IGLOO DIARY

フリーページ

2003年11月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
昼過ぎ、大内さんのダルシマーの音で目が覚める。しばらくウトウトしていたが、関さんに起こされ起床。非常によく眠れた。出発の時間まで、「ポワポワン」のピアノの練習をしたり、3人の練習を見学したりして過ごす。工藤さんから電話。今日はバンド形式でやるという。2:00頃、デミオに荷物を積んで4人で武蔵小金井へ移動。今日も車中は工藤さんのCD。「今日、お客さん入るかなあ」と、皆、やや心配。2:30頃にアートランドに着いたので、駅近くのコンビニでコピーなど取ってから、待ち合わせ場所の駅南口へ。はるちゃんとナツが待っていた。間もなく、山路さんも現れる。間違って北口でずっと待っていたという。3人でアートランドへ。大野さん&阿佐美さんも到着。yumboの荷物を満載した戸田カーも来たので、皆で全部降ろして会場へバタバタと降ろす。一気に会場内は荷物だらけに。いつも思うことだが、この、リハの段階でドタバタになっている荷物を会場作りのために綺麗に片付けるのって、ものすごくエネルギーが要る作業だよな...と、ひとり想う。ましてや、今日のように楽器をたくさん使うタイプのバンドが集まってしまったら、それは大変なことである。大津さんを待つ間にセッティングを済ませて、最初にポワポワンズのリハを済ませ(合唱に感動)、yumboのリハをすることになる。しかし大津さんも無事到着したものの、なんと大津さん用のスコアを全て家に置いてきたことが発覚。預かったのが間違いだったか。一時はそれでとてつもなく険悪なムードになったが、はるちゃんのスコアのコピーに、僕が急いで書いたのを足せば何とかなることが分かり、俄然やる気を取り戻す。工藤さんも到着。バンドのメンバーは斉藤さん、穂高さん、大谷さん、そしてなんと中崎さんとのこと。まさか今回、中崎さんに会えるとは思ってなかったので、一気に心が晴れ晴れとなる。斉藤さんに「今日は何するんですか」と訊いてみたら、「アメリカツアー初日の70曲をやるそうです」という返事が返ってきて、「訊かなきゃよかった...」と思った。どうせカッコイイに違いない。yumboで数曲練習し、頼りになる鯉淵君に音もやってもらい、どうにか準備を終える。キヌタパンのリハ中に、大急ぎで大津さんのための欠落したコード表を書く。工藤さんが「家」のコード表も必要というので、これも特急で書く。UENOアンプを台にしてコード表を書いていたら、中崎さんが登場し挨拶。中崎さん、ベレー帽かぶってる...。最後に工藤冬里クインテットのリハが始まる。yuge制作のモビールが吊るされ、昔の教育番組のようになった空間に、このクインテットはよく似合う。特にバスクラを構えた斉藤さんの顔の横に林檎がぶら下がっている図は、昔のウェストコースト・ジャズのLPのジャケのようだ、と思った。西川さん一番乗り。顔を見るとなぜか安心する。工藤さんと中崎さんの音が同時に出ると、それだけで完全にマヘル。僕はもったいないので、会場を出たり入ったりして、なるべくまともに聴かないようにする。でも、つい誘惑に駆られて中に入って聴き入ってしまったりもしたが。徐々に会場作りも始まる。戸田君に会場受け付けや物販をお願いする。釣り銭が無いので、関さんと戸田君がモスに行って両替えしてきた、などと言っているのは微笑ましかった。会場時間を過ぎても工藤バンドのリハは続き、15分押しということになった。外へ出てみると、既に行列が出来ていた。「IGLOO3」を頼まれていたモリイさん、例によって駆け付けてくれた阿部さんと挨拶。武智夫妻らしきカップルも見かけたが、人違いだったら恥ずかしいので取り敢えず声はかけずにおく。工藤さんのリハが終わり、客入れが始まる。おおっ、どんどん人が入ってくる。僕はピアノの椅子に座って、席がどんどん埋まっていくのをチラチラ見やりながら、計画通りマヘルの曲を弾いたりした。