楽天競馬
五十嵐冬樹騎手公式ブログ ~ F-Line  楽天競馬ブログ 994438 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

五十嵐冬樹騎手公式ブログ ~ F-Line

全74件 (74件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

五十嵐冬樹コメント

2008.06.08
XML
 北海道スプリントカップは引き続きドラゴンシャンハイに騎乗することになりました。エトワール賞は乗る前に思っていたほど動けず、左回りのほうが良いのかなという感じがしました。今度は相手も強くなりますが、もう少し動けるように競馬をしたいです。
 マチカネキララは、攻め馬の時にはもう喉は気にならなくなっていたのですが、実戦にいくと駄目でした。ステイヤーズカップは、休養明け、初ダートでしかも長距離で、全てが裏目に出てしまいました。2周目の2コーナーまでは感じよく来ていたのですが、喉鳴りがだんだん大きくなって、ペースが上がったときには動けませんでした。期待していただけに、今年の夏は終わったというくらい落胆しました。この後、何度か使ってダートに慣れ、喉も少し良くなって、距離も短いところならチャンスはあるかもしれませんが、ステイヤーズカップの内容から多くを期待するのは酷ですね。
 11日のウイナーズチャレンジは自厩舎のヤマイチチャチャに騎乗します。ワンダフルクエストは、次走は長い所を使う予定です。サクラシャイニーやスマートンなどの注目馬が出走を予定しており、このまま栄冠賞につながる一戦となりますので、ヤマイチチャチャがどれだけやれるか楽しみです。
 自厩舎にビッググラスが転入してきました。脚がちょっとボコボコしていましたが、この状態で使っていたという話で、攻め馬でも何ともなく、悪いところはありません。ただ、最近の成績が頭打ちなので、こっちに来てどうなるかといったところですね。
 ようやく夏競馬のシーズン到来ですので、今年も良い2歳馬とのコンビで活躍したいです。








最終更新日  2008.06.08 18:08:24


2008.06.03
 北海優駿のサクラアンセムは、走り方が短距離なので、もっとゆったり走れるようになれば、少しは変わると思います。能力がない馬ではないので、長い距離への対応が課題ですね。
 明日のステイヤーズカップに出走するマチカネキララは、道営の環境にもやっと慣れてきました。除外の影響は全くありませんし、来た当初よりも具合は良くなっています。中央の実績からも距離自体は心配ないと思いますが、初ダートで、その上長距離となると多少は影響があるかもしれません。調教師もどれくらい走るのか見当もつかないと言っていましたが、良い方の驚く結果となってほしいですね。






最終更新日  2008.06.03 23:52:04
2008.05.07
 赤レンガ記念で除外となったマチカネキララですが、移籍してきた時から脚元を注意深く見ていて、馬場では気にする素振りを見せなかったので大丈夫だろうと思っていたのですが、今朝、馬運車に積む時に脚を痛がったので取り消しとなりました。重症ではないと思いますが、どんな状況かは見てみないとわかりません。
 今日のフレッシュチャレンジで、ノーザンファームの外厩のワンダフルクエストで勝利しました。スタートで大きく出遅れて、普通なら致命傷ですが、それを補って余りある強い勝ち方でした。時計がかかっているので、勝てたのは相手にも恵まれてですが、普通に出ていれば2秒は詰めているはずですから、とても能力が高いです。出遅れたので、メリハリの効いたレースができたのも収穫でした。出遅れて直線楽に先頭に立ったので、無理をせず最後は流しましたが、底知れぬ能力は感じました。
 昨日は昨日で、サクラシャイニーがとても強いデビューを果たしましたね。この馬に乗るのは初めてで、どんな馬なのかも全然わからなくて、とりあえずゆったり乗ろうと思って出たのですが、瞬発力が並じゃなかったです。反応がすごくて、先々もかなり期待できます。タイムも優秀でした。ゆったりしたレースも対応できるので、距離もマイルくらいまでなら全く問題ないでしょう。どの2歳馬が一番か、甲乙つけがたいですが、先々が本当に楽しみです。






最終更新日  2008.05.07 19:13:22
2008.04.30
 社台の外厩のレベルエックスでフレッシュチャレンジを勝利しました。レース前は、時計が早くなったら負けるかもしれないなと思っていましたが、最後はきっちりと差し切ってくれました。1000mの距離も合っていないので、この先の活躍が楽しみです。砂を被るのを嫌がっていたので、今後の課題ですね。
 北斗盃のバーディラッシュは調子は良かったです。最後も詰めてきていますが、ここでは距離が短いです。距離が伸びれば、もっと持ち味を発揮できると思います。






