2927379 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dog Photography and Essay

PR

全79件 (79件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

旅行

2008.06.16
XML
カテゴリ:旅行

「上海の街角から」

ヤフーで更新してきた「上海の街角から」の画像ブログが、
中国で見れなくなり上海でも当然の如く、見れない為に、
自分のブログでありながら更新も出来なくなってしまった。

中国語の勉強ブログであるエキサイトブログは、中国で、
見れなくなってより、既に5ヶ月ほどが過ぎてしまった。

huashan1

もう少し様子を見ようとは思ってはいるが、まずは新しい所を、
捜し歩いている内に、昔の楽天ブログへ1年半ぶりに辿り着いた。

暫く来ない間に、掲示板には18歳未満ブログのカキコが、
480通ほど入っており、それを消すのに時間が掛かった。

huashan2

掲示板のコメントを一括削除する方法を時間掛け探したが、
見つからないので、一つずつ削除した方が早いと長時間掛けて、
何とか全てのコメントを消す事が出来た。

長い間、楽天ブログを操作していなかったので、操作方法を、
忘れてしまっている部分もあり、他のブログに慣れてしまうと、
今まで慣れて使いやすかったものを忘れてしまう現象に驚く。


何とか、画像も文章も日記に書き込みできたので、
まずは良しとするべきなのだろうかとも思った。

huashan3






Last updated  2009.06.08 13:58:19
コメント(18) | コメントを書く


2006.08.10
カテゴリ:旅行


「杭州西湖旅情2」

「上海豫園旅情」は「杭州西湖旅情1/2」を、
更新後、再開致しますので暫くお待ち下さい。


質問--あなたは一人旅をしたことありますか?
一人旅はない・ある・二人旅はあるの三択。


皆さんのコメントでは、二人旅が多いようですね。
でも一人旅の願望は皆さんあるようです。

ある人は、一人旅は私の青春の思い出とのコメント。

私は一人旅が好きで、若い頃から1人で旅をしてました。
色々な思い出が沢山ある中で、ふと思い出すのは、
2回目の北海道へ行った帰りの出来事が印象深い。

(柳浪聞鶯公園の中の柳)


IMG_33951.jpg


北海道旭川から函館まで一緒に話した彼は、京都大学の
学生で高校教師を目指しており、色んな夢を語ってくれた。

そして、函館から連絡船に乗り、青森へ着き、
そこからも同行できるかと楽しみにしていた。

しかし、彼はお金が無くて、各駅停車を乗り継いで、
東京まで行くと言うので、私が東京までの特急券を、
購入し彼に手渡し、東京まで同行できた。

彼も本当に色々な事柄を語ってくれ楽しかった。
その当時私は23歳で彼は19歳だったと記憶している。

東京で別れた後、私は東海道線に乗り名古屋まで、
しかし、今度は特急券が買えなくなってしまっていた。

(西湖天地のラウンジから柳と湖を見る)


IMG_39751.jpg


京大の彼の為に、青森から東京までの特急券を、
買ってしまった為に、今度は私の特急券が800円の差で、
買えなくなってしまっており、私が各駅停車で帰った。


その当時、結構な時間が掛かったような思い出。
そして、1ヶ月が過ぎた頃に、その京大生から葉書が届いた。

お礼文の後には、世の中あんなにも親切な人が居ると、
初めて知りましたと、あまり上手ではない字で書かれてあった。

彼からは、その後も何度か葉書や手紙が届いた。
そして、東京の高校の教師になったと書かれた手紙をもらった。

その内容には、自分の教え子に、私の事を良く話すと、
書かれてありました。どんな内容なのかは定かではない。

質問--困った人を助け、自分が困った事あります?
ない・助けたが困った事はない・騙された事があるの三択。


(西湖新天地のスターバックスの小道)


IMG_40231.jpg






Last updated  2012.02.01 23:27:41
コメント(17) | コメントを書く
2006.08.09
カテゴリ:旅行


「杭州西湖旅情1」

「上海豫園旅情」は「杭州西湖旅情1/2」を、
更新後、再開致しますので暫くお待ち下さい。


質問--始皇帝とはいつ頃の人か分かりますか?
約2550年前・約2250年前・約2050年前の三択。


回答は、「約2250年前」でした。

始皇帝は、BC247年(2253年前)13歳で皇帝になる。
中国では、始皇帝が不老長寿の実がなる日の国へ、
聡明な男女3000人を選び出し、送ったとある。

その聡明な男女3000人が今の日本の礎になった。
今の日本を作り出したのは、始皇帝の力があった。

このような事が伝説として語り継がれている。

(柳浪聞鶯公園入口の柳)


