパー姿勢。
路ですれ違う時はいつも私から声を掛けていた。

静かな住宅街で会話は遠くまで聞こえているようである。
50mほど進んだ所で庭木を切っている人からも声を掛けられる。

IMG_0354のコピー.jpg

しばらく話をしている間もグーパーを繰り返している。
挨拶をして歩き出すと私の後姿を見ている。

1度見せておけば2度目からは気恥ずかしさもなくなる。
公園近くに来ると近くの家から何度もクシャミの音。

IMG_0355のコピー.jpg

聞こえ出してから8回ほどだがまだクシャミは止まらない。
辛いだろうなと思いながらクシャミは続いていた。

私より酷いアレルギーの人が居るのだと思い歩いた。
私はアレルギーの鼻炎康片と呼ぶ中国の薬を服用していた。

IMG_0363のコピー.jpg

昨夜新しく薬の封を切り残り950錠で3か月ほどで終わる。
中国へメールして薬を送ってもらうように手配しなければ。

キャッシュカードと暗証番号を預けてある女の子は結婚した。
メールを送って頼んでおこうとも考えながら歩いた。

IMG_0357のコピー.jpg

帰宅してよりホープのフード流動食を注射器に入れた。
朝、18ml5本の90ml食べさせていた。

更に5本の90mlを作り食べさせた。
一度に多くはホープが嫌がり、面倒でも回数を増やした。

IMG_0300のコピー.jpg

一日4回の食事に分け360mlを食べさせていた。
それでも散歩では「ホープちゃん痩せた?」と言われるほど。

流動食は消化が良くて腹が減るようである。
毎日ホープの体重を計っているが中々太らない。

IMG_0304のコピー.jpg

老犬で13歳以上のドッグフードを流動食にしていた。
今は成犬用のフードと混ぜてミキサーで砕き流動食にしている。


「黒豆と筑前煮を作った」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0396のコピー.jpg

2日前、墓へ行く前に黒豆を農家の人から頂いた。
黒豆はよく洗って一晩水に浸けとけばいいよと言う。

黒豆など食べた事はあるが作ったことなどなかった。
折角持って来てくれたので受け取った。

IMG_0364のコピー.jpg

昨日圧力鍋に適当に水を入れて一晩浸けておいた黒豆を入れた。
圧力鍋の黒豆にご飯を炊く要領でくるぶしまで水を入れた。

塩も醤油も入れずみりんも入れずに蜂蜜だけ入れて落し蓋をした。
IHクッキングヒーターで圧力鍋がシュッシュ言い出した。

IMG_0365のコピー.jpg

IH温度を120度程にしタイマーを4分に合わせた。
私は筑前煮らしきものを作る為下ごしらえを始めた。

人参を乱切りにしタケノコや里芋椎茸など用意した。
人参とごぼう以外は冷凍してあるパックから出した。

IMG_0367のコピー.jpg

ごぼうも乱切りしてこんにゃくはスプーンで千切った。
黒豆は出来上がっていたので横へ置きフライパンを用意した。

食用油を湿らす程度に敷き詰め材料を入れて炒めた。
少し水を入れ、調味料は料理酒だけにしUSM茶を入れた。

IMG_0369のコピー.jpg

黒酢ぶどうUSM茶で味を付けたが、塩、醤油は入れない。
フライパンでは調理しにくいので別の圧力鍋を出した。

フライパンから圧力鍋にこぼさないように入れた。
少しだけ水を加えたのち蓋をして同じように煮た。

IMG_0371のコピー.jpg

圧力鍋なので早い時間で出来上がる。
黒豆を箸で摘んで食べてみたが、豆の味しかしなかった。

高校時代、家庭科クラスの女子に料理大会開かないかと計画。
中々男子学生が集まらないので悪ガキを8人集めて来た。

IMG_0376のコピー.jpg

生活指導室の耳に入り教師が男女ペアーで料理なんてダメだと。
家庭科の教師にまで監督がなっていないなどと言っている。

私と友人で考え「先生が審査員やって下さいよ」と提案。
「私一人か」と言うので「生活指導3人と教頭も」と話した。

IMG_0394のコピー.jpg

何とか料理大会が開催できるようになった。
全部で男女10組出来上がり、家庭科や保育科の生徒も見に来た。

出来上がった頃に煩い生活指導の教師や教頭たちが来た。
各10組のコンロと鍋の所を回って摘んでいった。

IMG_0398のコピー.jpg

