IGLOO DIARY

フリーページ

2006年10月13日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
居酒屋のような、宴会場のような店の一角を借りて「ブラックアイドスーザン」を演奏している。ナツがホルン、ベースが哲雄さん、ギターが朝倉さん。ドラムは幾郎さんと長谷川さんがセットを並べて2人で叩いている(幾郎さんが堅実にビートを刻んでおり、長谷川さんはサニー・マレイみたいにやたら手数の多い即興をしている)。僕は買ったばかりのバンドネオンのような楽器を弾いているが、ぐにゃっとした低音(しかもピッチが安定しない)しか出ず、うまくいかない。哲雄さんのベースラインに不満を感じる。曲の後半でユーフォがリフを吹く部分になり、唐突に背後から本当にユーフォの音が聴こえたので、見ると中崎さんが本当に来て吹いている。皆、中崎さんが来るのを知っていたらしく、僕が驚いてソワソワしているのを面白そうに見ている。中崎さんは顎と鼻の下いっぱいに髭をたくわえており、山男みたいになっている。「やー、澁谷さん。あっちで話でもしようか」と、僕の手を握る。手をつないだまま小上がりから降りて靴を履き、居酒屋のカウンターの方へ移動するが、中崎さんがずっと手を離そうとしないので、周囲の視線が気になる。/ビルの屋上でライヴイベントが行われていて、Oさんが歌っている。相馬さんとそれを見ている。どう見てもOさんなのだが、イベントの中では彼がRECKということになっていて、ハンドマイクで「PISTOL」を歌っている。Oさんは僕らが居るビルの屋上の端まで行って際の所でしばらく歌っていたが、何を思ったのか、広い車道を挟んだ隣のブロックのビルへジャンプして飛び移ってしまう。しかも、隣のビルはずっと背が低く、Oさんは4階分ぐらいの高さを飛び降りたことになる。Oさんの巨体が空中で弧を描き、眼下のコンクリートの上に餅みたいにベタッと落ちるのを見るが、彼はすぐに立ち上がってまた「お前の頭をねーらーうー」と快活に歌い始める。相馬さんに「大丈夫ですかね、あれじゃ絶対怪我してますよね」と言うと、相馬さんは「いやでも、クスリやってるとああいうことが出来るんですよ。何も気にならなくなるし、身体能力も上がるから」と冷静に言う。/Oさんが飛び降りたビルの内部に居る。建物は巨大な長方形で、東京ドーム10個ぶんぐらいの容量があるらしい。日本の忍者の末裔が秘術を守るため幕末に中国に渡り、今度はよく訓練された中国人たちが大正時代に日本にやってきて、自分たちの住処としたものだという。大部分はコンクリートで出来ているが、ふつう鉄筋にあたる部分が全て竹で組まれているという。部屋は各階に50ぐらいあるが、隠し部屋が全体で6万室もあるという話だ。その緻密な隠し部屋やからくりを収めるために、通常の通路や廊下が微妙におかしな段差があったり、階段の幅が一定でなかったりする。関さんと二人きりで居るが、「ここはうまい酒が呑めるんですよ」などと言っているので、つまらないと思うが、関さんと離れてしまうと外へ出られる自信が全く無く不安なのでどうすることもできない。大正時代の建物なので、当然エレベーターなどは無く、無限に続くかと思われるような入り組んだ暗い廊下や階段をえんえん行き来したりする。20畳ほどもある広い部屋全体が浴室ということになっていて、そこに何となく入っていくと、浴槽や洗い場などはなく、ただのコンクリート打ちっぱなしの床にごみや虫の死骸が散乱していて寒々と不潔な印象を受ける。比較的ごみの少ないあたりを選んで歩いて行くと、奥の壁に、一見魚拓のような絵が飾ってあって、よく見ると魚ではなく、人間の骨に墨を塗って印刷したように思える。絵の裏からコーヒーの匂いがするのでめくってみると、更に畳ぐらいの隠し部屋があって、朝倉さんによく似た女性が事務机に座って、何かの書類の文字を自分の小さい手帳に一心に書き写している。不気味な気配を感じつつもそういう素振りを見せないように、努めて自然な感じで近づき「朝倉さん?」と話しかけると女性は振り向き、「ここ、トイレですよ」と言う。女性は改めて見ると朝倉さんには全く似ておらず、見知らぬOL風の人だった。9:00起床。朝倉さんからメール。手術、カレーの件など。10:00過ぎ、3人のシロアリ業者と不動産屋が来て、シロアリ実況検分。6畳間の畳を4枚ぐらい剥がしてみると、散布した薬の甲斐もなくシロアリが蠢いている。畳の下の板をグラインダーで切って床下を見てもらう。早ければ今月中には作業にかかるらしいが、被害が無いように思える茶の間の方も畳と下の板を張り替えるというのでかなり大掛かりになりそう。11:00過ぎに業者が帰り、ナツ起床。駆除の詳細など話す。11:40ナツ出勤。日記を書く。相馬さんからメール。メタリカ、三鷹、パスコワールの件。11、12日の日記を更新する。myspaceで清成さんに返信。mixiに長谷川さんからメールあり。大場さん、関さん、朝倉さんに返信。15:00過ぎ、自転車で出る。久々に熊谷書店界隈の古本屋を回る。ナツに頼まれた武田百合子「遊覧日記」は見つからず。地下の熊谷にあった青林堂系の漫画がごっそり無くなっていた。北目のJ&B、vol.1、あゆみブックスにも寄る。18:30、141前で藤野さんと合流、SHAFTへ下見に行く。SHAFTは想像していたより演奏スペースに奥行きがあって広く、レイアウトによって結構快適に出来そう。間もなく佐立さん、高橋健太郎さんも来て、当日のセッティング、段取りなど確認し合う。ジンジャーエール拝受。19:40頃SHAFTを出て散会、自転車で戻る。SEIYUで買い物して20:20帰宅。mixiで鰹谷さんに返信。ほうれん草と豆腐の味噌汁作成、サンマ焼く。mixiに鰹谷さんからメールあり。武田さんから久々に電話あり。IGLOO9の事、みのりちゃんの事など、嬉しくて長電話する。その間にナツ一旦帰宅し、小岩家へ行く。ナツが帰宅してから食事。+かき揚げ。小岩さんの物件の話、ニューいろは考案。「つげ全集別巻」読み3:00就寝する。






最終更新日  2006年10月14日 17時01分09秒


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


shibuya koji

コメント新着

shibuya koji@ Billさん 元気そうですね。ドラム叩いてるのは波夫…
namio@ stirling みに来てくれた人がアップしてくれたみた…
choki@ Re:> chokiさん(10/09) shibuya kojiさん >あっ、楽屋で、一瞬…
shibuya koji@ > chokiさん あっ、楽屋で、一瞬お隣に座られてた方で…
choki@ Re:XYXZZXZXZYYXXXYZXYZYYZYXYYYYYXZYZ(10/09) はじめまして。ミクシィからたどってきま…

バックナンバー

2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月

© Rakuten Group, Inc.