IMG_35221.jpg


やっと一人旅から帰って来ました。
正直言って疲れました。


やはり一人旅は、道に迷い、人に聞きまた迷い、
有名な観光名所もさながら、朝早く年配の人が、
公園などで、中国将棋や麻雀をしている人達と、
話す時間も、とても印象に残った。

団体旅行では体験出来ない事が体験できた。
本当に色んな人達と話しが出来た。

(西湖天地の店で麻雀する人たち)


IMG_40301.jpg


初めタクシーを使い、観光名所で降り、徒歩で見て周り、
広い道路へ出てタクシーを待つが中々来ない。

仕方なく、路線バスに乗り、次の目的地へ向う。
観光名所の名前を、乗客に見せたりしながら目的地へ。

バスから10分ほど歩いて、目標の観光名所に辿り着く、
やはり団体旅行の方が良かったかとも思ったりする。

でも時間に束縛されない今回の旅には満足だった。

質問--あなたは一人旅をしたことありますか?
一人旅はない・ある・二人旅はあるの三択。


(西湖湖濱一公園で見つけた舟)


IMG_39581.jpg






Last updated  2012.02.01 23:26:59
コメント(16) | コメントを書く
2006.05.03
カテゴリ:旅行


「上海植物園1」


昨昼より上海植物園に行ってきました。
上海植物園は、車で30分足らずで、
門まで辿り着くのですが、始めて行った。

今日何とかその上海植物園の画像を、
5枚ほどでも登録しようと頑張ってますが、
中々登録できなく大変です。

皆さんゴールデンウィークに入り、
多く人が楽天ブログを使用しているのだろうと、
思ったりしながら登録している。

登録に時間が掛かるだけならまだいいが、
登録に時間が掛かり完了しない前に中断し、
また始めからしなければならず、そのような
状態が、何回も続いた。

昨夜は、ADSLが不通になっていてもいつも通り、
深夜2時に床に就いた。

上海植物園の中を5時間歩きずめだったせいか?
普段運動をしてないせいなのか?
太腿やふくらはぎが重たく、痛みも感じた。


DSCF1813.jpg


この2枚の画像の登録に、60分以上掛けた。
今日は、休みだから少々の時間のロスは問題ない。

しかし、明日から仕事が始まる。
そうなれば仕事中に画像の登録など出来なくなる。

今までは、夜10時から2時ごろまでと、
朝7時から8時ごろまでの時間を登録の時間に、
充当していたが、丁度この時間帯にADSLが、
不通の状態になるので、精神的に参っている。

この2枚の画像は、「サボテンの花」と、
下の画像は、何なのか分からない。

今日は、中国時間5時からサウナに行って、
思う存分、入浴をして来ようと予定を立てていたが、
上の画像の1枚の更新で3回エラーを起こし、
下の画像でも、もう7回目のエラーを起こしている。

祭日の時の画像の登録には時間が掛かるとは、
分かっていたものの、これほどとは思わなかった。
中国人の友からも、もう2度目の電話が入った。
5時の約束が6時過ぎても何の準備もしていない。

今では、私が中国人の時間の観念になってしまった。
3枚目の画像は断念して、2枚のみの画像のみ更新する。


DSCF1816.jpg






Last updated  2012.02.01 23:25:45
コメント(16) | コメントを書く
2006.04.24
カテゴリ:旅行


「上海B級グルメ3」


今日も上海浦東閔行区一体でADSLが不通のまま。
画像の登録には大変時間がかかった。

相変わらず外に来て、更新しているので、
皆さんが思っている以上に、苦労して更新している。

上海MLが主催している上海B級グルメの会が、
2006年4月22日午後6時半より開催された。


下の料理は、海参(hai3shen1)と言い、日本では「ナマコ」
どうして海の人参の参と書いて、ナマコなのかと言うと、
人参(ren2hen1)朝鮮人参と同じような薬効があるとされ、
昔は重宝がられたが、今では料理に頻繁に出される。

「海のニンジン(人参)」で「海参」とは上手く名付けた。
「海の豚」は何?「河の豚」は何か分かりますか?