最終更新日  2008.04.30 19:46:45
2008.04.19
 ホッカイドウ競馬の開幕に向けて、能検が順調に進んでいます。2歳馬は、まだこれといって飛びぬけた馬はいませんね。48秒台を出したイーグルカフェ産駒のブルーサンオーは、小柄な馬ですが、いい跳びをするし動きもいいです。この時は馬場が軽くて、ちょっとタイムが出すぎました。49秒台を出したゴールドヘイロー産駒のヤマイチチャチャは、牝馬ながら馬格があって動きもいいので、先々楽しみにしています。ノーザンファームの外厩のコロナドズクエスト産駒がこれから能検を受けるのですが、調教では跨っておりまあまあですね。社台の外厩でアグネスゴールド産駒も期待されており、この2頭が今年はどんな活躍を見せるのか注目です。
 古馬ではマチカネキララがJRAから廣森厩舎に入ってきました。喉鳴りということで転厩してきたのですが、能検の感じではさほどひどくなく、とても動きが良かったので活躍してくれそうです。一応、5月7日の赤レンガ記念から使う予定です。
 それから5月22日に行われる1000m重賞のエトワール賞に、南関東からドラゴンシャンハイが使いに来る予定で、騎乗を頼まれています。本番の北海道スプリントカップは内田博幸騎手が乗るようですが、それのステップとして良いレースができるといいですね。
 ホッカイドウ競馬の開幕は4月29日です。開幕から皆様のご声援を心よりお待ち致しております。






最終更新日  2008.04.20 00:50:19
2008.02.21
 新年度の開催日程が発表されました。開幕日は4月29日の札幌競馬場となります。開幕がちょっと遅いですね。早く始まってほしいです。開幕から2ヶ月間は、ずっと週2日間の開催なのも気になります。出走馬を確保するための措置だと思いますが、レース数が減るのは寂しいです。
 うちの厩舎には、今、2歳馬が27頭入っており、順調に進んでいます。よその厩舎については、あまり入ってない所もあるようですが、全体的な入厩数では昨年より多いようです。今はキャンターまでやっています。来月からゲート練習が始まりますので、よその馬がわかってくるのはそれからです。自厩舎は、全体的にいい雰囲気にありますが、どれが抜けているとかまではまだわかりません。
 今日、大井競馬場の雲取賞でブライトフェースが走りましたが、負けてしまいがっかりです。前走のニューイヤーカップで無理に行き過ぎたようで、それがあって抑えて出したと思いますが、出てすぐに挟まれたので、位置取りはずいぶん後ろでしたね。スムーズな競馬ができていないので、これが全てではないと思いますが、良いところが全くなかったのは残念です。走法は距離伸びても良い筈なのですが、ゆったり流れる中で揉まれるのに順応できないのかもしれません。池田先生と先日話した時にも悩んでいましたが、難しいですね。
 エックスダンスはまた骨折してしまったようで、順調に走ってもらいたかったです。若竹賞は、骨折云々を別にしても、休養明けや初芝など不利な状況ではありました。レース後になって、骨折していたと聞いたので、この結果は度外視できると思いますが、500万下相手ですので、力で押し切る競馬が見たかったです。
 開幕まで騎乗の予定もなく、毎日調教に専念しています。能検が始まりましたら、2歳馬についてもいろいろわかってくると思います。






最終更新日  2008.02.21 18:04:30
2007.11.14
 長距離輸送や初めての馬場など、いろいろな要因があって、力を出せませんでした。返し馬の時から、馬場を気にしていましたし、1~2コーナーで外から被せられたのも影響がありました。期待に応えられず残念です。






最終更新日  2007.11.16 09:25:01
2007.11.10
 ホッカイドウ競馬の最終日に行われる道営記念はベルモントミサンガに騎乗します。ベルモントミサンガは、今年道営に来て、予想以上にいい成績を残してくれました。調子も相変わらず良いです。ただし、道営記念は長距離ですから、これをどう対応するかですね。相手も強い馬が揃いました。先に行く馬もいるので、下げていく競馬もやってみようかと思っています。ホッカイドウ競馬の祭典ですので、良いレースをしたいです。
 14日はモエレジンダイコで船橋競馬の平和賞に出走します。状態は相変わらず良いのですが、道営勢の中ではマサノネバーマインとの兼ね合いになってきます。直接対決したことはないので何とも言えないのですが、ネバーマインとの勝負は分が悪そうです。うまく勝てるように臨みたいです。
 18日は水沢の南部駒賞に出走するカーリヒルズに騎乗します。この馬は、距離が決して持たないというわけではありませんが、口向きが堅くて気性が激しいので、五分に出で併走になったら行く気旺盛になってしまい、長い距離ではうまく実力を発揮できません。以前、山口騎手が乗って大きく出遅れた時は、後ろの方でうまく息が入り、最後伸びてきましたから、道中で折り合うことを覚えて息が入るようになれば勝ち負けができると思います。今の段階では、まだこの距離を使って能力を出し切れるかは疑問です。
 ホッカイドウ競馬も残り1日となりました。自厩舎があと2勝で年間40勝となりますので、それを達成して、自分の勝利数も伸ばせればと思います。ぜひ、13日は札幌競馬場にご来場下さい。






