2928923 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

エメラルド寺院


ワット プラケオ

バンコックの寺
ワット プラケオ (エメラルド寺院)
中国語で玉佛寺という。

玉佛寺(エメラルド寺院)は1782年に
ラマ1世がバンコクへ遷都した際に
王朝の守護寺として建立された。

その金色の寺へ行く途中の
左側に日本で言う鬼が、
左右対称に立っていた。


DSCF7855.jpg


高さは3mほどはあると思われた。
上の画像の右側の鬼が小さくしか
撮影できなかったのは、
それ以上後に下がれなかったからである。
そして金色の寺の上から撮った下の画像。
日本の鬼とは相当ニュアンスが違う。


DSCF7857.jpg


「暁の寺」


三島由紀夫小説 「暁の寺」
ここへ行ってはみたいと思っていたが、
河をボートで下る時に通っただけだった。

旅行スケジュール表にも
中国語で眉南河(mei2nan2he2)
鄭皇廟(zheng4huang2miao4)
途経(tu2jing4)と確かに書いてあった。


DSCF7861.jpg


画像はエメラルド寺院の建物の
先が非常に曲がっており興味を抱いた。
タイの国民の90%が仏教徒と言われるが、
その仏教(小乗仏教)からの影響だろうか?

中国にもこの影響が広まり
中国建築物の礎を造ったのだろうか?


DSCF7863.jpg


ワット・プラケオ(エメラルド寺院)
ワットとはタイ語で寺を意味する。


DSCF7873.jpg


画像は、入口を守る鬼と蛇を模った像の画像
プラ・モンドップの入り口を守る鬼(ヤック)
プラ・モンドップの入り口を守る蛇(ナーク)

2月13日はマカブシャ(万仏節)釈迦の説教を聞きに
1250人の使徒が前触れもなく集まったのを記念する日と、
言う事でしたが、その日までは滞在出来ない。


DSCF7874.jpg



鬼(ヤック)と蛇(ナーク)


DSCF7869.jpg


左側の黄金に輝く建物のプラ・シー・ラタナー・チュディに、
目を奪われてしまいそうになりますが、その金色の右側の建物が
プラ・モンドップであり、その入口を守護する
鬼(ヤック)と蛇(ナーク)で、正面から撮影した画像。


DSCF7876.jpg


タイのエメラルド寺院のプラ・モンドップの横に、
「ラーマ5世」が建立した「父王ラーマ4世」へ奉納した記念碑


DSCF7882.jpg


父親像と母親像そして真ん中に子供の像が四方に配置し、
その上の方を見ると歴代王の王座がみえるのが分かる。
歴代王の象徴を祭る小祠ブッサボックを画像にした。
全て黄金で出来て強い日差しの中で輝きを増していた。


DSCF7881.jpg


仏塔プラ・スワンナ・チェディを支えているヤック


DSCF7883.jpg



少しの時間暑さも忘れ見入っていました。
ヤックとは鬼の事ですが、いろんな表情をしてます。


DSCF7888.jpg


タイでは鬼が寺院の中で守りを担当しているが、
その意味も回廊に描かれた壁画にヒントが、
隠されているかも知れない。徐々に勉強しよう。


DSCF7885.jpg


「本堂/ウボーソット」


「本堂/ウボーソット」の内部の画像だが、
土足では入れないし、写真撮影も全面禁止されている。
画像は、本尊「エメラルト仏」である。


1.jpg


ズームで引っ張っているので鮮明ではないが、
背後の西側の壁の仏教の宇宙観を描いた描写は、
多少なりとも肌に触れる事が出来る。
肉眼で見た私の目には、夢物語の世界だった。


DSCF7953.jpg


「本堂/ウボーソット」の外には靴を脱いで、
裸足で中に入るように下駄箱が用意してある。


DSCF7957.jpg


女性は肌を露にしてはならないのでタンクトップや
ホットパンツ姿では中に入れない。


DSCF7962.jpg


本堂横の廊下に当たる部分を画像にした。
ここでも、鬼ヤックが大活躍していた。


DSCF7954.jpg


「本堂/ウボーソット」の画像でこの中に安置されている仏
エメラルド仏は、15世紀始めタイの仏塔が落雷に遭い、
その内部から漆喰(しっくい)で覆われた仏像を発見!


DSCF7959.jpg


その落雷で破壊されたひび割れから、更に仏像を発見した。
約300年の歴史が流れ、ラーマ1世がそれが現在のワットプラケオを
建立しエメラルド仏はワットプラケオの本堂に安置された。


DSCF7967.jpg


微笑の国タイランド

「天使の都」との別名を持つタイ。

DSCF7895.jpg


「天使の都」との別名を持つタイ。
その微笑の国の首都バンコックの
エメラルド寺院にある建物の画像
その名を
プラサート・プラ・テープビドーンという。


DSCF7894.jpg


このプラサート・プラ・テープビドーンは
「ラーマ4世」が、
建立したもので
「ラーマ1世」から「ラーマ8世」までの
国王の像が、納められ

毎年4月6日「チャクリー王朝記念日」に、
国王が参拝するときのみに扉は開かれる。


DSCF7896.jpg


この黒い像は仙人(ルーシィ)像で、
この入り口からはいると、正面にある仙人像。


DSCF7951.jpg


後ろに見えるのがワット・プラ・ケオの本堂。
この本道の中は撮影禁止である為、外側からズームを
使って撮影した「エメラルド仏」は明日更新。
仙人像の両側にホーラートコーンマヌーン堂があり、
その上をスニーカーで歩いていたら大きな声で、
裸足になってこの上を歩け!と怒られました。


DSCF7952.jpg


「中国写真ライフ」へ戻る。
「壁画の故事の説明」へ



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.