ナマコを乾燥させたものを水で戻して料理をする。
ナマコの硬い感じはしなく、非常に軟らかい。


DSCF1647.jpg


これは点心(dian3xin1)と呼ばれているもので、
中国の食生活では、欠かすことの出来ないものになっている。

13年前、お腹がある程度、一杯になりかけたときに、
この点心を出されたときには閉口したものだ。

しかし、今では私が菜単(cai4dan1)メニューを見ながら、
選ぶ時にも、この点心を選ぶから「郷に入らば郷に従え」

点心はお菓子では有るが、最後の方で食べるご飯のような
感じのものと理解すれば良いと思う。

画像の点心は「芝麻餅(zhi1mabing3)」で、少し甘いが、
ホカホカして美味しいから、一度試してみては如何ですか?


DSCF1649.jpg


中国語で「桂魚」と言うこの魚は、中国へ来たばかりの頃は、
広東省に居た為、広西省に近く「桂林」の魚とばかり思った。

そして、上海付近の江南地方で、同じ魚を食べた時に、
「桂魚gui4yu2」という魚でしょう?と話すと、
「よく知ってますね?」と言われ、そこで話を止めておけば、
良かったものを「この魚は桂林で獲れるんです」と話し、
大笑いされた事があります。

私も、昼のおかずで作って頂き、食べた事があります。
「ポン酢」で食べると美味しいと言われ掛けたところ、
結構、美味でした。皆さんもお試しあれ!


DSCF1651.jpg


青蟹(qing1xie4)と呼び、海蟹(hai3xie4)である。
海蟹(hai3xie4)とは、海にすむ蟹の総称であり、
河蟹(he2xie4)は、シナモスクズガニである。

あと上海付近で獲れる「虫偏に旁」の蟹で(pang2xie4)
この上海蟹はモチモチしている感じである。
好き嫌いがあるが、私は好きで3匹でも食べれる。

この青蟹(qing1xie4)は、塩胡椒で炒めてあるので、
足などもパリパリと食べる事ができる。


DSCF1652.jpg


青菜(qing1cai4)の一種であり、正式名は知らない。
味は、まあまあであり、噛めば味が出てくる。

青菜(qing1cai4)と言えば、青梗菜(チンゲンサイ)を、
思い浮かべるが、この野菜はそのような種類ではない。

杓子菜でもないと思うが、ご存知の方は、コメント下さい。

-------広岡@東京さんよりコメントです------
青菜ですが、形からして多分上海の家庭でよく食べる
「鶏毛菜」だと思います。比較的クセが少なく、
アクもないため、食べやすいお野菜ですよね。
----------ありがとう御座いました----------


DSCF1657.jpg


酒糧団子(jiu3kiang2tuan2zi)でも実際には、団子を、
国構えに員を入れて書き、更に子を足して(yuan2zi)と、
呼び、丸子(wang2zi)と呼ぶ地方も有る。

一番通じる呼び方は、「ユゥェンズ」を付けるのが良い。
甘酒の呼び方を江米酒(jiang1mi3jiu3)と言うが、
今回ご夫婦で参加されていた奥様に、母が昔作ってくれた、
甘酒のような味を思い出しますねとお話しし、頷いてました。


DSCF1660.jpg


「草冠に磨」の文字で「mo2」と呼び、「mo2gu」である。
「mo2gu」の「gu」は「草冠に姑」と書き「モーグ」と言う。

この「mo2gu」とは「キノコ」の事を言うのであって、
別名「菌jun1」とも呼び「菌草冠に姑」で(jun1gu)と呼ぶ。

キノコと豚肉のスープである。私は結構家で食べていると、
思ったが、これも中々、乙な味がした。

「上海B級グルメの会」の画像もこれでお仕舞いです。
では、また~ ブーザン@上海


DSCF1661.jpg






Last updated  2006.04.24 18:30:50
コメント(17) | コメントを書く
2006.02.24
カテゴリ:旅行


蘭の花言葉は「美人」


「蝴蝶園」を更に歩いて進むと、
右側に見かけた花が咲いていた。

この花は蘭の花ではないでしょうか。
私がまだ日本にいた頃、名古屋で行われた、
蘭の花博覧会を見に行った事があります。

その時に、蘭の花でも色々な種類が、
有るんだなと思ったものです。
もう18年以上前のことでしょうか。


蘭の花言葉は「美人」
その中でも白色の蘭は「純粋な愛」

では、この蘭はなんて言うのでしょうね。
見事な色ですから「妖艶な愛?」


DSCF8312.jpg


下の花は、何でしょうか?
「黄色い花」で検索を掛けてみました。

すると、凄い数の黄色い花が有りました。
分からないが、ゆり科の花ですかね。

それとも水仙の仲間なのでしょうか?

分かりません。

この花は何と呼ぶのでしょうか?