席が埋まっても、入場する人は尽きない。小野崎さん、おこめちゃん、竹下さん、河野さん、ガイさん、清成さんの姿も見える。満杯以上の満杯。7月の礼子さんのライブを思い出す。お客さんの入場は完全には終わっていなかったが、もうかなり押していたので、満を辞して「ポワポワン」の演奏を開始。関さんからMCを頼まれたので、挨拶と曲の説明などをする。そしていざ始まったら、一回目のサビからAメロに戻るところで、間違ってイントロに戻ってしまった。三鷹ではうまくいったので、すっかり覚えたとタカをくくっていたが。演奏を強引に中断し、気を取り直してまた最初から。しかし、それでもまた同じところで間違ってしまった。どうにか立て直し、今度は最後まで演奏する。皆の合唱は素晴らしく、関さんのアイディアは正しかったと再認識。続いてキヌタパン。さあ、何処にはけようかと思ったがなにせ満杯で、ステージ以外に行き場が無い。ナツや戸田君、関さんが一所懸命動いて、後ろの方や端のスペースを作ったり前に詰めてもらったりして他のメンバーは移動できたが、僕と山路さんだけは離れ小島みたいに取り残されて、PAブースの横のちょっとした隙間に潜り込んでキヌタパンを観ることにする。ここなら、人も居ないしステージも近いので僕には快適。山路さんは辛そうだったけど...。今回のキヌタパンは佳津子さん不在ということでどうなるか!と心配な面もあったが、さすがに結束力が強く、1曲目からぐいぐい引き込まれる。「雨の淵」という曲でいきなりノックアウト。関さんは、いつどうやってこんな曲を書いているんだろう。4部作の「せみ」はどれも乾いた叙情が素晴らしく、そのまま7インチにしたいと思ったし、後半の「11月の靴」「どろんこ温泉」「lilac」「阿字ヶ浦・?」「ツバル島」とたたみかける名曲攻撃は本当に泣けた。いつまでも鳴り続けるであろう音楽の数々。特に新曲のひとつ「どろんこ温泉」はエヴァーグリーンな傑作と言って差し支えないだろう。満員のお客さんの反応もニューオリンズのパブ(行ったことないけど)のようだし、なにより、メンバー個々のバンドに対する愛が音から迸っていて、このまえ書いたライナーじゃないけど、本当に「羨ましい」と思った。名曲「阿字ヶ浦・?」や、ラストの軽快な曲でのももさんの歌もまっすぐで良かったが、今回は関さんのメインヴォーカルがツボにはまった。ちょうど昨夜も、発語(対話)の強さと歌の強さとの関連について語っていたが、じつによく伝わる歌だったと思う。これはまた、best of kinutapanを編集し直さねばならなくなるな。キヌタパンが終了し、次に幕間の余興のような「明星+ダル島」。僕はピアノで、自分の即興に工藤さんの曲を混ぜこむ、ぐらいのことしか考えてなかったが、山路さんも関さんも大内さんも短時間によく凝縮された演奏をしたと思う。終了後、工藤さんの演奏を待つまでの時間にキヌタパンの無善寺ライブ盤の完成品を2枚購入。(つづき)






最終更新日  2003年11月28日 11時09分09秒


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


shibuya koji

コメント新着

shibuya koji@ Billさん 元気そうですね。ドラム叩いてるのは波夫…
namio@ stirling みに来てくれた人がアップしてくれたみた…
choki@ Re:> chokiさん(10/09) shibuya kojiさん >あっ、楽屋で、一瞬…
shibuya koji@ > chokiさん あっ、楽屋で、一瞬お隣に座られてた方で…
choki@ Re:XYXZZXZXZYYXXXYZXYZYYZYXYYYYYXZYZ(10/09) はじめまして。ミクシィからたどってきま…

バックナンバー

2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月

© Rakuten Group, Inc.