私は3位にも入らなかったが普通科と他の科とも交流が出来た。
色々と問題を起こすが、人をまとめることは上手だと言われた。

生活指導の教師が英語の担任なので具合が悪かった。
英語を読み上げるのは褒められるが文法がダメで良く叱られた。

IMG_0402のコピー.jpg

そんなことを思っていると黒豆と筑前煮らしきものが出来あがった。
熱いうちに、炊き込みご飯と一緒に食べた。

長男や長女が食べたら「父さん豆の味しかしない」と言うだろう。
それほど味が薄いが体には良いし血圧や血管にも良い。

IMG_0403のコピー.jpg

濃い味や脂っこいものばかり食べていると体に良くない。
黒酢ぶどうベリーUSM茶を飲むようになって体の調子は良い。


「意地を張れば後悔するよ」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0645のコピー.jpg

今朝早くから雨が降り始めていた。
私は2度寝をして起きたのは9時半ごろになった。

ホープの食事の用意をし出した。
この1日半は流動食の量を80%増やした。

IMG_0366のコピー.jpg

ホープは8.2キロまで落ちた体重から8.4キロまでになった。
それからは何日過ぎても太る事はなかった。

散歩に出て久しぶりに会う人は「ホープちゃん痩せた?」
ダイエットしている女性ならば嬉しい一言だろう。

IMG_0367のコピー.jpg

だが、共に生活してホープの健康管理をしている私である。
「痩せた?」と言う言葉が驚きを誘ってしまう。

再度流動食を見直し計量カップと水の量を確認した。
そこでとんでもない間違いを犯している事に気付いた。

IMG_0369のコピー.jpg

流動食は1日注射器5本90mlを4回で360ml食べさせていた。
問題点は、水でふやけた流動食が360mlである。

流動食にする前は、1合計量カップに8分目を食べさせていた。
1日2回で288mlのドライドッグフードを食べていた。

IMG_0373のコピー.jpg

3年前あたりからトッピングしないと食べなくなった。
色々な肉を買って来てはドッグフードの量を減らした。

ドッグフードは肉の下に80mlほどしか入れなかった。
肉と一緒にドッグフードも食べていてくれた。

IMG_0376のコピー.jpg

2年前妻が第3回目の脳出血で在宅介護が出来なくなった。
私とホープの病院通いが始まり食事時間が不規則になった。

スーパーの弁当を買う時にもホープが食べそうなものを選んだ。
同じものは2日間続けると途端に食べなくなってしまった。

IMG_0390のコピー.jpg

スーパーの殆どの弁当も食べて二回りすると弁当も食べない。
吉野家の牛丼屋のドライブスルーで牛丼を買いホープと食べた。

ホープは驚くほどの速さで牛丼の肉を食べるので嬉しくもあった。
私は玉ねぎと少し味の付いたご飯だけで我慢した。

IMG_0374のコピー.jpg

吉野家の牛丼も長続きはせず牛丼の素を買って自分で調理した。
ホープに食べさせても一口二口でもう食べようとはしなかった。

麺つゆやすき焼きの素、焼き肉のタレなどいろいろ試した。
これと言って喜んで食べてくれる食べ物は見つからなかった。

IMG_0391のコピー.jpg

動物病院へ行き、高いドッグフードを勧められ買って来た。
ホープに「お食べ、美味しいよ」と差し出すが食べない。

私も意地になり、獣医師の勧めたドッグフードを出した。
8.1キロまでホープの体重が落ちてしまい途方に暮れた。

IMG_0394のコピー.jpg

今井さんからも「意地になれば後悔するよ」とのコメント。
以前のドッグフードに戻して、根気よく色々な肉をトッピング。

量は多く食べないが、体重は8.3キロまで戻ってきた。
9.2キロからの体重減少なので、どうすればよいか困った。

IMG_0405のコピー.jpg

流動食はブログ友人から注射器で食べさしていると教えられた。
初めは分からずにドライドッグフードそのままふやかした。

注射器に入れて行くが固まった部分もあり上手く出ない。
ミキサーで粉々にしお湯でふやかし注射器から食べさす事が出来た。

IMG_0408のコピー.jpg

8.4キロから増えたり減ったりを繰り返していた。
一昨日からフードの量を80%増やし食べさせるようになった。