DSCF8314.jpg






Last updated  2012.02.01 23:23:25
コメント(2) | コメントを書く
2006.02.23
カテゴリ:旅行
バンコク12

緑の風景が果てしなく


1時間の宝石店での時間は、色々な漢語や、
誕生石の英語名・中国名・日本名などノートに書き、
その宝石の宝石言葉などを、書き出していたら、
1時間では足らなかった。

案の定、片隅で必死に書き写していた私を、
中国人が、探しに来た。ここは撮影禁止だから時間を、
持て余してると思ったら、今度は、書き物ですか?
日本人って皆貴方のようです?と聞かれたが、・・・?

バスは既に待機しており、バスの2階へ階段を上った。
中国の皆さんから、また貴方が一番後ですよ!って、
言われて、話そうと思ったら、探しに来た中国女性が、
この人宝石の言葉を書いてましたよ!と言ったものだから、
皆さんは、私にも見せて!女性達・・だった。

バスは、バンコクの街からリゾート地のパタヤへ向け、
先を急いだ。その途中の道路脇の景色をカメラに収めた。


DSCF8291.jpg


行けども行けども、緑の風景が果てしなく続き、
椰子の木畑が結構、長い距離に渡って生い茂っていた。

私は、カメラを外に向け撮影し、ふと座席を見ると、
私の方を見て、ニッコリ微笑みを浮かべながら、
バスが走っていても写真を撮ってるのですか?と首を傾げた。

途中、ガソリンスタンドでトイレ休憩した折に、
スタンド近くのセブンイレブンで、コカコーラを2本買った。
外に、15分間出ていただけで、汗が噴出して来た。

既にバスが走り出した中で、先ほど買ったコーラの、
蓋のネジを切った途端に、コーラの炭酸が50cmほど、
勢いよく飛んだ。運悪く私の隣の席に医科大学の女子大生が、
座っており、その手に掛かってしまい大騒ぎ・・・。

そんなドタバタな時間も過ぎ去り、快い睡魔が襲ってきた。
ふと、周りを見ると皆も眠りに落ちていた。

バスは、そんなことに関係なく、
一路「蝴蝶園」へ向け、走り続けていった。


DSCF8293.jpg






Last updated  2012.02.01 23:22:31
コメント(6) | コメントを書く
2006.02.15
カテゴリ:旅行
バンコク11

名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実一つ

とはじまる歌を思い出した。
伊良子岬へは若い頃よくサーフィンに行った。
豊川インターには何度降り立った事か。

ネット友人より、
伊良子岬にちょっと待った~!

「伊良湖岬」が本当の名前ですよ!とカキコあり!

あれほど通った伊良湖を間違えるとは、
日本語をよく間違えるようになった・・・

これはタイの椰子(ye1zi)


DSCF7982.jpg


この時の気温が34度あった。
私でも汗ばむ暑さであった。
中国の人は、タンクトップ姿もあったが、
私は、半袖の白の肌着に長袖のシャツを羽織っていた。

この下の画像の椰子は氷で冷やしてあり、
そのまま飲むと、何とも生き返るようであった。


DSCF7983.jpg







Last updated  2012.02.01 23:21:19
コメント(3) | コメントを書く
2006.02.10
カテゴリ:旅行
バンコク10

DSCF7883.jpg


仏塔プラ・スワンナ・チェディを支えているヤック
少しの時間暑さも忘れ見入っていました。
ヤックとは鬼の事ですが、いろんな表情をしてます。


DSCF7888.jpg


タイでは鬼が寺院の中で守りを担当しているが、
その意味も回廊に描かれた壁画にヒントが、
隠されているかも知れない。徐々に勉強しよう。


DSCF7885.jpg







Last updated  2012.02.01 23:19:01
コメント(3) | コメントを書く
2006.02.09
カテゴリ:旅行
バンコク9

DSCF7861.jpg


三島由紀夫小説 「暁の寺」
ここへ行ってはみたいと思っていたが、
河をボートで下る時に通っただけだった。

旅行スケジュール表にも
中国語で眉南河(mei2nan2he2)
鄭皇廟(zheng4huang2miao4)
途経(tu2jing4)と確かに書いてあった。

画像はエメラルド寺院の建物の
先が非常に曲がっており興味を抱いた。
タイの国民の90%が仏教徒と言われるが、
その仏教(小乗仏教)からの影響だろうか?

中国にもこの影響が広まり
中国建築物の礎を造ったのだろうか?


DSCF7863.jpg






Last updated  2012.02.01 23:18:11
コメント(0) | コメントを書く

全79件 (79件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.