最終更新日  2007.11.10 18:07:56
2007.09.23
 26日の2歳重賞、サンライズカップはブルーパーティに騎乗します。調子は悪くないのですが、前走のBGジュニアカップでは、思っていたほど脚を使ってくれませんでした。もう少し良いレースをしてほしいです。今度は前で競馬してみようかと思っています。
 27日のノースクイーンカップはベルモントミサンガに騎乗します。このレースの主役でもあるコウエイベストを前走で下しましたので、また同じようなレースになればいいですね。状態は変わらずいいですが、斤量差が詰まるのと、馬場状態がポイントです。前走の戦法がこの馬にはベストですので、馬場が渋ってくれたほうがよく、良馬場になると苦しい戦いになってしまいます。
 瑞穂賞のコスモバルクは、2コーナー過ぎから全然走る気を見せなかったです。ハナに立ってやろうと思ったのですが、ハナにも立てませんでした。今度は、盛岡競馬場のOROカップに出走します。1700mがどう出るかわかりませんが、芝なら変わってくれると思います。






最終更新日  2007.09.23 21:00:11
2007.09.09
 8月30日の2レースで、ゲートでひっくり返って左足を痛めてしまいました。くるぶしの下の靭帯に、まだ違和感が残っています。痛めた次の日から攻め馬にも乗れなくて、先週の開催も含めて5日間休みました。まだ腫れが引かなくて熱がありますが、今は攻め馬にも騎乗していて、レースの騎乗も問題ありません。『復帰は様子見で4~5頭からだな』と先生は言っていたのですが、火曜日の出馬表を見たらいきなり5連続騎乗でびっくりしました。
 旭川競馬場からは、来年度一杯で撤退が決まりました。これは、主催者側として、生き残りを賭けた決断であり、そう決まったからには、それに向けて、我々も一丸となって頑張るだけで、決して危機的な状況だとは思っていません。確かに旭川で競馬ができなくなるのは悲しいことですが、なくなっちゃうなくなっちゃうと暗い考えでは駄目です。まずは赤字運営を黒字化にするという大前提があるのですが、今のままでは絶望的な状況です。道営競馬を続けていくためには、やることをやらなければならないのです。できることも限られており、旭川からの撤退は仕方ないことです。新公社の代表がどういう方になるのかで、運命も決まりそうです。競馬関係者の中から選ばれるのか、興行のプロを選任するのか、いろんなやり方があると思います。但し、競馬は特殊で、馬券を買ってもらえなければ収益に繋がらないので、興行のプロの方でも競馬がわからない人には難しいと思います。道営競馬が無くなったら、馬産地は大変なことになります。主催団体が変わる中で、切り盛りして何としても続けていかなければと思います。
 今年は馬インフルエンザのために、ほとんど中央に乗りに行けず、夏が終わってしまいました。道営馬からもまた陽性馬がでたので、まだしばらく規制が解除されることはないと思います。芝を使ってみたい2歳馬もいたので、インフルエンザの影響は本当に大きいです。
 しかし、何よりも痛かったのは、エックスダンスの骨折です。あの馬で、先々いろんなことを考えたかったのですが、全て消えてしまいました。今年はあの馬が抜けていて、他の馬ではさすがに同じことを望むのは酷です。だから、もう今年の2歳馬に特別の期待感は無いですね。僕としては例年と同じような感じです。
 JRAの騎手試験ですが、今年は乗るほうに専念するつもりだったので受験しません。結局インフルエンザで中央には全然行っていないし、エックスダンスも故障、危うく自分も骨折するところで、歯車が狂ってしまいました。但し、勝ち鞍は伸びているので、今年は、この数字を伸ばすことを目標にやっていきたいです。
 13日の瑞穂賞にコスモバルクが出走します。ダートと久々の競馬なので、それとの戦いとなるでしょう。3歳の北海優駿でもやっと勝った感じだったので、今回は気楽に乗りたいと思います。この後、盛岡のOROカップを目標にしていますが、交流ができるかどうかわからないので、この先はどうなるかわかりません。
 12日のフローラルカップはヤマイチリベラルに騎乗します。間隔をあけて使っていて具合は悪くありません。どこまで上積みがあるかですね。春先に思っていた感じよりは、成長力が乏しいです。もう少し走ると思っていました。牝馬で神経質なところがあるので、落ち着いて馬自身にゆとりが出れば、もっと走るようになると思います。2頭出しのモエレプットは、状態も良くて期待できそうです。
 8月30日に行われたBGジュニアカップで騎乗したブルーパーティは、もうちょっと伸びると思っていたので案外でした。攻め馬では今季一番の出来で、とても具合が良かったです。レースは人気馬が負けて大波乱となり、2歳戦のもろいところが出てしまいましたね。ディラクエの山口さんは、1枠からで、展開にも左右されていつもの乗り方をしていませんでした。ブライトフェースは、テンのスピードがありすぎるので、持ち前のスピードで気持ちよく行き過ぎてしまいましたね。馬ごみで折り合いをつける競馬を覚えさせなければいけません。ブライトフェースに乗る機会がまたあれば、そういう競馬をさせたいです。






最終更新日  2007.09.09 20:17:54

全74件 (74件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.