体重は現在8.7キロまでになり、このまま体重維持を願う。
流動食ばかりでは、固形物を噛まないので健康面を考える。

2015_09240004のコピーのコピー.jpg

ホープが太り過ぎても困る病気が出てくるかも知れない。
だが今はゆっくりと体重が9キロまで戻ってくれればと願う。


「縄文という縄目の柄」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_8141のコピー.jpg

昨夜の激しい雨は朝方まで降り続いた。
ラジオでは大雨で運転見合わせ区間を報じていた。

私が中国に居た頃は日本の状況は分からない。
4年1ヶ月前から日本に居るが、昔より雨が多いと思う。

IMG_0957のコピー1.jpg

最近は天変地異の自然の災害や異常気象が続いている。
東北大震災は1000年に一度の災害という事だ。

その1000年に一度の地球で生活していることになる。
江戸や安土桃山、戦国、室町、鎌倉、平安時代までになる。

IMG_0967のコピー1.jpg

そのように歴史を紐解くと平安時代が身近に感じた。
ラジオで縄文時代の事を大学教授が話していた。

縄文土器は誰もが知る縄の模様を押して作った土器である。
驚いたのは、土器そのものを作ったのは日本が世界でトップ。

IMG_8101のコピー1.jpg

世界で一番早く日本人が考えて作ったのが縄文土器という。
柄のない土器は世界でも古いものが発掘されている。

縄文という縄目の柄を施したのは日本が最古のようだ。
ラジオを聞いていくうちに何となく背筋が真っ直ぐになった。

IMG_8125のコピー1.jpg

ラジオからは茨城常総地区の非難指示が解除になった。
鬼怒川の堤防が決壊したのが9月10日で15日経つ。

我々は早いと思う人が多いが、非難した人は大変な毎日。
ブラジル人などの外国人も4000人以上居ると報じていた。

IMG_8176のコピー1.jpg

多くが菓子工場へ勤めて生計を立てているようである。
「うまい棒」や「キャベツ太郎」「蒲焼さん太郎」など。

私は食べた事はないが、子供たちはよく知っているのでは。
ネットでも皆さん買って下さいなど配信していた。

IMG_8144のコピー1.jpg

流された家や多くの車の処理はまだ解決していないようだ。
国から水害時に補助金が出るようだが、どれ位なのだろう。

多くのボランティアもシルバーウィーク中入った。
年老いたご婦人は感謝した様子が写されいた。

IMG_8150のコピー1.jpg

助けてもらって感謝と語る目には今後の不安が見て取れた。
集中豪雨などで家屋等が浸水した場合は細菌が繁殖する。

感染症や食中毒が起こり易く安心して生活できない。
消毒液が配布されるとあったが年配のご婦人が気に掛る。

IMG_8101のコピー1.jpg

ホープの体重は昼過ぎに計ったら9.1キロあって太ったと驚く。
散歩に行ったり車で買い物に出掛けたり、オムツには沢山の便。

便を確認すると硬さや色合いも健康そのものである。
夕方に再度体重を計ったら8.6キロになっていた。

IMG_8160のコピー1.jpg

0.5キロほどの体重の増減はあって当然だが着実に太っている。
太っているという言い方は誤解を招くが健康体に近づいている。



「数値が低いので問題ない」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0387のコピー.jpg

今日はスーパーで、おはぎを買って来た。
この50年ほど、おはぎを食べていなかった。

昔は祖母が大きなおはぎをたくさん作ってくれた。
甘い感じもしてあまり多くは食べる事が出来なかった。

IMG_0369のコピー.jpg

私はおはぎを一口食べてみると甘くはなかった。
おかしいなと思い二口目も同じく甘さは感じられない。

今売られているおはぎは甘くしていないのだろうと思った。
封筒に入っていたホープの血液検査結果を見ていた。

IMG_0372のコピー.jpg

赤血球数、白血球数、血液濃度、血液色素量、血小板数。
コレステロール、BUN、Cre、T-Bill、GPTなどは全て正常だった。

GOT(AST)、ALPはUNDER(低い)と書いてあった。
獣医師はホープちゃんは正常値ですから心配ないですよと。

IMG_0397のコピー.jpg

UNDER(低い)と書かれておれば、やはり心配なので検索した。
GOT(AST)は肝臓、筋肉(心筋、骨格筋)赤血球に含まれる。

正常値は20~50U/lで、ホープは10U/Iで低いのは問題ない。
正常値よりも高い場合には肝硬変、肝臓ガンを疑う。

IMG_0399のコピー.jpg

激しい運動で筋断裂、強い打撲、心筋梗塞などで数値が高い。
筋肉が壊れてGOT(AST)が漏れ出て高い数値になる。

ALPは肝臓、骨、小腸、胎盤に多く含まれ悪いと数値が増加。
正常値は20~150U/lでホープは50U/Iである。

IMG_0415のコピー.jpg

数値が50ならば正常値範囲内ではないかなと思った。
数値が低いのは何も問題ないという事であった。

ALPの数値が高いと胆のうに石ができ胆管に詰まる。
胆管の癌により胆管が塞がり胆汁性肝硬変になる。

IMG_0645のコピー.jpg

ホープの場合は数値が低いので問題ないという事で納得。
脱水、感染、糖尿、栄養不良、腎不全、心筋問題なし。

吉野家の牛丼で玉ねぎを大分食べていたので心配だった。
手羽先、手羽元もバリバリ食べていたので心配だった。

IMG_0416のコピー.jpg

血液検査の結果でホープは健康体と証明された。
今日ホームセンターへ買い物に行ったが通行止めだった。

裏道を通り大回りをしてホームセンターへ着いた。
今日と明日は鈴鹿サーキットでF1日本グランプリー予選。

IMG_0413のコピー.jpg

サーキット道路や周りの道路も規制されていた。
遠くからも観戦に来ており近郊のホテル料金が跳ね上がっている。



「ほらっ見て可愛いでしょう」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0431のコピー.jpg

夕方ホープを連れて散歩の途中に大きな丸い月が目の前に。
今日は十五夜の満月であり中秋の名月とも呼ばれる。

満月になるまで15日間かかる事から十五夜と呼ばれる。
空が澄み西から夕陽が夕焼けを作り満月が輝く。

IMG_0381のコピー.jpg

散歩道の両端には稲の刈られた田圃とススキが揺れる。
目を先にやると竹林が見えその上に奇麗な満月。

白っぽい鳥が群れを成し北から南へ飛ぶ光景は絵画の世界。
ススキの葉が夕焼けの光に心なしかほのかに染まる。

IMG_0385のコピー.jpg

月見は平安時代から始まったようである。
平安時代の人も同じような月を見て感動したのかと思う。

そのような事を思い浮かべながら歩いている。
ラジオからは鶴竜と照の富士の優勝決定戦が始まる。

IMG_0408のコピー.jpg

満員の観客からは手拍子が聞こえ照の富士と言っている。
日本人特有の判官びいきだろうか私も興奮する。

照の富士は稀勢の里戦で右膝じん帯損傷している。
伊勢ヶ濱親方の休場提案を振り切り根性の取り組みである。

IMG_0417のコピー.jpg

行司軍配が返って直ぐに横綱鶴竜が上手出し投げで勝つ。
横綱の意地を見せつけたが照の富士が敗れて力が抜ける。

思い直して手を上げたりしながらエクササイズをした。
途中プードルとフレンチブルドッグを散歩のご主人に会う。

IMG_0439のコピー.jpg

「最近奥さんは一緒ではないのですね」と聞いてみた。
「木曜からサーキットのF1で店の手伝いに」と答える。

4日間レースが行われていたが観戦する人も多い。
毎晩遅くに帰って来るので、愛犬2匹を散歩させていた。

IMG_0645のコピー.jpg

美容室の前に差し掛かると着物を着て化粧した美人たち。
「今日はどうしたのですか」と尋ねるとボランティアと。

皆さん年の頃は75歳から85歳でホームに慰安に行くようだ。
皆が「ほらっ見て可愛いでしょう」とネイルを見せる。

IMG_0405のコピー.jpg

私は手に取りネイルを見るが正直薄暗くて分かり辛い。
でも「奇麗ですね」と言うと他の人も私のはと手を差し出す。

着物を着て髪には金粉を振りかけ化粧をしている。
いつまでも若さを保つ秘訣は人から見られる事だと思う。

IMG_0376のコピー.jpg

85歳で介護を受ける年代でもボランティアに参加している。
皆で和気あいあいと踊りで体を動かすことが健康の秘訣かも。


「シルエットが月の光に浮かぶ」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0390のコピー.jpg

ホープとの夕方の散歩は6時15分出発となった。
昨日の中秋の名月の風情ある景色は5時半に通った。

秋の1時間以上の時間では景色は真っ黒になっている。
だが昨日と同じ方向にスーパームーンが黄金色に輝く。

IMG_0376のコピー.jpg

私は暗い中でもススキの近くへ行き屈んで月を見た。
ススキのシルエットが月の光で浮かび上がり良い雰囲気だ。

普段の月より14%大きいスーパームーンを心に刻んだ。
14%の違いは10円玉の大きさが500円玉に見える程だ。

IMG_0403のコピー.jpg

ラジオでは米中首脳会談の焦点と題し解説していた。
中国の習近平主席と米国のオバマ大統領の会談内容。

最大の懸案のサイバー攻撃による産業スパイ活動。
両国政府は実行や支援しないことで合意と解説していた。

IMG_0394のコピー.jpg

中国は巨大な財政赤字のアメリカ国債の多くを所有する。
100兆円の国債でアメリカも強く中国に言えれない立場だ。

中国の重要人物が2700点の機密文書を持ちアメリカへ亡命。
習近平主席も強く出て機密を暴露されると共産党に打撃。

IMG_0408のコピー.jpg

国連サミットでの安倍総理のアジアの貧困の撲滅の発言。
まずは日本国民の母子家庭の貧困の撲滅が先ではないか。

ラジオは先読みニュースで特集方言を見直すを放送していた。
国の対策として標準語で話そうとNHKも一部で運動された。

IMG_0412のコピー.jpg

40年ほど前から具体化されたが今方言が分からない子供が増えた。
40年前じぃじ、ばぁばと呼ばれた人はこの世には居ない。

今、じぃじ、ばぁばと呼ばれる人は孫と会話する為標準語で話す。
文化庁主催で「言語・方言サミット」が沖縄県那覇市で開かれた。

IMG_0419のコピー.jpg

ユネスコが「将来的に消滅の危機にある」と指定した言語。
アイヌ地方や八丈島、奄美群島、八重山諸島などの言語や方言。

若い世代への継承しようと各地の語り部や教育関係者が集った。
東北の方言や九州地方の方言なども然りである。

IMG_0385のコピー.jpg

私が住む鈴鹿は伊勢弁であり、関西訛りである。
小学時代は九州で育った熊本訛りが消えずに笑われた。

高校時代までは鈴鹿なので関西訛りの伊勢弁訛り当たり前。
学生時代で名古屋で生活し出すと大阪の人かと言われた。

IMG_0366のコピー.jpg

標準語で話すことも意思の疎通のためには大切な事である。
だが古来からの方言の文化ももう一度見直す良い機会かも。


「バレリーナの手の動き」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0414のコピー.jpg

昨日秋から冬にかけてする手袋10組を洗濯し干していた。
今日夕方、乾いているので手袋を取り込んで確認した。

その中で中国北京郊外で購入した手袋を懐かしく見ていた。
手に被せて感覚を確かめようとしたが手首が広がっていた。

IMG_0407のコピー.jpg

指先や手の平や甲も悪くなっていなく値段も3000日本円。
今では粗悪なものなら100円ショップで購入できる。

手袋を使う事が出来ないか考え1センチ幅の平ゴムで補修。
手首の長さより1センチほど短くし縫い代を付けカット。

IMG_0423のコピー.jpg

平ゴムを輪にして8ミリ打ち合わせてミシンで止め縫い。
伸びた毛糸の手袋袖口を半分に折り平ゴムも半分にした。

ミシンで半分の所を仮止めミシンでゴムと袖口を止めた。
ミシンのスピードを落とし平ゴムを引っ張り縫い始めた。

IMG_0388のコピー.jpg

縫いはじめ部分の5センチほどの個所に多くイセが入った。
老眼鏡をして目打ちで糸を解き4分の1部分を更に止め縫い。

左手を手前に置き右手で袖口平ゴムを引っ張った。
今度は平均に袖口の伸び切った部分が奇麗にギャザー。

IMG_0418のコピー.jpg

左手に手袋を被せてみると袖口にフィットした。
1センチ平ゴムの真ん中を縫ったのでゴムの両端を縫った。

ステッチでゴムが伸び加減になったが水に浸ければ縮む。
右手の手袋も同じ要領で平ゴムを袖口に縫い付けた。

IMG_0377のコピー.jpg

風呂場に行き洗面器に水を張り平ゴム部分を浸けた。
ホープと共に散歩に行き、エクササイズをしながらの散歩。

初めは人と行き交うと気恥ずかしさがあった。
だが、慣れると初めて会う人でも恥ずかしさはなかった。

IMG_0405のコピー.jpg

バレリーナの手の動きをし足を後ろに跳ね上げて歩いた。
さすがに女子高校生のグループは口を手で押さえていた。

手に扇子を持ち片手を上に挙げて手首で回すエクササイズ。
これには知人の60歳の奥さんは声を上げて笑った。

IMG_0368のコピー.jpg

それでもエクササイズを止めずに歩くがホープはマイペース。
ホープのリードと私の首のリードはカラビナで繋いでいた。

両手が自由に動かせるのでエクササイズにはちょうど良い。
首を左へ右へ両手を前に出し平泳ぎの格好から上に挙げる。

IMG_0436のコピー.jpg

3年前妻の介護中交通事故で7か所骨折しリハビリも苦労した。
今でも首が硬いがどうやらパソコンで固まっているようである。


「ゴムが固まり動かなくなる」

「ワンダーフォトライフ」では、
愛犬との散歩の途中で撮影した写真を公開しています。

IMG_0451のコピー.jpg

ホープに流動食を食べさせ過ぎで吐いてしまった。
体重が増えて来ないので流動食を多めに与えた。

注射器筒10本を4回で一日40本なので720グラム。
水分でドライフードをふやかしているので実質290グラム。

IMG_0444のコピー.jpg

ドッグフードの目安は9キロの成犬で200グラムとある。
180グラムでは痩せてしまうので徐々に増やして来た。

240グラム平均を食べさせていたが8.3キロになり増やした。
1合計量カップに2杯半をマジックブレッドで粉々に。

IMG_0435のコピー.jpg

粉々にした300グラムは粉になれば軽くなるような気がした。
500CCの水でふやかして1日4回で食べさせていた。

だが、流動食とはいえ食べ過ぎで消化出来なく嘔吐した。
ホープはベッドから降りて寝室を出て廊下を渡り吐いている。

IMG_0475のコピー.jpg

嘔吐した音が聞こえコメントの返信中だったが急ぎ立った。
ホープは申し訳ないような目をして私を見上げる。

ホープの大きなトイレに敷いてある尿取りシーツ4枚で拭き取った。
ホープはオムツをしているが必ずトイレまで来て用を足す。

IMG_0476のコピー.jpg

オムツをしているので尿取りシーツを敷かなかった。
ホープはトイレの周りを何度も歩き回るだけで用を足さない。

尿取りシーツが敷いてなければ用を足してはダメと思っている。
子供や妻がホープを徹底的にしつけした結果だと思った。

IMG_0445のコピー.jpg

最近はドライドッグフードの流動食しか食べていない。
異物が混ざってはいなく胃液が混ざっているだけであった。

以前も嘔吐する事はよくあったがフードの形のまま嘔吐していた。
今夜は消化されたフードのようだが粉々にしてあり当然と思った。

IMG_0455のコピー.jpg

4枚の尿取りシーツできれいに拭き取ってビニール袋に入れた。
ホープは一気に嘔吐してスッとしたのかイビキを掻いて寝ている。

太らない原因は何処にあるのか今一つ分からないところだ。
流動食なので消化が良く身にはならないのだろうかなどと考える。

IMG_0465のコピー.jpg

マジックブレッドの音が大き過ぎ昼間しか作動できない。
昼間のうちに粉々にしたフードを夜に水を入れふやかしておく。

朝10本の注射器筒にジョウロ先を宛がい流動食を箸で押し出す。
筒一杯になった流動食を押し子で押し出す。

IMG_0482のコピー.jpg

注射器先から押し子で押されて出た流動食を次の注射器で受ける。
これを繰り返して10本の注射器に180グラム作る。

10本作りホープを抱えて食べさせ直ぐに注射器を洗う。
洗わないと押し子のゴムが固まってしまい動かなくなる。

IMG_0426のコピー.jpg

ホープの食事の用意をして食べさせ洗い物を終えるのに30分。
一日4回で慣れても2時間掛かってしまうがホープの為と頑張る日々。


「BACK」へ 「ワンダー フォト ライフ」へ 「NEXT」へ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.